夜にシャワーがあるダバオらしい気候です。日中は晴れて穏やかな風が流れています。

市内はクリスマスムード一色です。モールではミッドナイトセールが各店競ったように催されています。

高級レストランは昼、夜、予約席で飛び込みでは満席で断られることもあります。先日、マルコポーロホテルに食事に行きましたら、1テーブルを覗いて予約席でした。辛うじて食事ができました。

これは海外に出稼ぎに行っている人が、クリスマスで帰国し一族と食事のためです。誰が帰国者でスポンサーなのか服装の色やコーディネートで大体わかります。日本人のように割り勘という習慣はありません。

有る人が出します。このような光景は24日まで続くでしょう。街は山から下りてきた物乞いが至る所にいます。クリスマスソングを歌ったり、演奏して各家庭を廻るキャロリングも始まりました。

(天皇誕生日パーティー)

在日本大使館主催の天皇誕生日祝賀パーティーはフィリピンでは、マニラ、セブ、ダバオの3か所で催われます。1日にダバオ ラナンのSMコンベンションホールにて催されました。

マニラから石川大使やダバオ駐在の各国領事、市長始め各界200名位集まりました。そこにわざわざ、ドゥテルテ大統領もこられ、ユーモアたっぷりに会場を沸かせ、30分にわたり祝辞を述べました。大統領の音頭により冷酒で乾杯。和やかな一夜でした。

(ビーチピクニック)

2日は滞在中の東海支部、関東甲信越支部、関西支部、北海道支部の会員とタリクド島イスラレッタビーチへ行きました。サンターナ埠頭から9時発の定期船です。

1時間の船旅で料金はP80-(約170円) 島の市場でカツオなど魚を買いビーチの食堂で焼いてもらいガーリックライスを注文してランチです。コバルトブルーの海でひと泳ぎ、サンミゲル ピルセンも進みます。

のんびり、ゆったりとした一日でした。

5日(月)はダバオ支部忘年サロン会です。


                                         (12月3日)