1.5月の酷暑に備えよ
2.爆破専門家ドンゴンとノブレザ警視を反テロ法違反で送検の証拠固め
3.昨日2日火曜今年の最高気温34.5度
4.6月までにアブサヤフ掃討に楽観的~国軍報道官
5.ボホールのアブサヤフ1人投降
6.ボホールで投降したアブサヤフが逃亡を図り射殺される
7.アブサヤフ23人が投降~バシラン州スールー州
8.タリサイ市沖で貨物船沈没
9.禁漁命令は出ていないがガソリンのような匂いが拡がる
10.タリサイ沖の漁業は安全、沈没船からは燃料を抜き取る必要
11.ノブレザ警視の携帯にテロリストのビデオ等
12.ボホール島の残り2人のアブサヤフ・メンバーは未だ逃亡中
13.南セブ渡航自粛勧告~英国が自国民に
14.ボホールの2人のアブサヤフ非常線から逃れる
15.今週暑さが戻る
16.ボホールの生き残り2人のアブサヤフ銃殺される
17.軽量軌道交通は長期的に見てペイしない~セブ市長
18.東ネグロス州ギフルガン市に武装グループ上陸
19.22日月曜ジプニー組合のピストンがスト
20.セブ・モノレール交通システムのフィージビリテイ・スタデイ
21.アブサヤフの戦闘意思は挫かれた
22.2件の火災で1745人焼け出される
23.ラマダン月のテロについて注意喚起、交通ストによる混乱は無し
24.ミンダナオ地方全域に戒厳令
25.治安部隊7人マウテ・グループ13人死亡~マラウィ市
26.マウテ・グループ31人治安部隊13人死亡~マラウィ市
27.マラウィ市の武装グループに外国人=イスラム国構成員
28.カトリックが人質解放の呼びかけ~マラウィ市
29.民間人19人を含め95人死亡~マラウィ市
30.マラウィ市のほとんどは軍の管理下にある
31.雨季入り宣言~昨日30日火曜

5月のセブ

1.5月の酷暑に備えよ

”5月の酷暑に備えよ”という同じ見出しが本日5月1日月曜の2紙にあった(cebudailynewsは”Brace for hotter days in May”。The Freemanが”PAGASA warns: Brace for hotter days in May”。SunStar Cebuは気温等に関する記事なし)。

マクタン気象台は、気象学データによると5月が一年で一番暑い月、という(Alfredo Quiblat, chief of Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa) Mactan, said May is the hottest month based on their climatological data)。

観測史上の最高気温は2010年5月31日午後2時13分の37度で、これはエルニーニョ現象が誘引となっている(“The hottest recorded in Cebu was at 2:13 p.m. on May 31, 2010 with 37 degrees Celsius。That was also triggered because of the presence of El Niño,” Quiblat told Cebu Daily News)。

昨年やはりエルニーニョ現象が発生していたが、昨年の最高気温は35度で5月に観測された(Last year, the Philippines also experienced El Niño and the hottest temperature recorded in May 2016 was 35 degrees Celsius)。

今年エルニーニョ現象はみられないが5月には35度の日があると予想しているという(Quiblat said although there is no El Niño experienced this year, their forecast temperature for May is as high as 35 degrees Celsius)。

温度に湿度を加味した体感温度であるヒート・インデックスは40度以上にさえなるとのこと(Heat index, which is the combination of air temperature and humidity or the actual temperature felt by the body, will even be higher at more than 40 degrees Celsius)。

今までのところ今年の最高気温は4月29日土曜の33.1度でヒート・インデックスは39度(So far, the highest temperature this year recorded by the weather bureau was on April 29, Saturday which was 33.1 degrees Celsius, with a heat index of 39 degrees Celsius)。

4月の平均最高気温は32.1度である(the average of 32.1 degrees Celsius in April)。

午前9時から午後3時まではできるだけ室内で過ごし熱中症を防ぐため水分を多く摂るようにとのこと(Quiblat advised the public to stay indoors as much as possible from 9 a.m. to 3 p.m. when the sun is at its peak, and drink more water to avoid heat strokes)。

代謝熱を高めるため少しの食事を回数多く摂りタンパク質を多く含む食品を摂るようにともいう(People are also asked to eat small meals and to eat foods high in protein which can increase metabolic heat)。

また、眼病や結膜炎の原因となる眩しさ、バクレリア、ウイルスから目を守るためサングラスをかけたほうが良いとのこと(The public is also advised to wear sunglasses to protect the eyes from glare and bacteria and viruses which could cause sore eyes or conjunctivitis)。 

(5月1日)

2.爆破専門家ドンゴンとノブレザ警視を反テロ法違反で送検の証拠固め

 セントラル・ビサヤ犯罪捜査摘発グループは、 マリア・クリスチナ・ノブレザ警視と彼女のパートナーの アブサヤフ爆弾専門家レニエロ・ドンゴンの犯罪立証作業を進めている(THE Criminal Investigation and Detection Group in Central Visayas (CIDG-7) is now building a strong case against Supt. Maria Cristina Nobleza and her partner Renierlo Dongon, a bomb expert of the Abu Sayyaf Group (ASG))。

ドンゴンのテロ行為とこれに対するノブレザの共謀幇助を統合して送検する(“We are consolidating for the case to be filed against Dongon and establishing the connection of Nobleza (to the) terroristic activities (of Dongon),” said Supt. Royina Garma, CIDG-7 director, yesterday)。

2人は生き残りのアブサヤフ・メンバーを救助しようとし、またボホール州で爆破事件を企てたとして反テロ法違反の容疑で取り調べを受けている(Garma said that the two, who were accused of attempting to rescue the surviving ASG members and suspected of plotting bombings in Bohol, would face charges for violating the Anti-terrorism Act)。

ドンゴンがテロを企てていたということを完全に立証するべく証拠類が徹底的に吟味されている(The evidence that the police have seized from the suspects will be thoroughly studied to build an airtight case that Dongon was going to engage in a terroristic act, added Garma)。

ノブレザの場合、公務執行妨害と犯人隠避罪も問われている(In the case of Nobleza, there are already obstruction of justice and harboring a criminal charges against her)。

ドンゴンは、指名手配から逃れるため偽名を使っていた著名なテロリストである(Dongon is a known terrorist to the point he changed his identity to escape his pending warrant of arrest)。

一方、ドンゴンの母のジュディス・ドンゴンは先週(証拠不十分で)釈放された(Meanwhile, the police released Judith Dongon, the mother of Dongon, last week)。

(注)ジュディス・ドンゴン~ドンゴンとノブレザ警視が逮捕された時、同じ車に同乗していた。彼女は爆破専門家ドンゴンの母であり、逃亡中の17歳のアブサヤフ・メンバーの祖母(she is the mother of Dongon and the grandmother of the 17-year-old Abu Sayyaf member whom Dongon was supposed to rescue)。

なお、逃亡中のアブサヤフ・メンバー3人はまだ見つかっていない(Three others remain at large: Alyas Asis, Kaifar Sawadjaan also known as Um Ammra, and alyas Ubayda)。

(5月2日)

3.昨日2日火曜今年の最高気温34.5度

 セブで昨日2日火曜午後今年の最高気温を記録した(THE highest temperature in Cebu so far this year was recorded early yesterday afternoon)。

昨日午後1時41分最高気温34.5度、温度に湿度を加味した体感温度であるヒート・インデックス40度だったという(The Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa) recorded a scorching temperature of 34.5 degrees Celsius at 1:41 p.m. yesterday。It also recorded a heat index of 40 degrees Celsius。Heat index is what temperature feels to the human body when humidity is combined with air temperature)。

マクタン気象台は、過去30年の傾向から見ると今後もっと気温が上がる見込みという(Engr. Alfredo Quiblat, acting Pagasa Cebu director, said the public can expect the weather to be warmer in the next few days as Cebu has yet to reach its highest temperature for last three decades)。

5月の観測史上の最高気温は37度とのこと(The hottest temperature in Cebu for this month is 37 degrees Celsius)。

(参考)5月の最高気温

観測史上の最高気温は2010年5月31日午後2時13分の37度で、これはエルニーニョ現象が誘引となっている(“The hottest recorded in Cebu was at 2:13 p.m.on May 31, 2010 with 37 degrees Celsius。That was also triggered because of the presence of El Niño,” Quiblat told Cebu Daily News)。

昨年2016年やはりエルニーニョ現象が発生していたが、昨年の最高気温は35度で5月に観測された(Last year, the Philippines also experienced El Niño and the hottest temperature recorded in May 2016 was 35 degrees Celsius)。

今年エルニーニョ現象はみられないが今月5月には35度の日があると予想しているという(Quiblat said although there is no El Niño experienced this year, their forecast temperature for May is as high as 35 degrees Celsius)。

(5月3日)

4.6月までにアブサヤフ掃討に楽観的~国軍報道官
 
国軍は6月までにアブサヤフを掃討するという目標達成について楽観的見解を示している(The Armed Forces of the Philippines (AFP) still optimistic on achieving its goal to defeat the Abu Sayyaf by June)。

(注)6月までにアブサヤフを掃討するという目標~今年1月 デルフィン・ロレンザーナ国防大臣が6ヶ月~1年以内にアブサヤフとマウテ・テロリストを殲滅すると発言している( The military will crush the Abu Sayyaf and Maute terrorist groups in six months to one year to put an end to kidnappings and bomb attacks in the South once and for all, Defense Secretary Delfin Lorenzana said on Monday( Philippine Daily Inquirer / 01:46 AM January 10, 2017))。

関係者の強力な援護を受けながらの軍の作戦行動により重要な節目節目を達成してきている、と国軍の報道官は言う(“We have achieved important milestones through deliberate military action backed by intense stakeholder engagements,” Brig. Gen. Restituto Padilla, AFP spokesman said)。

国軍がやらなければならないのは、無法者どもを殲滅するという計画をやりとおすということだけである、と付け加えている(“All the AFP needs to do is see through the completion of its plans against these bandits,” he added)。

大物テロリスト・リーダーや他の無法者達の死亡の他、投降者や投降希望者の増加とともに没収した武器や簡易爆弾の数は、アブサヤフ全般に士気喪失があり、この組織の消滅が間近であることをを示している(“Besides the neutralization of key terrorist leaders and other lawless elements, the number of firearms and improvised explosive device (IED) recovered as well as the increasing number of surrendered and those sending word of wanting to do so is a significant indicator that demoralization has seeped into the enemies ranks and it won't be long before we see their demise,” Padilla said)。

先月4月に2人のアブサヤフのサブリーダーが死亡しているのを思い起こすべきである(It can be recalled two Abu Sayyaf sub-leaders were neutralized during military operations last month)。

4月28日スールー州のパラングの交戦でアルハブシ・ミサヤが死亡し、4月11日ボホール州の交戦でムアマル・アスカリ別名アブ・ラミが死亡している(These are Alhabsy Misaya who was killed during the encounter in Parang, Sulu last April 28 and Muamar Askali alyas Abu Rami, who was killed in an encounter with military forces in Bohol last April 11)。

4月27日もう1人のサブリーダーのウドン・ハシムが2人の部下とともに投降した(Last April 27 another Abu Sayyaf sub-leader, identified as Udon Hashim, surrendered to government troops with two of his followers)。

また、アブサヤフの悪名高いリーダーのラドゥラン・サヒロンが投降を検討しているとの情報が以前あった(It was previously reported Radullan Sahiron, one of the notorious Abu Sayyaf leaders was planning to surrender to the government forces)。

(5月4日)

5.ボホールのアブサヤフ1人投降

 昨日4日木曜早朝空腹と疲労困憊のアブサヤフ・メンバーのサード・サマッド・キラム(36歳)はボホール島トビゴン町の山のバランガイ・タンアワンの一軒の民家をノックした(HUNGRY and tired, suspected Abu Sayyaf member Saad Samad Kiram, 36, knocked on a house in the mountain barangay of Tan-awan, Tubigon, Bohol yesterday)。

キラムが穏やかに食物と衣類を求めたので民家の主は彼に食物を与えた(The owner (name withheld for security purposes) fed him after Kiram peacefully asked for food and clothes)。

また民家の主はキラムの存在を(バランガイ・キャプテン経由で)当局に通報した(The owner also alerted authorities about his presence)。

