最近のダバオ


未だ大きな揺れが続く、九州熊本、大分の皆様にお見舞い申し上げます。早く復旧し日常の生活が戻り

南国LSが再開できることを祈っております。

ダバオは4,5月が夏です。学校も6月の始めまで夏休み新学期、入学式は6月になります。

雨も無く日中は暑いですが、日陰は相変わらずいい風が吹いています。然し、空はうろこ雲が浮かび夏の終わりを感じます。 最近は明日の総選挙のせいでしょうか、停電、断水は無くなりました。

(日本食レストラン)

市内には高級な店から気軽に行ける店まで、11店の和食レストランがあります。刺身が美味しい店、寿司、とんかつ、牛丼,カレー、アジフライ、等などそれぞれの店には名物があり、お客様もほどほどに入っているようです。

食べ歩きプチ探検も楽しみです。加えて周辺にはベトナム料理、トルコ料理などの店もあります。

最近、新たにSMシティー(エコランド)の近くにMANZOKUという和食レストランができました。

私はまだ行っていませんが、結構繁盛しているそうです。

トリルにはスポーツバーという和食レストランができました。先日言ってきました。

明るくきれいな店内です。ウエイトレスはメイドカフェを真似たメイドの衣装です。

「ご主人様お帰りなさいませ」とは言いませんでしたが、美人を売りにしているようです。

3人で行、カツカレー、とんかつ定食、ラーメンを注文しました。味はまあまあですが。

市内の和食レストランに比べて少し高いようです。メイド代でしょうか?

(大統領選挙)

明日、9日は総選挙で大統領選挙も行われます。ダバオ市長のドゥテルテ氏も

立候補しており、マスコミや調査機関の事前調査でトップを独走しています。

彼がダバオ市長になる以前はダバオは無法地帯だったそうで、5年で世界有数の

安全な都市にしました。前判事ですから法律は熟知していますが、民主的な方法では

時間がかかる事から、秘密私警団を作り、麻薬使用者、ヤクザは即銃殺で

その数は1000名と本人も言っています。大統領になったら10万人は殺さないと

マニラは安全な都市にはならない。マニラ湾の魚は肥えるだろうと豪語しています。

マニラを訪問すると全員必ず不愉快な思いをするでしょう。マニラ市民、国民は

治安回復を望んでいるからフィリピンの地方都市のドゥテルテ市長がトップの人気

なんでしょうね。現金が飛び交っている選挙です最後までどうなるかわかりません。

当選したら軍がクーデターを起こすとか、暗殺されるとか、彼にはチャイナマネーが

ついているので、南沙諸島は支那にとられるなど嘘とも言えない噂が飛び交っています。


                                    (2016年5月8日)