関東甲信越支部

関東 関東甲信越支部集合サロン会報告 10/24

令和3年10月24日(日) 関東甲信越支部サロン会報告

関東甲信越支部長 山崎敏憲

コロナ禍でZoomでの開催が続きましたが、面談でのサロン会を大崎の労政会館にて行いました。19ケ月ぶりの開催や山手線工事に拘わらず、ゲストも含め31名が参加されました。

第1部は、タイ国政府観光庁東京事務所 マーケティングマネージャー 藤村喜章様の講演。
演題は「今から行ける微笑みの国!タイ・ロングステイ」
藤村様は、当支部で何度か招聘しており、穏やかな語り口で盛り沢山のタイの有益情報を伝えて頂きました。
「プーケット・サンドボックス」や「サムイ島プラス」の他にバンコックやチェンマイの現状、今後ロングステイ、観光にお勧め地域の情報もお話しされました。
質疑応答では入出国手続きや、イポーから帰国された北村会員からの拘束期間でのご苦労、ビザの今後の展望など熱心な情報交換が行われました。

第2部は、初めての試みとして、当支部は会員が多い為、東京東・西、埼玉、千葉、神奈川の5つのブロックに分け、グループトークとしました。
グループ毎に自己紹介や現況報告、「この指止まれ」やサークル活動の方針を相談。その後ブロック毎の予定等のプレゼンテーションをしました。

第3部懇親会も任意参加に拘わらず、多くの方が出席され、日頃の鬱憤を解消すべく大いに盛り上がりました。

南の会HPを見て参加されたゲスト2名は、会の雰囲気や情報力が気に入っていただき 入会いただきました。
次回 12月26日(日)の第2回面談のサロン会での再会を期して散会としました。

RELATED POST