午前7時頃キラムの逮捕に歩兵連隊の軍人が来た時、キラムは弾が込められた銃を持っていたにもかかわらず一切動こうとしなかった(Even though he was armed with a loaded gun, Kiram made no move when soldiers from the 4th Infantry Battalion arrived to arrest him around 7 a.m. )。

当局は、他人へのなりすましの可能性もあるとして逮捕されたのがサード・サマッド・キラム本人なのか確認中(Natividad said that they are validating Kiram's identity so that cases filed against him will prosper。"He can lie about his identity so we have to check if he is really Saad so that the case won't go to waste. What if it's not really his real name?," Natividad said)。

彼のバッグには、45口径拳銃、2冊の雑誌、弾丸12発、手投げ弾、携帯電話の電池6個、SIMカード2枚、珈琲、ライター、財布、その他が入っていたという(Found inside Kiram's bag were a .45 pistol with two magazines with 12 live bullets, a hand grenade, six cellphone batteries, two SIM cards, coffee, a lighter and a wallet, among others)。

サード・サマッド・キラムの逮捕で、逃亡しているアブサヤフは2人になった(With Saad’s arrest, only two suspected terrorists remain at large)。

キラムは、イナバンガ町における交戦で左肩を負傷しており、この治療を受けた(Kiram received treatment for the infected bullet wound in his left shoulder, which he sustained during the Inabanga clash)。

当局へ通報した民家の主は、大統領から百万ペソ(0.4415換算で227万円)、民間寄贈者から10万ペソ(23万円)の賞金を受ける(Natividad said the resident who reported on the ASG member will receive the bounty of P1.1 million ー P1 million from President Rodrigo Duterte and another P100,000 from a private donor)。

(5月5日)

6.ボホールで投降したアブサヤフが逃亡を図り射殺される

 ボホール島トビゴン町の山のバランガイ・タンアワンにおいて4日木曜朝逮捕されたアブサヤフ・メンバーは、5日金曜早朝逃亡を図り警察に射殺された(The suspected Abu Sayyaf member who was arrested Thursday morning in Tan-awan, Tubigon, Bohol, was killed by the police following his alleged escape early Friday morning, May 5)。

アブサヤフ・メンバーのサード・サマッド・キラム(36歳)は、タグビララン市のボホール警察本部からボホール地区刑務所へ護送される途中5日金曜午前2時過ぎに逃亡した(Central Visayas police said Saad Samad Kiram, 36, was escaped during his transfer from Bohol Provincial Police Office (BPPO) to the Bohol District Jail (BDJ) in Tagbilaran City past 2 a.m. Friday)。

キラムは、ボホール地区刑務所への護送途中腹痛を訴え、手錠を一時的にはずし道路脇で用をたさせてほしいと頼んだ(Suspected Abu Sayyaf member arrested in Bohol Police said that enroute to BDJ, Kiram complained of stomach pain and asked his security escorts that his handcuffs be taken off temporarily so he can defecate alongside the road)。

キラムは逃げたが2時間後コルテス町のバランガイ・ローデスで捕まった(Kiram was able to run away; but after two hours of pursuit operation, he was caught in Barangay Lourdes, Cortes town)。

キラムは1人の警官の拳銃を奪おうとして射殺されたとのこと(Kiram was shot dead by the police when he tried to grab the service firearm of one of his security escorts, the police said)。

3発銃撃されたが致命傷は額の中央部(Saad was shot thrice ? the fatal wound was in the middle of the forehead)。

キラムの遺体は(解剖の後)24時間以内に埋葬するというイスラムの伝統に従い昨日5日金曜午後2時30分タグビララン市の墓地脇の民有地に埋葬された(In keeping with Muslim tradition to bury their dead within 24 hours, Kiram was buried on Friday at 2:30 p.m. in a private lot beside the TipTip Cemetery in Tagbilaran City)。

なお、もう2人のアブサヤフ・メンバーはボホール州内で依然逃亡中(BPPO Director Felipe Natividad said two Abu Sayyaf Group members are still at large in the province)。

(参考)射殺されたサード・サマッド・キラムの供述内容

キラムは、4月10日にイナバンガ町へ到着した3艇の2エンジン高速ボートの内の1艇のボートマンだった(Kiram was one of the boatmen of the three kumpit (fast twin-engine boat) that entered Inabanga town on April 10)。

キラムは、アブラミに1万ペソ(0.443換算で22573円)でボホールへ連れて行けと依頼された(According to sources privy to Kiram’s investigation, Kiram was commissioned by Abu Rami to take them to Bohol and was paid P10,000)。

彼のボートはメンバーを乗せ、2艇目は簡易手製爆弾と銃器を積み、3艇目は食料及び戦闘必需品、日用品を積んだ(He carried persons in his kumpit while the second kumpit carried improvised explosive device (IED) and weapons, and the third was loaded with provisions and logistics)。

キラムはボホールや他のメンバーを知らないし、家族とスールー州に留まっていたかった(Kiram reportedly said he regretted going to Bohol, a place unfamiliar to him and other members; and would have wanted to stay in Sulu with his family)。

しかしアブラミは、誘拐を実行しスールー州の外に基地を設置するのは使命であると強く主張した(But Abu Rami insisted they should go to Bohol for a mission ? to kidnap and establish a base outside Sulu, Kiram was quoted as saying)。

アブサヤフ爆弾専門家レニエロ・ドンゴン は救出の打ち合わせにキラムに連絡をとってきたという(Kiram also admitted that ASG bomb expert Renierlo Dongon had contacted him about the planned rescue operation)。

しかしドンゴンとワイフのマリア・クリスチナ・ノブレザ警視は、4月22日検問所の停車命令を無視して逮捕されてしまった(But Dongon and his wife, Supt. Maria Christina Nobleza, were arrested on April 22 when they failed to stop at a checkpoint manned by the Army)。

11日のイナバンガ町の交戦の後彼等は(ボホール島イナバンガ町バランガイ・ナポ出身者)メロリアの案内で救助者(アブサヤフ爆弾専門家レニエロ・ドンゴンとノブレザ警視等)を待つためクラリン町へ行ったのだという(Kiram also revealed that after they fled from the government siege in Inabanga town on April 11, they were led by Melloria to Clarin where they were supposed to wait for their rescuers)。

(5月6日)

7.アブサヤフ23人が投降~バシラン州スールー州
1週間でバシラン州とスールー州で23人のアブサヤフ・メンバーが投降した、と一昨日5日金曜西ミンダナオ方面軍のガルベス司令官が語った(Twenty-three members of the Abu Sayyaf group in the Philippines provinces of Basilan and Sulu surrendered within one week said Lt. Gen. Carlito Galvez Jr on Friday)。

バシラン州で19人、スールー州で4人が投降したとのこと(Lt. Gen. Galvez, commander of the Western Mindanao Command (Westmincom) announced that 19 Abu Sayyaf bandits surrendered in Basilan while the remaining four surrendered in Sulu)。

(注)西ミンダナオ方面軍Western Mindanao Command (Westmincom)~フィリピンの7方面軍の1つで、 ミンダナオ地方西部を管轄。

ガルベス司令官は、トップクラスのリーダー達でさえ投降の打診をしてきているから間もなく更に多くのアブサヤフからの投降者が現れるだろう、アブサヤフが最後の一人になるまで我々は攻撃を続ける、と語っている(Galvez told reporters:We expect to receive more Abu Sayyaf members who will surrender in the coming days, as even top leaders of the group are already sending feelers for their possible surrender. … We will continue to pound on the remaining Abu Sayyaf members until we get the last of them …)。

4日木曜バシラン州スミシップ町歩兵第64連隊に2人のサブリーダーが13人の部下と共に投降してきた(Col. Juvymax Uy, commander of the Joint Task Force Basilan, said the two sub-leaders namely Nur Hassan Lahaman alias Hassan and Mudz-Ar Angkun alias Mapad Ladjaman surrendered along with 13 followers to the 64th Infantry Battalion in Barangay Tumahubong, Sumisip, Basilan)。

彼等は9丁の強力銃器を差し出している(They turned over nine high-powered firearms)。

同じく4日木曜バシラン州ハッジ・ムハマド・アジュール町が本拠の4人(53,32,31,20歳)のアブサヤフ・メンバーが投降してきた(Another four ASG members, who are based in Hadji Mohammad Ajul town, also surrendered on Thursday, he said)。

これより1週間近く前にはスールー州で4人のアブサヤフ・メンバーが投降している( In Sulu, four Abu Sayyaf (a.k.a Abu Sayyef or ASG) members also surrendered last week to the government authorities)。

このスールー州の4人のアブサヤフ・メンバーは最も悪名高く捕まえるのが難しい者達であった、しかし最近の成果はこの地域の状況が真に変化してきていることを示している、とガルベス司令官は言う(“The Abu Sayyaf members from Sulu are among the most notorious and among the most difficult to go after.However, this recent accomplishment only proves that the landscape in the area is indeed changing,” Galvez said)。

今年1月から少なくとも40人のアブサヤフ・メンバーが投降してきている(At least 40 Abu Sayyaf members have already surrendered to the government since January this year)。

そしてほとんどの者が強力銃器と弾丸を差し出している(Most of them have yielded high-powered firearms and ammunition)。

(5月7日)

8.タリサイ市沖で貨物船沈没

 昨日7日日曜早朝に鉄片、金属片を積んだ貨物船がタリサイ市バランガイCansojong沖2.2キロで沈没した(A cargo vessel loaded with iron and metal billets sank in the waters about 2.2 kilometers from the shoreline of Barangay Cansojong, Talisay City, early on Sunday)。

乗組員22人は全員救助されたが、沈没現場の海面に25メートルにわたりオイルが浮いている(All 22 crew members of the vessel were rescued。but the cargo ship left a 25-meter oil sheen on the surface where it sank)。

沈没した貨物船には約4千リットルのバンカー燃料とディーゼル燃料の特別混合燃料が残っているとのこと(the sunken vessel still contained nearly 4,000 liters of special fuel, or a mix of bunker and diesel fuel)。

貨物船は海面からわずか27メートルのところに沈んでいるため、航行する船舶にとって危険である、と沿岸警備隊のセブ管区警備本部長は言う(At the same time, the cargo ship sank only about 90 feet from the surface and thus posed danger to other passing vessels, according to Dionlett Ampil, commander of Cebu Station for Philippine Coast Guard (PCG))。

貨物船Fortuner( gross tonnage of 1,474.32、船会社はセブ基地のSeen Sam Shipping Inc.)は昨日午前6時30分に沈没し、沿岸警備隊は沈没原因を調査している(Ampil said they were still investigating why the vessel MV Fortuner, owned by the Cebu-based Seen Sam Shipping Inc., sank at 6:30 a.m. yesterday)。

沈没2時間前の午前4時30分貨物船Fortunerの船体の中央部に亀裂が入ったのだという(MV Fortuner, which had a gross tonnage of 1,474.32, suffered a crack along the midsection of its hull at about 4:30 a.m., according to an initial incident report released by PCG Cebu yesterday)。

タリサイ市長は、沈没現場はバランガイCansojong, San Roque and Tangkeの零細漁師の絶好の漁場なので状況を調査させる、としている(Talisay City Mayor Eduardo Gullas, reached by phone last night, said he would have the matter looked into since the sunken site is a rich fishing ground for small fishers from the villages of Cansojong, San Roque and Tangke)。

現場を特定するため昨日現場にダイバーを送り込んだ(Ampil said the shipping company has been coordinating with the PCG and has sent divers yesterday at the sunken site。“The purpose of the divers is for them to identify the position of the sunken vessel,” Ampil told Cebu Daily News)。

現場はセブ港に出入りする船舶が頻繁に航行するマクタン海峡に位置しているため、沿岸警備隊は沈没現場の航行を避けるようにとの”航路情報”を出した(PCG also issued “Notice to Mariners” to warn incoming vessels to avoid the area to prevent a sea mishap since the sunken site is part of the Mactan Channel, a busy passage area for ships coming in and out of Cebu)。
沿岸警備隊は、他船舶の航行に危険が及ぶので沈没船をすぐに引き上げるよう沈没船舶の船会社に勧告するとしている(Ampil said he would suggest to the shipping company to immediately salvage the ship since it could pose danger to other vessels passing through the area)。

また、沈没船から燃料を吸い上げるよう勧告するともしている(Ampil said he would suggest to the company to siphon the oil out of the sunken ship to prevent an oil spill)。

