7月サロン会・懇親会開催のご報告
                           関東甲信越支部



 関東甲信越支部 7月サロン会・懇親会が 7月22日(日) 東京都南部労政会館で開催されましたのでご報告いたします。


  1.期 日 : 7月22日(日) 13時30分~16時45分
  2.場 所 : 東京南部労政会館
(大崎駅近く)
  3.出席者数  サロン会 : 35名
           懇 親 会 : 31名


  4.テーマ&内容

◆サロン会の冒頭に肥後支部長のご挨拶と今後のサロン会の主なテーマや忘年会も実施予定等々のお話の後、サロン会はスタートしました。


  【1】 『人生100年時代の生き方』
       JCHO東京新宿メディカルセンター 内科部長  溝尾 郎 先生

 本日の講話はJCHO東京新宿メディカルセンター 院長補佐 地域連携・総合相談センター統括責任者 内科部長 溝尾 朗様に「人生 100年時代の生き方」と題して多岐にわたる観点から有益な沢山のお話を伺いました。
 今の日本人の平均寿命は男:81歳、女:87歳とのお話から講話が始まり、既に我々も人生100年時代を生きつつあるとのお話しでした。そして、今10歳の子供達の平均寿命予測は107歳になるとのお話が続き、一同驚きを隠せませんでした。
 誰もが「人生100年を生きがいを持って全うする」ためには、人生戦略が重要として以下の3点を上手に管理しましょうと強調されました。 ①資金スキル ②健康である事 ③豊かな人間関係を持つ事

 次に、リタイア後の第2の人生設計に必要な要素として、①家族や友人と過ごす時間を多く取る ②教育(学びなおす) ③スキルアップに挑戦する大切さをお話しされました。

 健康長寿を阻む要因としては、①脳卒中を予防する(高血圧、糖尿病の予防と治療) ②認知症の予防(運動中に算数計算する、毎日勉強する、難聴を感じたらすぐに補聴器を使用する、禁煙する)

 また、健康長寿には
 ・日本食と地中海食がお勧め(魚、オリーブオイル、緑茶、大豆、緑黄野菜の摂取)
 ・65歳を過ぎたら肉等のたんぱく質を多く摂取する
 ・かかりつけ医師とかかりつけ歯科医を持つ(口腔ケアが大切)
 ・筋力をつけて転倒(骨折―寝たきりによる急速な筋力低下)予防
 ・ボランティアの会、趣味の会に参加し、社会との繋がりを持ち続け、ボケ防止が大切とのお話でした。

 海外旅行中の注意としては、特に「脳梗塞や心筋梗塞」が疑われた場合、躊躇なく救急車を呼ぶ(発症から3時間以内に入院すれば生存率が高まり、かつ、後遺症の影響が軽い)
 海外の病院で手術を奨められた場合、緊急の場合以外は日本に帰国してから「セカンドオピニオン」を受けるよう推奨しますとの事でした(過剰診療の横行)。
 尚、今年は梅雨明けが早く、厳しい暑さが続いています。熱中症に注意してエアコンを使い、水分とミネラル(スイカ+塩等)を補給して夏を乗り切ろう。脇の下が渇いたり、舌の渇きをおぼえたら、それは熱中症の兆候ですとのお話でした。

 最後に、先生から海外渡航の際は「旅レジ」への登録と「医療保険加入」が必要とのお話を頂き、楽しくウイットに富んだ講話が終了しました。


  【2】 情報交換 『フリートーキング』

瀬尾先生のグループ、快適な夏の過ごし方グループ、これからの海外旅行グループの3グループに分かれ、活発に意見交換が行われました。


   【3】 懇親会
     場所:[ロオジ] ゲートシティー大崎ウエストタワー地下1F
     懇親会には溝尾先生にもご参加頂き、会員31名と共に話に熱中し、
     8月には納涼クルーズをとの話で盛り上がり、あっという間の2時間半が
     過ぎました。
     また、更に時間延長される方も多く見かけました。

                       司会・報告 : №1733 明間崇文

『人生100年時代の生き方』 の講話は 溝尾郎先生 
 真剣に講話を聞く会員  3グループに分けて グループトーキング


    **************** 次 回 サ ロ ン 会 の お 知 ら せ ***************

           日時 :9月30日( 13時30分~

           場所 : 南部労政会館
 (JR大崎駅徒歩3分)
              ※ テーマは追って案内いたします

    *************************************************************
                                                       以 上

【次頁へ】  【関東甲信越支部トップへ