沿岸警備隊は、昨日朝燃料漏れがあるとの通報を受けオイルフェンスを設置した(Ampil said the PCG placed oil spill boom yesterday morning after they received an information from personnel of a passing vessel, MV Paros Sess, that an oil sheen was sighted in the area)。

(5月8日)

9. 禁漁命令は出ていないがガソリンのような匂いが拡がる

 7日日曜早朝に沈没した貨物船Fortunerから漏れ出ている燃料は、沈没現場以外にも拡がってきている、とタリサイ市の役人が言っている(the site where the cargo vessel MV Fortuner sank shows the oil sheen that one city official said had spread beyond the area)。

今のところ禁漁命令は出ていないが、すでにガソリンのような匂いが拡がっているとも言う(So far there was no order for the fisherfolk to stop fishing in the area。but it already smells of gasoline)。

漁師たちは4年前の沈没事故とそれに続く燃料漏れを思い起こし、あの油漏れの再来は御免だと言っている(they don’t want to experience another oil spill similar to what happened nearly four years ago)。

2013年8月マクタン海峡タリサイ市沖のルイ岩棚近くでフェリーのトマス・アキナス号と貨物船サルピシオ 号が衝突し、油漏れが発生した(トマス・アキナスが沈没、 116 名の死者と 21 名の行方不明者をだした)(That oil spill resulted from a collision between MV St. Thomas Aquinas of 2Go Shipping Lines and Sulpicio Express Siete of Philippine Span Asia Carrier Corp. (PSACC) at Lauis Ledge in Talisay City along Mactan Channel)。

トマス・アキナスは12万リットルの燃料を、貨物船サルピシオは4万リットルの燃料を積んでいた( MV St. Thomas Aquinas carried 120,000 liters of bunker fuel, 40,000 liters of diesel and lubricants)。

(注)今回沈没した貨物船には約4千リットルの燃料が積まれている(MV Fortuner was loaded with iron and metal billets as well as 4,000 liters of special oil, a combination of bunker and diesel, when it sank last Sunday)。

この2013年の衝突事故による油漏れは、ラプラプ市、タリサイ市およびコルドバ町のマングローブ地域に多大な損害を与えた(The 2013 collision resulted to an oil spill affecting Lapu-Lapu City, Talisay City and the mangrove areas of Cordova town)。

この時油漏れの影響のあった地域における漁業が禁止されたので、漁師たちは生きるため1日500ペソ(0.441換算で1134円)の”雇用 創出・現金報酬(Cash for work)プログラム”を利用せざるを得なくなった(fishermen had to avail of a cash-for-work program that paid P500 a day in order to survive since they were barred from fishing in the affected areas)。

(注)雇用 創出・現金報酬(Cash for work)プログラム~ 生計手段を失った漁師を雇用し何らかの仕事を与え現金報酬を支払う。

また、今回の油漏れがタリサイ市の海洋保護区に悪影響を及ぼすのではないかと懸念されている(Talisay City Councilor Antonio Bacaltos Jr. is also worried that the oil coming out of the sunken cargo vessel might affect the city’s largest marine sanctuary)。

ラグンデイ岩礁はバランガイ・ポブラシオンから1.5キロにあるサンゴ礁で、2005年に海洋保護区として布告された(Lagundi Reef is a 2.4-hectare coral reef located 1.5 kilometers from Barangay Poblacion which was declared a marine sanctuary in 2005)。

沈没船から燃料を吸い上げる方法を検討するため昨日8日月曜もダイバーを現場に派遣して潜水させている(another set of divers were sent yesterday to assess the positioning of the vessel so they would know how to siphon the special oil)。

(5月9日)

10.タリサイ沖の漁業は安全、沈没船からは燃料を抜き取る必要

 セントラル・ビサヤ漁業海洋資源局は、貨物船Fortunerの沈没海域の漁業は安全であるとの宣言を出しているが、タリサイ市当局は海洋生物への害を防ぐため沈没船から燃料を抜き取ることを求めている(While the Bureau of Fisheries and Aquatic Resources (BFAR-7) has declared the sunken site of MV Fortuner still safe for fishermen to ply their trade, an official of the Talisay City government wants the remaining oil to be siphoned to prevent damage to marine life)。

漁業海洋資源局は、沈没船からの油漏れは食い止められているとして次のように述べている(BFAR Regional Director Allan Poquita said the oil from the ill-fated MV Fortuner was contained)。

漁師たちには漁をしても安全と言いたい、消費者には魚介類を食べても問題ないと言いたい(My message to the public specially to our fishermen is that it’s still safe to fish. And to the consuming public, there is no problem)。

本日10日水曜タリサイ市災害リスク軽減管理委員会の委員長は沈没船のオーナーに会い沈没船からの燃料の抜き取りの約束を取り付けたいとしている(Today, Alvin Santillana, head of the City Disaster Risk Reduction and Management Council (CDRRMC) will meet Benson Go, owner of the sunken MV Fortuner, to get a commitment from him to siphon the oil inside the vessel)。

まだ燃料漏れは無いが、船会社は燃料を抜き取る責任がある、環境への害を防ぐため船会社にプレッシャーをかけなければならない、と委員長は言う(“Bisan wala pa (oil spill), they are still liable to siphon the oil. We have to put pressure on them to prevent environmental damage,” Santillana added)。

(注)bisan[bí.san.] ~although (adv.); despite (adv.); even (adv.); though (adv.); yet (adv.); nor (n.)

沿岸警備隊の海洋環境保護班は、燃料流出は即座に阻止され、燃料供給タンクは密閉されたと語っている(Ryan Cuna, Marine Environment Protection Unit (MEPU) of the Philippine Coast Guard (PCG) head, told CDN that the oil was immediately contained and the vessel’s service tank was also sealed)。

しかし、燃料流出が阻止されたとしても残りの燃料の抜き取りは必要である。なぜならばタンクは劣化するし、将来の災害を防止する必要もある(But even if the oil is contained, Cuna said it is still necessary to siphon the remaining oil。“They need to siphon (oil) because the tank will deteriorate and to also prevent future hazard,” Cuna said)。

また海洋環境保護班は、流れ出た燃料は揮発するから海洋生物に害を与えない、とタリサイ市の漁師たちに保証している(He also assured fishermen in Talisay City that the oil sheen will not affect marine life since it is volatile)。

(5月10日)

11.ノブレザ警視の携帯にテロリストのビデオ等

 アブサヤフ爆弾専門家レニエロ・ドンゴンと共にボホール州で逮捕された マリア・クリスチナ・ノブレザ警視の携帯電話には未成年者を戦士に仕立てるための訓練の様子等テロリストの活動状況のビデオが収められていたという(A forensic exam on the cellular phone seized from Supt. Maria Cristina Nobleza ― the police officer caught in Bohol with a suspected Abu Sayyaf bomb maker ― showed that she kept videos of terrorist activities including how minors are trained to become future combatants)。

セントラル・ビサヤ 犯罪捜査摘発グループのガルマ部長は、ノブレザ警視とテロリストの結び付きを示すビデオを発見したが、それはフィリピン人のテロリストのビデオではなくシリア人のビデオであった、と言う(Supt. Royina Marzan Garma, head of the Criminal Investigation and Detection Group in Central Visayas (CIDG-7), said they recovered items that would link Nobleza to terrorists although the videos discovered were not of Filipinos but Syrians)。

ノブレザ警視の携帯電話の中には、未成年者がシリア人の人質の頭を銃撃して殺すビデオがあった(Among the videos found saved in Nobleza’s phone was one which showed a minor shooting to death a Syrian hostage in the head)。

子供がどのようにISISのメンバーに訓練されていくのかが分かる、子供は洗脳され戦士になるように訓練される、とガルマ部長は言う(“We saw how children were groomed to become members of the ISIS (Islamic State of Iraq and Syria)。The children were really brainwashed and trained to become combatants,” Garma said)。

アブサヤフ・メンバーからノブレザ警視へ送付されたテキスト・メッセージがある(The text messages were sent by an ASG member to Nobleza)。

(ボホール島で道に迷い方角がわからなくなった)アブサヤフ・メンバーからノブレザ警視に、どのように現地人に方角を聞いたらいいか、との質問だった(A portion of the conversation included the ASG asking for Nobleza’s advice on whether they should ask locals for directions)。

ノブレザ警視の返信は、聞くな、だった(“Wag (Don’t),” Garma quoted the police official’s response)。

アブサヤフ・メンバーやノブレザ警視から没収した携帯電話のテキスト・メッセージはタオソグ語だったので、警察は タオソグ民族に翻訳を依頼している(THE Criminal Investigation and Detection Group in Central Visayas (CIDG-7) tapped the help of the Tausug ethnic group to translate the messages in the phones confiscated from the Abu Sayyaf Group (ASG) members and from Supt. Maria Cristina Nobleza )。

(注) タオソグ語(又はタウスグ語)Tausug~ ビサヤ語に属する言語である。話者はフィリピンのスールー諸島やインドネシア、マレーシアに居住するタオソグ族(又はタウスグ族)の人々。

(5月11日)

12.ボホール島の残り2人のアブサヤフ・メンバーは未だ逃亡中

 ボホール島の残り2人のアブサヤフ・メンバーは未だに逃亡中で、当局は行方を追っている(Two of the remaining Abu Sayyaf stragglers are still at large and subjects of a manhunt)。

最後に目撃されたのは、8日月曜午前7時半トビゴン町バランガイ・タナワンから17キロ離れたサン・イシドロ町の奥地バランガイ・カンドンガオ(They were last spotted about 7:30 a.m. on Monday in Barangay Candungao, a hinterland village in San Isidro town, at least 17 km from Barangay Tanawan in Tubigon town)。

バランガイ・カンドンガオの農民が栽培している生姜を見に行ったところ、農地から60メートル離れた樹の下で2人が休んでいるのを発見した(Dario (family name withheld), a resident of Barangay Candungao, went to the field in a hilly area of the village to check his ginger plantation。He was about 60 meters from his farm when he saw two men resting under a tree)。

見知らぬ者が2人いたのでぎょっとしたと農民は言う(“Nakuyawan ko kay naay duha ka tawo unya dili nako mga kaila (I was frightened because there were two men whom I didn’t know),” he said)。

1人は丸坊主に近い頭で靴を履いていた、もう1人は舟のカイのようなものと袋を持ちスリッパを履き頭にシャツを巻いていた(One of them had slightly shaven head and was wearing shoes。The other wore slippers and wrapped a shirt around his head, bringing a paddle and a sack)。

1人がウインクしたので走って逃げ警察に通報したとのこと(One of the men winked at him, prompting him to run and report the incident to the police)。

2人はサン・イシドロ町の森や草木の生い茂ったところに隠れているのだろう(The two might have been hiding in the forests and thick vegetation of San Isidro)。

302部隊の報道官は、ボホールの森にはココナッツ・ツリーや他の果物の木が豊富だから2人は生きていくのが可能だ、と言っている(According to Capt. Jojo Mascariñas, spokesman of the 302nd Brigade, the two Abu Sayyaf stragglers can survive in the forest of Bohol which is abundant with coconut trees and other edible fruits)。

しかし、ボホールの地形を知らないからボホールから脱出するのは難しいだろう、そして人目を避け、足の赴くまま歩くだけだろう、とも言う(But he added they would have difficulty getting out of the province because they didn’t know Bohol’s topography。“They just kept on avoiding the people and would go where their feet would take them,” he added)。

アブサヤフ・メンバーが隠れていたクラリン町、トビゴン町、イナバンガ町の奥地には、さまよう者に食物を提供するココナッツ、バナナ、その他の実をつける木が多くある(The hinterlands of Clarin, Tubigon and Inabanga, where the Abu Sayyaf members were hiding, has a lot of coconuts, bananas and several fruit-bearing trees that could provide food for the stragglers)。

泉や川の水も飲める(They can drink water from the springs and rivers in the areas)。

逮捕された後逃亡を図り射殺されたキラムはココナッツを食べて何日も生きていた、人間は水と糖分を含んだ食べ物がある限り生きていける、と報道官は付け加える(Mascariñas said Kiram survived by eating coconut meat for many days。“Our body can survive as long as there is water and food that contains sugar,” he added)。

当局によると、2人のアブサヤフは武器を持っていないので住民に危害を加えていないとのこと(According to authorities, the two ASG remnants didn’t pose a threat to the people since they were no longer armed)。

(5月12日)

13.南セブ渡航自粛勧告~英国が自国民に

 マニラの英国大使館が自国民に対し、テロの脅威があるとしてセブ島南部、特に バディアン町、 ダラゲッテイ町への旅行を避けるようにとの渡航自粛勧告を発した(THE British Embassy in Manila issued an updated travel advisory, urging its nationals to avoid traveling to southern Cebu, particularly the towns of Badian and Dalaguete, due to alleged threats of terrorism)。

(注)バディアン町~セブ島南部、西海岸、セブ市から98キロ南。バディアン町の東隣りがダラゲッテイ町。

(注)ダラゲッテイ町~セブ島南部、東海岸、セブ市から84キロ南。

 一昨日11日木曜英国大使館は自国民に対し、テロ活動や軍とテログループとの戦闘のおそれがあるとしてミンダナオ地方西部やスールー諸島への渡航自粛勧告を発している(In its May 11 advisory, the British Embassy also advised its nationals to avoid western Mindanao and Sulu because of alleged terrorist activities and clashes between military and insurgent groups in these areas)。

 フィリピンにおいてテロリストの襲撃が大いにありそうである。テログループはフィリピンにおいて襲撃を計画しており、遂行能力もあり、いつどこでもこの国で遂行しようとしている。テロ襲撃は、空港、ショッピングモール、公共輸送機関、礼拝所等外国人が訪問する場所を含めいかなる場所でも起こりうる、と英国大使館は述べている(“Terrorists are very likely to try to carry out attacks in the Philippines。Terrorist groups continue to plan attacks and have the capacity and the intent to carry out attacks at anytime and anywhere in the country。Attacks could happen anywhere, including places visited by foreigners, like airports, shopping malls, public transport and places of worship,” the advisory said)

また英国大使館は自国民に対し、常に注意を怠らぬよう、怪しいものを見たら当局に報告するよう力説している(The British Embassy also urged its nationals to remain vigilant at all times and to report anything suspicious to authorities)。

各国大使館が自国民に対してミンダナオ地方西部、スールー諸島、パラワン州等への渡航自粛勧告を出しているが、セブ島南部を含めているのは英国大使館だけのようだ。

(参考) フィリピン イスラム系活動家8人が国内潜入。日本大使館、パラワンでの拉致計画に注意喚起( 5月11日、まにら新聞)

 国軍は10日、海外のイスラム系過激派活動家少なくとも8人がフィリピン国内に潜入し、イスラム過激派アブサヤフなど反政府系武装勢力の保護下にあると明らかにした。一方、在比日本、米国、英国、カナダ各大使館は、ルソン地方パラワン州で外国人を狙った拉致計画情報があるとして、自国民に注意を呼び掛けた。

国軍はドゥテルテ大統領の指示で、アブサヤフなどイスラム過激派への掃討作戦を強化している。近年、イラク、シリアで勢力を強める過激派組織「イスラム国」(IS)の支持を表明する国内過激派によるテロ計画や勢力拡大が目立っていることが背景にある。

下院国防委員会に出席したサントス国軍報道官は、国内に潜入している活動家8人はインドネシア、マレーシア、シンガポールなどの近隣諸国から集まっており、マレーシアのサバ州からミンダナオ地方に入国することが多いと指摘した。アブサヤフや、昨年9月のミンダナオ地方ダバオ市爆弾テロ事件などに関わったとされるイスラム過激派マウテ・グループ、モロ・イスラム解放戦線(MILF)から分派したバンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)がかくまっているという。

在比米大使館は、パラワン州のプエルトプリンセサ市や地下河川国立公園など観光地で拉致計画が立てられているとの確かな情報を入手したとして、同地域への渡航を予定している米国民は安全確保に務めるよう呼び掛け、人が集まる場所を避けるよう助言した。

日本大使館は10日、首都圏マニラ市キアポ地区で4月28日と今月6日に発生した爆発事件を受けて発表された日本外務省の注意喚起を発表するとともに、パラワン州での拉致計画情報にも触れ、同州への渡航、滞在への注意を呼び掛けた。

国軍西部ミンダナオ司令本部のガルベス本部長は下院委で、国軍が進めるアブサヤフ掃討作戦に言及し、大統領が期限に設定した6月30日までに壊滅可能と自信を見せた。同本部長によると、1月の作戦開始から今月10日現在、アブサヤフの構成員少なくとも60人を殺害、13人を逮捕した。また41人が出頭し、他のアブサヤフ幹部も出頭を検討しているとの情報があるという。

比で相次ぐテロ事件を受け、イスラム教徒自治区(ARMM)はミンダナオ地方コタバト市で12~14日の3日間、対テロ対策に関する会議を開く。

(5月13日)

14.ボホールの2人のアブサヤフ非常線から逃れる

 ボホール州パンガンガン島のマングローブの林の中に隠れていた2人の生き残りアブサヤフ・メンバーは、同島を取り囲んでいた当局の捜査網をかい潜り逃亡したと見られているとのこと(Two remaining Abu Sayyaf Group (ASG) bandits hiding in the mangrove swamps of Pangangan Island, Bohol, are now believed to have escaped a government dragnet, a source privy to the manhunt operations told Cebu Daily News)。

(注)パンガンガン島~ボホール本島のカラペ町沖。セブ島アルガオ町(Argao)の対岸(ボホール海峡を挟んで)。アルガオ町はセブ市の南68キロ。

11日木曜から陸軍と海軍が同島を取り囲み捜索に当たったが、昨日13日土曜になってもアブ・アシスとアブ・ウバイダとだけ知られているアブサヤフ・メンバーは同島のどこにも見当たらないという(According to the official who spoke on condition of anonymity, the two ASG stragglers known only as Abu Asis and Abu Ubayda are nowhere to be found, two days after assault government troops and navy vessels surrounded the island on Thursday)。

無法者2人は同島とボホール本島のカラペ町を結ぶ4キロの土手道(橋)を取り囲むマングローブ林に潜んでいると考えられていた(The bandits were believed to have been hiding in a mangrove forest preserve connected by a four-kilometer causeway to mainland Calape town)。

しかし、2人は暗闇に紛れて当局の囲いをすり抜け逃亡したらしい(But the police official said that Asis and Ubayda managed to slip through government forces and checkpoints under the cover of darkness when pursuing troops decided to stop the search at nightfall on Friday)。

2人は夜間に軍の警戒線をすり抜け泳いで逃亡したのだろう、と当局は言う(“They could possibly swim their way to freedom at night and escape the military cordon,” the official told CDN)。

2人はロオン町のサンディンガン島かキャビラオ島へ行ったのかもしれない、と付け加えた(“They might go to Sandingan Island or Cabilao Island in Loon town,” the source added)。

(注)サンディンガン島、キャビラオ島~ボホール本島のロオン町沖。ロオン町はカラペ町の南隣り。カラペ町、ロオン町沖にパンガンガン島、サンディンガン島、キャビラオ島の3島がある。

10日水曜午後に何人ものパンガンガン島の住民が、2人が盗んだボートを漕いでボホール本島のカラペ町から向かって来るのを目撃している(Earlier on Wednesday afternoon, several island residents spotted the two men paddling a stolen boat from Sitio Abucayan in Barangay Liboron, still in Calape)。

住民は直ぐに当局へ通報した(The villagers immediately reported the sightings to authorities)。

11日木曜夕方パンガンガン島7バランガイに検問所が設置された(On Thursday evening, checkpoints were set up in the seven barangays on Pangangan Island)。

2人が逃亡するのを防ぐため同日夜間には海軍のゴムボートが島を取り囲み、ヘリコプターが上空から監視した(Rubber boats from the Philippine Navy roved the waters surrounding the island while helicopters hovered at night to prevent the ASG members’ escape)。

ボホール州警察本部長は、2人は土手道(橋)に沿ってパンガンガン島からボホール本島のカラペ町へ逃げた可能性もあるとしている(But Bohol Provincial Police Office (BPPO) director Senior Supt. Felipe Natividad Jr. said that it was possible that the bandits escaped from the island through the causeway to get to mainland Calape)。

なお、アブ・アシスとアブ・ウバイダの2人は拳銃と手投げ弾を持っていたと伝えられている(Asis and Ubayda are reportedly armed and dangerous with pistols and grenades)。

(5月14日)

15.今週暑さが戻る

 気温の上昇をもたらす東風が吹くので今週のセブは暑さが戻る、と昨日14日日曜マクタン気象台は語った(It’s back to warmer weather for Cebu due to the easterly winds that will raise temperatures for the rest of the week, the Mactan office of the state weather bureau Pagasa said yesterday)。

先週雨を降らせた熱帯収束帯はほとんどセブを去った(Pagasa weather specialist Romeo Aguirre said the Inter-Tropical Convergence Zone (ITCZ) that caused the rains last week has mostly dissipated)。

東風が戻ってくるのでまた暑い日がやってくる(“The easterly wind is back and we will again experience hot days ahead,” Aguirre said)。

熱帯収束帯は 、南北両半球の貿易風が赤道付近で合流する帯状の低気圧域(The ITCZ is a series of low pressure areas (LPA) caused by the winds from the Northern and Southern Hemisphere that meet at the equator)。

赤道付近で合流する貿易風は積乱雲を発生させ、(雨が降るので)涼しい気温をもたらす(Winds that meet at the equator tend to bring masses of clouds of varying cooler temperatures)。

(注)熱帯収束帯は 、 北半球の夏のときには北半球に、冬には南半球に移動する。7月には日本のすぐ南の海上にまで北上する。

今週の平均最高気温は30~32度、ヒート・インデックスは40度が予想されるとのこと(This week, average weather temperature ranged from 30 to 32 degrees Celsius with a heat index of 40 degrees Celsius)。

5月は1年で一番暑い月である(Aguirre said May has been considered the hottest month of the year)。

観測史上の最高気温は2010年5月31日の37度、ヒート・インデックスは40度であった(The hottest recorded temperature of 37 degrees Celsius and a heat index of more than 40 degrees Celsius occurred on May 31, 2010)。

今年は5月2日の34.5度、ヒート・インデックス40度が今のところの最高となっている(This month, Pagasa recorded the hottest temperature of 34.5 degrees Celsius and heat index of 40 degrees Celsius last May 2)。

先月雨量が平年より多かったので今月もまだ降雨があるかもしれないとのこと(Aguirre said it’s still possible that it may rain this month since the previous months had above average rainfall)。

3月平年が51ミリのところ今年は93.9ミリ降った(Last March, the normal average rainfall was 51 millimeters while its accumulated rainfall is 93.9 millimeters)。

4月平年が50ミリのところ今年は224.7ミリ降った(Last month, normal average of rainfall was 50 millimeters with an accumulated rainfall of 224.7 millimeters)。

5月平年が106ミリのところ今年は昨日までで37.7ミリしか降っていない(Aguirre said the normal average rainfall for May is 106 millimeters。As of yesterday, Pagasa Mactan recorded 37.7 millimeters of rainfall)。

(5月15日)

16.ボホールの生き残り2人のアブサヤフ銃殺される

 昨日15日月曜生き残りのアブサヤフ・メンバー2人は ボホール州カラペ町 パンガンガン島において銃殺された(The two were killed in Pangangan Island in Calape town yesterday)。

数週間の逃亡後の空腹と疲労で アブ・ウバイダとアブ・アシスとだけ知られているアブサヤフ・メンバーは昨日午前7時頃同島で住民の息子を人質に獲りちゃんとした食事を要求した(Hungry and ragged after weeks of hiding, Abu Sayyaf bandits known only as Abu Ubayda and Abu Asis held a resident’s son hostage in exchange for a decent meal in Barangay Kahayag in this town at 7 a.m. yesterday)。

住民の妻が悪漢2人の存在をバランガイ・キャプテンに報告したので、この食事要求が2人の身の破滅に繋がった(That proved to be their undoing as the resident’s wife reported their presence to the barangay chairman)。

アブ・ウバイダは昨日午後1時頃マングローブ林の中の銃撃戦で銃殺された(Ubayda was killed midday yesterday during an encounter in the woods in Barangay Kahayag)。

アブ・ウバイダはM-16ライフルで戦い、顔に何発もの銃弾を受けたので直ぐには本人と見分けがつかなくなっていたという(He was not identified immediately as bullets wrecked his face but authorities recovered an M-16 rifle from him)。

逃げて追跡されていたアブ・アシスも45口径拳銃で戦ったが午後6時頃銃殺された(Five hours later, Asis was killed during a hot pursuit in Purok Pasayan in Barangay San Isidro。Asis were armed with .45 pistol)。

悪漢2人は、昨日午前7時頃住民と7歳の息子がマングローブ林で貝掘りをしているのを見つけ、銃を突き付け食物を要求し息子を人質に取った(Gen. Arnulfo Matanguihan, the Army’s 302nd Brigade commander,said the end for both Ubayda and Asis began when they spotted a resident and his seven-year-old son gathering seashells along a mangrove forest at 7 a.m.。A family relative who requested anonymity said the two Abu Sayyaf bandits approached and pointed their guns at them, telling them to give them food。To make sure that the resident would comply, they held his son hostage)。

住民はマングローブ地域から数メートルの家に戻り、ご飯とナマズの酢・スパイス煮込みを持ち戻った(The man went home in Barangay Kahayag, a few meters from the mangrove area, and returned with rice and paksiw na isda or catfish stewed in vinegar)。

(注)paksiw[pak.siw.] :meat cooked with vinegar and other spices (n.)

(注)isda[is.dâ.] :fish (n.)

住民と息子は2人がご馳走を大いに食べるのを見ていた(He and his son watched as Ubayda and Asis feasted on their meal)。

住民の妻がバランガイ・キャプテンに知らせ、バランガイ・キャプテンが軍に通報したのを2人の悪漢は気が付かなかった(They didn’t know that the man’s wife reported their presence to Barangay Kahayag chairman Ian Bahandi who then reported them to the soldiers)。

軍がマングローブ地域に行き2人を発見し銃撃戦が始まった(A team then went to the mangrove area and spotted the two bandits who responded with gunfire)。

住民と息子は慌てて逃げる一方、ウバイダとアシスは逃げながらバイクを盗み逃走(The man and his son scampered for safety while Ubayda and Asis ran to nearby Barangay Lomboy where they commandeered a motorcycle from a resident)。

2人はバイクを棄てマングローブの林に逃げ込み、追う軍と交戦しながら逃げた(The bandits abandoned the motorcycle and ran on foot, returning to the mangrove area in Barangay Lawis。The troops pursued the two men and the running gun battle continued)。

(5月16日)

17.軽量軌道交通は長期的に見てペイしない~セブ市長

 軽量軌道交通プロジェクトに関してセブ市が一切費用を負担しなくていいのなら、このプロジェクトを支援する、とセブ市長は言う(AS long as the Cebu City Government does not have to disburse funds for it, Mayor Tomas Osmeña will support the proposed Cebu Light Rail Transit (LRT) project)。

民間エンジニアリング会社のCEDCOが軽量軌道交通プロジェクトのLine I のフィージビリテイ・スタデイの一環として地質調査をしたいとセブ市長に今月4日許可を求めてきた(In a letter dated May 4 addressed to Osmeña,CEDCO Engineers, a private engineering firm, sought the City’s permission to allow them to conduct a soil testing as part of the feasibility study for Line I of the LRT project)。

Line I はタリサイ市からコンソラシオン町までで、セブ市とマンダウエ市を経由する(According to their letter, Line I will be from Talisay City to Consolacion, passing by the cities of Cebu and Mandaue)。

エンジニアリング会社は、ナタリオ・バカルソ・アヴェニューとMJクエンコ・アヴェニューでプロジェクトデータ収集のためボーリング穴を掘り地質工学調査と地形調査を実施したいとのこと(Angelito de Dios, authorized representative of Line I of the Cebu LRT consultants, earlier said that their engineers are doing boreholes for the geotechnical investigation and topography survey on N. Bacalso Ave. and MJ Cuenco Ave. to secure data that may be used for the project)。

(注)ナタリオ・バカルソ・アヴェニューN. Bacalso Ave.~南バスターミナルの面する道路。

(注)MJクエンコ・アヴェニューMJ Cuenco Ave. ~ プラザ・インデペンデシアの面する道路。

市長は、市の支出を要しない限り市の交通システム改善のための全てを支援するとしている(The mayor said he will support anything that will improve the city’s traffic system on condition that the City Government will not spend for it)。

しかし、持論を言えば、軽量軌道交通は建設費が高額だし将来の交通量の伸びに対応できないのでセブには軽量軌道交通を導入しないのがベストと思っている、と市長は言う(He said that if he had his way, it would be best not to have an LRT in Cebu as it is expensive and can’t provide the growth the riding public needs)。

(コストを全部運賃で賄うとすれば)金持ちしか軽量軌道交通の運賃を払えないと推測する(“Based on my speculation, only the rich will be able to afford the LRT)。

メトロ・レイル・トランジットのコストは90億ペソ(0.436換算で206億円)であるが、国家はこれに60億ペソ(138億円)の補助金を支出している、と市長は指摘する(Osmeña pointed out that the National Government is losing P6 billion annually from the Metro Rail Transit (MRT) when it is supposed to generate P9 billion)。

私は誤りたい、しかし私は収支等を研究しているのだ、時々市民は分かってくれないが、私は市長として見栄えが良いか否かではなく長期に物事を見ているのだ、と市長は言う(“I apologize, but I studied these things. Sometimes, the people can’t understand but as mayor, what I’m looking at is the long-term impact and not because it looks good,” Osmeña said)。

(注)メトロ・レイル・トランジットの収支~Manila Metro Rail Transit Systemの運賃は大衆が利用できるように操業開始当時からジプニーより少し割高のレベルに設定されてきており、赤字分に対して政府が補助金を出している。例えば、2010年の運賃収入は19億ペソ、コストは85億ペソ、政府補助金は66億ペソとなっている(以下A Radical's Nutより。Consider, for instance, the slides below which I lifted from the Powerpoint presentation of the DOTC on MRT. The first slide shows that the total income of the MRT in 2010 was P1.916 billion, of which P1.904 billion were generated from passenger fares。However, as shown in the next slide, MRT expenses reached P8.52 billion during the same year which the DOTC said resulted in a government subsidy of P6.6 billion to bridge the shortfall in revenues (that was only P1.92 billion))。

(参考)大統領はセブに軽量軌道交通システムを導入する意向(2016年7月の26)

セブにおいては、セブ・バス高速輸送(Cebu BusRapidTransit (BRT))システムが今年着工で2018年一部運行開始の予定になっていたが、これに代えて軽量軌道交通( Light Rail Transit (LRT))システム導入へ転換する動きになっている。

セブ・バス高速輸送システムについては、 土地買収や立ち退き住民移転問題があるので、開業が大幅に遅れる恐れもあったし、都市交通輸送システムの専門家からバス高速輸送システムは道路の狭いセブでは機能しないだろうとの指摘も受けている。

その上、2016年一般会計歳出予算法でセブ・バス高速輸送システムへの予算が付かなかったので、このプロジェクトは棚上げになっている(The proposed implementation of the BRT in Cebu was one of the priority projects of the Aquino administration but was shelved after its funding was not included in the 2016 General Appropriations Act (GAA))。

一方、ドゥテルテ政権は、セブに軽量軌道交通システムを導入することを優先しているとのこと(The administration of President Rodrigo Duterte has prioritized the establishment of LRT lines outside Metro Manila, particularly in Cebu and Davao)。

費用は、官民パートナーシップで民間支弁(the National Government plans to do it through public-private partnerships)。

そしてドゥテルテ大統領は、悪化する交通状況に対処するため彼に非常事態権限を与えるよう議会に求めている(Due to the worsening traffic situation across the country, Duterte has also asked Congress to give him emergency powers to solve it)。

これに対して、セブ1区、4区選出議員等は、セブへの軽量軌道交通システム導入に賛成し、大統領に非常事態権限を与えることにも賛意を示している。

(5月17日)

18.東ネグロス州ギフルガン市に武装グループ上陸

 ボホール島からアブサヤフを駆逐して24時間が経過したばかりなのに、治安当局は今度は東ネグロス州に注意を転じている(Barely 24 hours after the province of Bohol was cleared of the Abu Sayyaf terrorist group (ASG), law enforcement authorities are now shifting their attention to Negros Oriental)。

それは昨日17日水曜朝東ネグロス州ギフルガン市で武装した約20人の男女のグループが目撃されたことによる(This after a group of nearly two dozen armed men and a woman were sighted in Guihulngan City of the province yesterday morning)。

(注)ギフルガン市Guihulngan City~ネグロス島東海岸。セブ島トレド市の南西方向、モアルボアルの北西方向。ドマゲッテイ市の北130キロ(Guihulngan City is located on the northern part of Negros Oriental, or about 130 kilometers north of Dumaguete City)。

昨日17日水曜朝5時半頃に市民軍地域部隊の元隊員からギフルガン警察署長に、同市のバランガイ・バサックに2艇のボートに乗った武装した者達が到着した、という連絡があった(In an interview with Cebu Daily News, Guihulngan police chief Supt. Arnel Arpon said that around 5:30 a.m. of Wednesday, a former member of Civilian Armed Forces Geographical Unit (Cafgu) called their station saying that armed men riding two pump boats arrived in Barangay Basak of the city)。

(注)市民軍地域部隊Civilian Armed Forces Geographical Unit (Cafgu)~正規の予備役部隊。要員は地域の国軍部隊司令官が選抜し、公式の軍事訓練を受け予備役兵として国軍の指揮命令系統に組み込まれる。1ヶ月の内15日程度治安維持等の任務につき、国軍から手当、給付金を受ける。

彼等は1人の女性を含む20人程度で武器を持っていた(More or less they were 20 armed persons, including a woman. They had firearms with them)。

警察署長は直ぐにチームを作り周辺を捜したが、武装グループは見つからなかった(Arpon said he immediately led a police team to the area, but they were not able to catch up with the armed group)。

武装グループは情報提供者に山への安全な道を尋ねたという(They asked directions from the informant as to the safe path to the mountain area)。

山への道を聞いた後、武装グループは直ぐにバランガイ・バサックの山方向へ向かった(After he gave the directions, the informant said that the armed men immediately headed to the mountainous part of Basak)。

午前10時頃同市の山のバランガイ・バロゴで武装グループを見たという報告があった(Arpon said that around 10 a.m., they received reports that there were also armed men sighted in the hinterland village of Balogo of the same city)。

警察署長は、武装グループが恐ろしいアブサヤフに属するのか、新人民軍ゲリラに属するのか調べている(He said they were still verifying if the armed persons belong to the dreaded Abu Sayyaf Group or New People’s Army (NPA) guerrillas)。

(注)新人民軍New People’s Army (NPA) ~フィリピン共産党(CPP)の武装組織。

しかし市民軍地域部隊の元隊員の説明からは武装グループは新人民軍の可能性が高いという(But based on the statement of the former Cafgu member, Arpon said there is a big possibility that those armed men are with the NPA)。

軍の諜報グループは、ネグロス地域委員会南東戦線かもしれないと言っている(A source from Military Intelligence Group (MIG) said that those armed men could be members of the South East Front sa Komiteng Rehiyon-Negros (SEF-KRN))。

(注)ネグロス地域委員会南東戦線South East Front sa Komiteng Rehiyon-Negros (SEF-KRN)~新人民軍に属す。komite[ku.mí.ti.] :committee (n.)。rehiyon :region (n.)。

武装グループはアブサヤフの上陸によって警備が強化されたボホールから来たのではないかとの説が有力、との情報もある(The source said that those armed men mostly likely came from Bohol, which remained tightly guarded against the presence of armed men in the aftermath of the entry of the Abu Sayyaf bandits on the island)。

軍の諜報グループによれば、新人民軍は当面ボホールでの活動を休止しネグロス島で再編を図るのかもしれないという(According to the MIG source, it was likely that the NPA rebels were laying off Bohol for the time being and might be regrouping in Negros)。

先週東ネグロス州サンタ・カタリーナ町において国軍と左傾分子の衝突があったところである(The source said that sometime last week, military troops had an encounter with the leftist elements in Santa Catalina town in Negros Oriental)。

(注)サンタ・カタリーナ町Santa Catalina~ネグロス島南西部。ドマゲッテイ市の西。

(5月18日)

19.22日月曜ジプニー組合のピストンがスト

 22日月曜のジプニー組合ピストンのストに備えて、セブ市、マンダウエ市、ラプラプ市はトラック、バス、その他の車両を用意して路上で立ち往生している市民を運ぶ計画である(In preparation for the planned transport strike by the Pagkakaisa ng Samahan ng mga Tsuper at Opereytor Nationwide (Piston) on Monday, the cities of Cebu, Mandaue and Lapu-Lapu will deploy trucks, buses and other vehicles to ferry commuters who may be stranded in the streets)。

セブ市では少なくとも15台のカオシュン・バスを用意する(In Cebu City, Councilor Dave Tumulak said there will be at least 15 Kaohsiung buses on standby that will be fielded in areas where there are many stranded passengers)。

(注)カオシュン・バス~台湾の高雄(カオシュン)から中古の寄贈を受けた。

マンダウエ市、ラプラプ市も同じように車両を出す準備をしている(The Mandaue City government is likewise prepared。In Lapu-Lapu City, government vehicles will be deployed to mitigate the effect of the transport strike on Monday)。

ラプラプ市は、同市とマンダウエ市のパークモールの間の往復車両を出し無料で乗客を運ぶ(He also said they will bring passengers from Lapu-Lapu City to Park Mall in Mandaue City and back, free of charge)。

22日月曜の抗議活動は全国規模とのこと(Piston-Cebu president Greg Perez said the protest action on Monday is nationwide)。

抗議の行進は、マンダウエ市~ラプラプ市~マンダウエ市~セブ市~タリサイ市~セブ市と進み、セブ市の陸上交通許認可規制委員会前で終了(It will start with a caravan in Mandaue City going to Lapu-Lapu City, then back to Mandaue and proceed to Cebu City and Talisay City, then back to Cebu City where the caravan will end with a rally in front of the office of the Land Transportation Franchising and Regulatory Board (LTFRB))。

少なくとも250人のドライバーがほぼ1日のストと抗議行進に参加するとみられる(At least 250 drivers are expected to join the strike/protest rally which will be a whole-day activity)。

ジプニー組合は、10年以上のジプニー車両の営業運行禁止計画に反対している(The transport groups are protesting the phaseout of jeepneys over 10 years old)。

(注)今年2月のスト時の報道では”15年以上のジプニーの営業運行禁止計画”に反対となっていた。多分10年は誤りで15年の方が正しいのだろう~15年以上のジプニーの営業運行禁止(Fifteen-year-old jeepneys and beyond will not be granted a “Certificate of Confirmation” as “for hire” and will not be allowed to continue operating)。

(5月19日)

20.セブ・モノレール交通システムのフィージビリテイ・スタデイ

 本拠地マニラの会社がセブ市においてセブ・モノレール交通システムのフィージビリテイ・スタデイを行う(A MANILA-BASED firm will conduct a series of tests in some areas in Cebu City for the Cebu Monorail Transit (MRT) system)。

スタデイは来月6月開始で6ヶ月間の予定(The tests form part of the project’s feasibility study, which will run for six months starting in June)。

昨日19日金曜オスメーニャ・セブ市長はフィルトラム交通コンソーシアムとの了解覚書にサインした(Mayor Tomas Osmeña, on behalf of the City Government signed yesterday a memorandum of understanding (MOU) with Philtram Transportation Consortium Inc., the company who will undertake the study)。

フィルトラムは中国の南京浦鎮車輛廠(鉄道、軌道車輛の設計、製作の会社)と協力して交通問題を解決するためのスタデイを行う(Philtram, in cooperation with Chinese Enterprise CRRC Nanjing Puzhen Co. Ltd., is undertaking urban rail project studies in the country to help solve the traffic problem)。

了解覚書によれば、フィルトラムは乗客数、乗車料金、予備的なデザイン、コスト等の分析を行う(Under the MOU, Philtram will analyze the present and future distribution of passengers, possible fares, preliminary design and related cost estimates, among many others)。

フィルトラムの社長は、第1段階はセブ市中心部に建設し、その後南海岸道路埋立地等の他の地域へ延長拡大していったらいい、セブ・モノレール交通システムはセブ市のバス高速輸送プロジェクトの補充にもなる、1時間で4万人の乗客を運べる、と言っている(Once the first phase of the project is completed, Philtram President Arnold Ray Alagar said they may expand the MRT and connect it to other areas and the South Road Properties。Phase 1 will cover the routes plying the center of Cebu City。It will also complement the city’s Bus Rapid Transit project。The MRT, Alagar said, can ferry some 40,000 passengers per hour every day)。

オスメーニャ・セブ市長は、セブ市が支出を要しない限り市の交通問題を改善するいかなる提案でも支援する、モノレールであろうと、軽量軌道交通プロジェクトであろうと、と語っている(Other proposals Osmeña said he will support any project that will improve the city’s traffic, provided that the City Government will not spend for it。“I will support all mass transport system proposals, may it be MRT or LRT,” he said)。

一方、 昨日のセブのリーダー会議においてディノ・ビサヤ地方担当大統領補佐官は、ドゥテルテ大統領在任中にセブで軽量軌道交通を完成させる、と言っている( Michael Dino,Presidential Assistant for the Visayas、Cebu will have LRT during Duterte’s term、during yesterday’s Convergence of Mega Cebu Leaders)。

(5月20日)

21.アブサヤフの戦闘意思は挫かれた

 国軍のアブサヤフに対する最近の成果により、アブサヤフの戦闘意思を挫くことが出来た、と国軍は述べている(After recent gains of the Philippine military against the Abu Sayyaf, the Armed Forces of the Philippines said they have been able to “break their will to fight.”)。

”アブサヤフが大挙して投降してくるなど初めてだ、これは我々がアブサヤフの戦闘意思を挫いたということだ”、と 19日金曜 エドゥアルド・アニョ 国軍参謀総長がバリカタン軍事演習を終えてのキャンプ・アギナルドにおける待ち伏せインタビューで語った(“ We are seeing, for the first time, they are surrendering en masse. This means that we have broken their will to fight,” said General Eduardo Ano, AFP chief of staff in an ambush interview at the end of the Balikatan exercises on Friday at Camp Aguinaldo)。

(注)バリカタン軍事演習Balikatan exercises~2000年以降 米国とフィリピンが合同で実施している軍事演習。

(注)キャンプ・アギナルドCamp Aguinaldo~マニラ首都圏 Quezon City。

今年1月から持続的攻撃により少なくとも80人のアブサヤフ・メンバーが殺され、50人が投降し、18人が逮捕された(The military said at least 80 Abu Sayyaf members have been killed in sustained attacks since January. Fifty have surrendered and 18 arrested)。

しかし、アブサヤフはいまだに27人の人質をとっている(However, the Abu Sayyaf are still holding 27 hostages)。

国軍は6月までにアブサヤフの脅威を終わらせると期限を設けたが、国軍はこれに関し戦略的勝利を勝ち取った、とアニョ 参謀総長は言う(The military set a June deadline to end the threat of the Abu Sayyaf but Ano said their forces have accomplished a “strategic victory.”)。

6月の期限の意味するところは、アブサヤフ・メンバーをゼロにするということではなく、戦略的勝利を勝ち取るということだ、とアニョ 参謀総長は説明する(“The timeline that was given to me does not mean that the Abu Sayyaf will be reduced to zero. This means that we must have achieved strategic victory,” Ano explained)。

17日水曜カリート・ガルベス西ミンダナオ方面軍司令官は、自分の受けている命令はアブサヤフを彼等の快適域(戦闘に有利な場所)から駆逐し不利な場所へ追いやることだ、と述べている(Last Wednesday, Lt. General Carlito Galvez, commander of the Western Mindanao Command, said his “standing order” is to “flush out the Abu Sayyaf from their comfort zones and bring them to places where they are vulneranble.”)。

アブサヤフが何をやろうと失敗し、国軍に有利な進展と決戦における国軍の勝利は、彼等のリーダーの減少やテロや残虐行為の遂行能力の低下を含め、アブサヤフ構成員の大幅減少をもたらした、とアニョ 参謀総長は語った(“Whatever the Abu Sayyaf will do, they have lost and with all the positive developments and successful decisive encounters, the numbers of the Abu Sayyaf have been greatly reduced, including their leaders and their capability to conduct terror or atrocities,” said Ano)。

なお、アニョ 参謀総長は6月2日に内務自治大臣に就任する、と 19日金曜デルフィン・ロレンザーナ 国防大臣が語った(Armed Forces Chief of Staff General Eduardo Ano will assume his post as secretary of the Department of Interior and Local Government after the turnover ceremonies on June 2, said Defense Secretary Delfin Lorenzana on Friday)。

(注)ドゥテルテ大統領は4月3日、スエニョ内務自治大臣を(汚職疑惑で)解任し、カタラーノ・クイ次官が内務自治大臣を代行していた(The DILG is headed by Undersecretary Catalino Cuy, who was named officer-in-charge, after Secretary Miguel Sueno was sacked by Duterte in April)。

(5月21日)

22.2件の火災で1745人焼け出される

  昨日21日日曜未明のセブ市とラプラプ市の2件の火災で少なくとも359家族、1745人が焼け出された(At least 1,745 individuals from 359 families were displaced by the two dawn fires)。

(注)セブ市の火災バランガイ・ラバンゴンBarangay Labangon, Cebu City~バランガイ・グアダルーペの海方向隣。

(注)ラプラプ市の火災バランガイ・ポソックBarangay Pusok, Lapu-Lapu City~ニューブリッジの麓の地域。

セブ市の火災は21日日曜午前1時過ぎに発生、少なくとも33軒が消失し、59家族、245人が焼け出された(a fire devoured at least 33 houses in Sitio Kamanggahan, Barangay Labangon, in Cebu City past 1 a.m. on Sunday。245 persons from 59 families affected)。

焼け出された245人の内44人は福祉施設でマッサージ技術等の研修を受講している盲目の人達という(among those affected by the Labangon fire were 44 blind persons who were undergoing skills training at the Department of Social Welfare and Development in Central Visayas (DSWD-7) in the area)。

盲目の夫婦の借室からの失火であるが、失火原因は分かっていない(Molina said investigators have yet to determine the cause of the fire that started at the rented room of blind couple Dario and Joy Cabugngan)。

オーナーは、失火前に盲目の夫と誰かが激論をしているのを聞いたという(Justina Estrada, the owner of the rented room, said she overheard Dario having a heated argument with another person inside his room shortly before the fire broke out)。

妻はラプラプ市の親戚の家に行き留守だった(his wife was away visiting relatives in Lapu-Lapu City)。

失火は盲目の夫の責任であろう、火災後に行方不明になっていることでそれが分かる、とのこと(Dario should be blamed for the fire. His decision not to return here proves it)。

ラプラプ市の火災は21日日曜午前2時過ぎに発生、約130軒が消失し、300家族、1500人が焼け出された(About an hour later, at past 2 a.m., another fire engulfed a densely populated community in Sitio UPA Matumbo, Barangay Pusok, Lapu-Lapu City, leaving about 1,500 persons from around 300 families homeless after some 130 houses were razed to the ground)。

焼け出された1500人の内350人が12歳以下の子供という(Of those displaced in the Pusok fire, around 350 were children ages 12 and below)。

失火原因は放置されたロウソクの火だろうという(Senior Fire Officer 1 Climaco Salisid of the Lapu-Lapu City Fire Central District said their initial investigation pointed to an unattended lighted candled at the second floor of the house owned by Francisca Nacional as the cause of the fire)

火元の家は電気代を滞納し電気を止められることが多く、ロウソクや灯油ランプを使っていたという(Neighbor Edgar Degit said the Nacional household often had their electricity disconnected due to unpaid bills and had been using candles and kerosene lamps to light their house at night)。

(5月22日)

23.ラマダン月のテロについて注意喚起、交通ストによる混乱は無し

昨日22日月曜在フィリピン日本大使館が、比在住の日本人や旅行者に対しラマダン月のテロについての注意喚起を発した。

5月27日(土)頃から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たるが、近年,ラマダン期間中に多数のテロが発生しているので注意せよとのこと。


昨日22日ジプニー組合のピストンが交通スト、デモ行進を行ったが、セブ市、マンダウエ市、ラプラプ市等で交通混乱は発生しなかった。セブ市が足止めされた乗客のために用意したカオシュン・バス6台は使用されずに済んだ(Transport strike fails to affect traffic。THE transport strike yesterday did not disrupt traffic in Cebu City, an official said。Cebu City Transportation Office (CCTO) operations head Francisco Ouano told SunStar Cebu that none of the six Kaoshiung buses placed on standby by the City Government to ferry stranded passengers for free was used。The movement of commuters in the cities of Mandaue and Lapu-Lapu was also normal)。

ピストンは交通を混乱させない、と事前に表明していた。デモ行進には50~70人のピストン・メンバーが参加しバイク10台、ジプニー15台の隊列に留まった(Glenn Antigua, chief for operations of the Traffic Enforcement Agency of Mandaue (Team), said Piston earlier promised to him that they would not paralyze public transportation。Antigua estimated about 50 to 70 Piston members joined the activity, which they called a “transport caravan.” 。The drivers and operators used 10 motorcycles and 15 public utility jeepneys during the activity)。

(参考)【領事班からのお知らせ】 ラマダン月のテロについての注意喚起(外務省広域情報)

                                  平成29年5月22日掲載

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

                                  在フィリピン日本国大使館

ラマダン期間を前に,外務省から広域情報が発出されました。詳しくは下記をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・

本情報は,同居家族の方にも共有していただくと共に,同居家族の方が本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,または当館メールマガジンに登録をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・

2017.05.22 ~海外安全情報(広域情報)~

件名:ラマダン月のテロについての注意喚起

【ポイント】

●5月27日(土)頃から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。

●近年,ラマダン期間中に多数のテロが発生しています。最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】

1 5月27日(土)頃から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の開始は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

2 イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,2015年及び2016年にラマダン月の間にテロを呼びかける声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。

特に昨年は,邦人を含む多数の犠牲者が出たバングラデシュでのダッカ襲撃テロ事件や,トルコのイスタンブールでアタテュルク国際空港の襲撃(45人が死亡,200人以上が負傷)などのテロ事件が発生しています(過去2年の主なテロ事件は別添を参照して下さい)。

また,最近は,爆弾や銃撃に加えて,車両やナイフを使用したテロや放火,窃盗など簡単に一般人を多数殺傷できるテロが呼びかけられています。

3 本広域情報発出時点で同様の声明は確認されていません。しかし,近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。

(1)最新の関連情報の入手に努める。

(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。
 (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,ナイトクラブや映画館等の娯楽施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。

(3)金曜日に注意して下さい。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがあります。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たります。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。

(以下略)

(5月23日)

24.ミンダナオ地方全域に戒厳令

 マラウィ市における政府軍とマウテ・グループの交戦を受け昨日23日火曜午後10時ドゥテルテ大統領はミンダナオ地方全域に60日間の戒厳令を布告した(President Duterte put the whole island of Mindanao under martial law as of 10 p.m. of May 23, following violent clashes between government troops and members of the Maute group in Marawi。The martial law declaration for the island lasts for 60 days, according to presidential spokesperson Ernesto Abella。 it covers the whole island of Mindanao and island groups in the region)。

(注)マラウイ市~ ミンダナオ島の西部の南ラナオ州(Province of Lanao del Sur)の州都。

(注)マウテ・グループ~ MILF(モロ・イスラム解放戦線、Moro Islamic Liberation Front)から分かれ現在はIS系とされているテロ・グループ。アブドゥラ・マウテ(Abdullah Maute)が率いる。

ロシア訪問中で当地における活動にまだ入っていなかったドゥテルテ大統領は4日間の日程を短縮する(The development also prompted Mr. Duterte to cut short his four-day official trip to Russia before he had embarked on any of the activities on his schedule)。

プーチン大統領、メドベージェフ首相との会談を延期することとし、プーチン大統領との電話会談を行うことを計画している、 とアラン・カエタノ外務大臣は語った(His meeting with Russian President Vladimir Putin and Prime Minister Dmitry Medvedev will be postponed, but a phone call between Mr. Duterte and Putin is being planned, according to Foreign Affairs Secretary Alan Cayetano)。

交戦はマラウィ市のみだが他のミンダナオ地方も問題があるので同地方全体に戒厳令を敷くこととした、と大統領に随行してロシア滞在中のデルフィン・ロレンザーナ国防大臣は説明している(Defense Secretary Delfin Lorenzana said the whole island of Mindanao was put under martial law even if the clashes were only in Marawi because there are also problems in other parts of the island)。

また、戒厳令の布告は人身保護令状の停止、夜間外出禁止、検問所の設置を必然的に伴う、としている(Defense Secretary Delfin Lorenzana, who is in Russia with the members of the Cabiner, said the declaration would entail the suspension of writ of habeas corpus, curfews and setting up of checkpoints)。

(注)人身保護令状の停止~裁判所の令状 なしに容疑者を逮捕できる。人身保護令状の停止が適用されるのは、暴動や侵略関係容疑者のみ(The suspension of the privilege of the writ of habeas corpus shall apply only to persons judicially charged for rebellion or offenses inherent in, or directly connected with, invasion)。人身保護令状の停止中に逮捕または拘留された者は三日以内に起訴するか、そうでない場合は釈放しなければならない(During the suspension of the privilege of the writ of habeas corpus, any person thus arrested or detained shall be judicially charged within three days, otherwise he shall be released)。

武装したマウテ・グループは、市役所、病院、刑務所を襲撃占拠し、教会、刑務所、学校等の建物に火を付けているという(Officials said the gunmen occupied the city hall, a hospital and a jail and burned several houses in a daring attack。He said that among the structures confirmed to have been set on fire are St. Mary's Church, the city jail,Ninoy Aquino school and Dansalan College)。

マウテの戦士は、マラウイ市のケソン通り等のメインストリート、同市への2本の橋をまだ占拠している("Maute fighters still occupy the main street of Marawi City... Quezon Street and two bridges into the city," the Defense secretary also said)。

全市は停電し、あらゆる場所にマウテの狙撃兵がいる(He said that there is no power in the entire city and that there are Maute snipers "all around.”)。

増援隊が既にザンボアンガとマニラから送り込まれている(Lorenzana said reinforcements have already been sent to Marawi City, with more troops coming in from Zamboanga City and Manila)。

現行の1987年憲法は、侵略や暴動が発生した場合治安維持のため戒厳令を布告する権限を大統領に与えている(Under the 1987 Constitution, the president can declare martial law "in case of invasion or rebellion, when the public safety requires it.” )。

大統領は戒厳令を布告した場合は48時間以内に議会に直接本人から又は書面で報告するよう義務付けられている(The president must also submit a report to Congress, whether in person or in writing, within 48 hours of the declaration)。

議会が戒厳令の発動や人身保護令状の停止に反対の場合、通常国会または特別国会において、上下両院合同会議のあわせて議員全体の過半数以上による投票があれば、戒厳令の発動や人身保護令状の停止を取り消すことができる(If Congress does not agree that martial law should be declared or the writ of habeas corpus suspended, it can "voting jointly, by a vote of at least a majority of all its members in regular or special session" revoke the proclamation or suspension)。

戒厳令の発動や人身保護令状の停止は、侵略や暴動が続き治安維持の必要がある場合において上下両院合同会議のあわせて議員全体の過半数以上による賛成がなければ60日を超えて延長できない(No declaration of martial law or the suspension of the writ of habeas corpus can last for more than 60 days unless a majority in Congress, again voting jointly, votes to extend it "if the invasion or rebellion shall persist and public safety requires it.”)。

昨年9月のダバオ市における爆弾事件以来フィリピン全土は国家非常事態宣言が出された状態が続いている(The entire Philippines has been under a state of national emergency since the Davao City bombing in September 2016)。

前回の戒厳令は、2009年12月4日のマギンダナオの虐殺事件を受け同州にアロヨ大統領が出したが、同月12日に解除された(The last Philippine president to declare martial law was Gloria Macapagal-Arroyo, who did so in Maguindanao on Dec. 4, 2009 in the aftermath of the Ampatuan massacre。Martial law in the province was lifted on Dec. 12. 2009)。

(5月24日)

25.治安部隊7人マウテ・グループ13人死亡~マラウィ市

 マラウィ市における武装グループ掃討作戦が続いているが、昨日24日水曜夜までの交戦で治安部隊7人(軍人5人、警官2人)マウテ・グループ13人が死亡した、と国軍広報官は語った(At least seven government forces, including two police officers, were killed as security forces continued to battle the Maute Group to clear Marawi City of the armed men。Lt Col Edgard Arevalo, Armed Forces of the Philippines public affairs chief, said late Wednesday 13 Maute Group members were killed)。

なた国軍の広報官は、治安部隊は占拠されていたアマイ・パクパク病院、マラウィ市役所、ミンダナオ国立大学を昨日までに解放した、としている(“We have already cleared the Amai Pakpak Hospital, the Marawi City Hall and the Mindanao State University,” said Arevalo)。

国家警察長官は、電気と携帯電話電波が切断されていて情報が入りにくいのだが、まだ全市を解放できてはいない、としている(“The power and cellphone signal is intermittent that is why we are not getting reports but the city is not totally cleared,” said Dela Rosa)。

西ミンダナオ方面軍司令官は、マラウィ市から武装グループを掃討するのに控えめに見積もっても更に2~3日かかる、と言っているとのこと(Quoting Major General Carlito Galvez, head of the Western Mindanao Command, Arevalo said a conservative estimate is that the military “will be needing two to three days before they would clear the area.”)。

マウテ・グループは50人から80人の間とのこと(Arevalo said the Maute Group is “more than 50 but less than 80.”)。

占拠されて狙撃兵に守られている特定施設を奪回するには慎重を要し特殊部隊を投入する必要がある、と軍はオブラートに包んだような言い回しをしているが、どこかの施設で人質をとられているらしい(Arevalo said the situation in Marawi City is “under control”. But he said “the challenge to us here is how we can recover the installations that they have reportedly occupied and they have snipers deployed in the area that is why we have to be very careful。“That is why the forces that we deployed there are the special units because we… need to recover these areas,” he added。Arevalo did not say what these installations are)。

マラウィ市における戦闘は23日火曜午後に勃発しているが、警察と軍が(隠れ家に行き)アブサヤフのリーダーのイスニロン・ハピロンに対する逮捕状を執行しようとしたことが発端とのこと(the fighting in Marawi City started Tuesday afternoon as police and military were moving to serve a warrant of arrest on Abu Sayyaf leader Isnilon Hapilon)。

(注)イスニロン・ハピロンIsnilon Hapilon~ウイキペディアは、イスニロン・ハピロンはフィリピンのイスラム国の首長としている(Isnilon Totoni Hapilon (bornMarch 18, 1966), also known as Abu Abdullah al-Filipini is the emir of the Islamic State forcesin the Philippines.)。今年1月25、26の両日、フィリピン軍はミンダナオ島の南ラナオ州でイスラム過激派アブサヤフやマウテを狙った空爆を実施し、戦闘員15人を殺害し、この時イスニロン・ハピロンを負傷させ重体にしたとしていた。その後イスニロン・ハピロンはマラウィ市へ逃げ込んだと見られていた。

一方、昨日24日水曜ロシアから帰国したドテルテ大統領はマニラ空港において、もしミンダナオの暴力や暴動が他地域へ波及することがあったら戒厳令を全国に拡大する、と警告した(President Rodrigo Duterte warned on Wednesday the declaration of martial law might be expanded to the whole Philippines if violence and rebellion in Mindanao escalate to other parts of the country)。

大統領は、エドゥアルド・アニョ参謀総長を戒厳令執行責任官に任命し彼の定年を6ヶ月延長した。アニョ 参謀総長は軍を引退し6月2日に内務自治大臣に就任する予定だった(Duterte appointed Armed Forces of the Philippines chief of staff General Eduardo Ano as the administrator of martial law, adding that his tour of duty is extended for six more months。Ano was supposed to retire from the military next week and assume the interior and local government portfolio)。

大統領は、武装グループはマラウィ市に行く途中で近隣の警察署長の首をはねた可能性がある、と語った(According to Duterte, the militants could have been "decapitated" the chief of police of a nearby town who just went to Marawi City)。

また大統領は、ミンダナオ西部の各州に夜間外出禁止令を出す可能性があるとも述べている(Duterte said he might also declare curfew in certain parts of Mindanao, such as Lanao del Sur, Lanao del Norte, Maguindanao, Sultan Kudarat, North Cotabato, Zamboanga, Basilan, Sulu and Tawi-Tawi)。

大統領は、武装グループがビサヤ地方へ移動しないよう警戒せよ、と国軍特に海軍に命じた(He said he also ordered the military, especially the Navy, to ensure that the militants could not reach Visayas)。

(5月25日)

26.マウテ・グループ31人治安部隊13人死亡~マラウィ市

 昨日25日木曜までで治安部隊と武装グループとのマラウィ市における交戦でマウテ・グループの31人が死亡、治安部隊の13人が死亡した、と軍が発表した(At least 31 members of the Maute terrorist group have been killed in ongoing gunbattles in Marawi City, the Armed Forces of the Philippines’ Western Mindanao Command (WESMINCOM) said on Thursday。Six more soldiers died in fresh clashes earlier Thursday, bringing the death toll on the government side to 13)。

バランガイ・キララでは16人の民間人が救出されたとのこと(Meanwhile, 16 civilians were rescued in clearing operations in Barangay Kilala)。

マウテ・グループはあちこち動き回って建物を占拠している、と軍の報道官は言う(Herrera said the Maute Group are moving from one place to another and occupying establishments)。

アブサヤフとマウテ・グループは合同で治安部隊に対している(The Maute and Abu Sayyaf have reportedly joined forces against the government)。

軍はマラウィ市で正確な空爆も行っている(The military is using “precision air strike” in areas in Marawi City)。

軍は、アブサヤフのリーダーのイスニロン・ハピロンを含め残り30~40人のテロリスト達を追い詰めているという(Herrera said the military are pursuing around 30 to 40 terrorist members within the city, including Abu Sayyaf leader Isnilon Hapilon)。

諜報機関の情報によると、イスニロン・ハピロンは目撃されている、ハピロンのグループはマラウィ市にいる、とのこと(“According to our intelligence reports in the communities, he (Hapilon) is sighted. Their group are still here,” he said)。

ミンダナオ地方に戒厳令が敷かれたのを受け、治安は保たれているもののビサヤ地方の国軍は警戒態勢に入っている(The Armed Forces of the Philippines has placed its units in the Visayas on alert even as military officials assured that the peace and order situation in the Visayan provinces is stable and under control following the declaration of martial law in Mindanao)。

セブ市の警察は検問所を設けて無作為に旗を振って車両を止め荷物検査等を実施している(Police will flag down vehicles ー whether private or public ーat random for inspection)。

全車両を止めると交通渋滞を招くので選んで検査している、とセブ市警察本部長は説明している(“Our policemen randomly select vehicles for inspection。We just could not stop all vehicles as it will cause heavy traffic,” Doria told Cebu Daily News on Thursday)。

(5月26日)

27.マラウィ市の武装グループに外国人=イスラム国構成員

 マラウィ市襲撃のマウテ・グループの中に外国人テロリストが混じっており、殺害された者の中に外国人が入っている、と昨日26日金曜政府高官が明らかにした(Foreign terrorists have joined local terror Maute Group in attacking Marawi City and they were among those killed, government officials said on Friday)。

ホセ・カリダ検事総長は、ミンダナオの反乱は地元の人間だけのものではない、とダバオ市における合同記者会見で述べている(In a joint press conference in Davao City, Solicitor General Jose Calida said the rebellion in Mindanao is not localized)。

”ミンダナオの事件はもはやフィリピン人のみによる反乱ではない。イラクやシリアへ行くのが難しかったらフィリピンへ行こう、とのイスラム国の呼びかけに応じた外国人テロリストの侵略という様相に一変している”とカリダ検事総長は言う("What’s happening in Mindanao is no longer a rebellion of Filipino citizens. It has transmogrified into invasion by foreign terrorists who heeded the clarion call of the ISIS (Islamic State of Iraq and Syria) to go to the Philippines if they find difficulty in going to Iraq or Syria," Calida said)。

パディリア国軍報道官は、マラウィ市襲撃の武装グループの中にインドネシア人、マレーシア人、シンガポール人が混じっていた、と説明する(Armed Forces of the Philippines spokesman Brig. Gen. Restituto Padilla Jr. said there have been Indonesians, Malaysians, and Singaporeans in the Marawi attack)。

12人の死亡した武装集団の約半数は外国人テロリストであるという確かな情報がある、マレーシア人、インドネシア人等だ、と報道官は語る("There is a certain information that we received which confirmed the killing of 12 members of this group and about half of that number are foreign terrorists. Malaysians, Indonesians, and one other which I could not remember," he said)。

これらのテロリストは国境に穴が多いからフィリピンに侵入できる、と報道官は言う(Padilla said the foreigners were able to enter the Philippines because of its porous borders)。

アベラ大統領府報道官は、米国及びロシアからフィリピンのテロ対策を支援したいとの申し出があった、と述べた(Presidential Spokesperson Ernesto Abella said the United States and Russia have offered assistance in the Philippine counter-terrorism effort)。

一方、ドゥテルテ大統領は上下両院へ戒厳令公布の報告を行ったが、この中でマウテはミンダナオ地方にイスラム国を樹立する基礎を築こうとしている、と述べている(Duterte's report to Congress: Maute preparing groundwork for establishment of ISIS in Mindanao)。

外国の支援を得たマラウィ市のマウテ・グループの暴虐は単に力の誇示だけではなくイスラム国の権力の座を築こうとするものであると大統領は述べ、ミンダナオにおける戒厳令の公布を正当化している(President Rodrigo Duterte has justified his declaration of martial law in Mindanao, saying the atrocities shown by the foreign-assisted Maute Group in Marawi City were not simply a display of force but to establish the seat of power for the Islamic State of Iraq and Syria (ISIS))。

大統領が上下両院へ提出した7ページの報告書にそのように述べられているとのこと~大統領が戒厳令を布告し 人身保護令状特権を停止した場合、48時間以内に議会に報告しなければならないと憲法に規定されている(This was contained in the 7-page report that he submitted to both Houses of Congress as mandated by the Constitution for his proclamation of martial law and suspension of the privilege of the writ of habeas corpus)。

”そのような活動は単に力の誇示だけではなく全ミンダナオ地方にイスラム国を樹立しようという計画に沿ってマラウィ市にグループの権力の座を築こうとする明らかな企てである、と大統領は述べる("These activities constitute not simply a display of force, but a clear attempt to establish the group's seat of power in Marawi City for their planned establishment of a DAESH (ISIS) wilayat or province covering the entire Mindanao," he said)。

23日火曜以来マウテの兵士は、病院、学校、教会、刑務所等を焼き、彼等の占拠地区にイスラム国の旗を掲げている(The Maute militants burned hospital, school, church, and city jail among others when they started occupying Marawi on May 23。They also raised the flag of ISIS in those areas)。

国会に提出された諜報機関の報告によると2016年末で、完全武装し目的達成に向けて戦闘可能な約263人のマウテ・グループ構成員がいる(He cited in the report to Congress that based on verified intelligence reports, the Maute Group, as of the end of 2016, consisted of around 263 members, fully armed and prepared to wage combat in furtherance of its aim)。

マウテ・グループの活動の中心は南ラナオ州だが、彼等はジェマ・イスラミア、ムジャヒディン・インドネシア・ティモール、アブサヤフ等内外の武装グループとの広範なネットワークと結合をもつ(The group chiefly operates in the province of Lanao del Sur, but has extensive networks and linkages with foreign and local armed groups such as the Jemaah Islamiyah, Mujahidin Indonesia Timur and the local Abu Sayyaf Group)。

外国のテログループ、特にイスラム国、違法麻薬グループはマウテに財政支援や兵站支援を行っている、と大統領は特筆する(Duterte noted that foreign-based terrorist groups, ISIS in particular, as well as illegal drug money, provide financial and logistical support to Maute)。

(5月27日)

28.カトリックが人質解放の呼びかけ~マラウィ市

フィリピン・カトリック 司教協議会は、マラウィ市の神父を含むカトリック教徒の人質の解放についてイスラム・リーダーと連携を取っている(The Catholic Bishop’s Conference of the Philippines (CBCP) is coordinating with Muslim leaders to help with the release of Catholic hostages, including a priest, held by the Maute group in Marawi City, Lanao del Sur)。

スガノブ神父と信者達は、先週23日火曜マラウィ市を襲撃したマウテ・グループによって人質にとられている(Fr. Chito Suganob and church-goers were hostaged by the Maute group that attacked Marawi City last Tuesday)。

コタバト大司教オーランド・ケベド枢機卿は、ラジオを通じてテロリストに対して人質に危害を加えないようにと呼びかけるとともに、イスラム・リーダーに対して人質救出についての支援を求めている(Over Catholic-run Radio Veritas, Cardinal Orlando Quevedo of Cotabato appealed to the terrorist group not to harm the hostages, and called upon Muslim leaders for help)。

先週フィリピン・カトリック 司教協議会のソクラテス・ビイェガス会長(リンガイェン・ダグパン教区の大司教)は、マウテ・グループが聖マリア大聖堂に侵入し人質をとったことを確認した(Last week, the president of the Catholic Bishops’ Conference of the Philippines, Lingayen-Dagupan Archbishop Socrates Villegas, confirmed the capture of the hostages after the Maute group entered the Cathedral of Saint Mary)。

カトリック 司教協議会の報道官は、人質が何人いるか確認できていない、とテレビのインタビューで語っている(Fr. Jerome Secillano, CBCP Public Affairs Office chief, said in a television interview they had yet to confirm the exact number of hostages taken)。

(注)人質の人數~26日金曜イスラム・ ミンダナオ自治区のハタマン知事は、人質は15人と語っていた(Members of the Maute group have taken 15 people in Marawi City hostage, a News TV Live report said Friday, citing Autonomous Region in Muslim Mindanao (ARMM) Governor Mujiv Hataman、 KBK, GMA News、May 26, 2017 4:06pm)。

(5月28日)

29.民間人19人を含め95人死亡~マラウィ市

 昨日28日日曜午後の軍の発表によると、23日火曜から昨日までのの6日間の治安維持軍とマウテ・グループとの戦闘で95人が死亡したとのこと(A total of 95 people have been killed as fighting between government troops and Maute group continued for the sixth day in Marawi City, the military reported Sunday。 ALG, GMA News、May 28, 2017 6:16pm)。

テロリストの死亡は61人、パディリア国軍報道官発表(A radio dzBB report citing data from AFP spokesperson Brig. Gen. Restituto Padilla, the military has already killed a total of 61 terrorists)。

テロリスト61人の内42人は軍が確認し、19人は戦闘のあった地域の目撃者からの情報による(The report said that 42 of the slain terrorists were based on accounts by troops and the remaining 19 were based on information from witnesses in area where fighting between the Maute group and troops erupted)。

治安維持軍の死者は15人で、兵士11人、警官4人(Padilla, meanwhile, reported that a total of 15 government troops have been killed in clashes in the city。Eleven of the government's fatalities were members of the AFP and four were from the Philippine National Police)。

マウテ・グループにより殺害された民間人の死者は19人(The same report said that a total of 19 civilians have been confirmed killed by the Maute group)。

CNN Philippinesの取材によると、ミンダナオ大学から300メートル離れたところでテロリストによって殺害されたらしい4人の男性、3人の女性、1人の子供の遺体が発見されたとのこと(In an interview with CNN Philippines, the civilian body count included four men, three women and a child allegedly killed by terrorists, and found 300 meters away from the Mindanao State University。 Updated 20:08 PM PHT Sun, May 28, 2017)。

別の8人の遺体はイリガンとマラウィを結ぶ道路沿いの峡谷で昨日朝発見された(In a separate incident, eight other people were found dead in a ravine along the Iligan-Marawi road on Sunday morning)。

目撃者によると、この8人の犠牲者は昨日朝6時マラウィからイリガンへ避難する人々の内イスラムのお祈りを唱えられなくて武装グループに連れ去られた人達という(Witnesses said the victims, who were fleeing to Iligan City at 6 a.m., were reportedly asked to recite Muslim prayers。 Those who failed to recite them were taken by the armed men)。

(5月29日)

30.マラウィ市のほとんどは軍の管理下にある

 ”ソーシャルメデア等のフェイク・ニュースに反して我々はマラウィ市を完全に管理下においている。市の半分は反乱軍の管理下にあるという情報は真実ではない、全くの虚偽だ。国軍、警察等の治安維持軍は、武装グループが保持している特定の地域を除き市のほとんどを完全な管理下に置いている。”、とパディリア国軍報道官は語っている("We have complete control of the city, by the way, contrary to what is coming out in social media and other information, perhaps some fake news. It is not true that half of the city is controlled by the rebels, totally untrue. The Armed Forces and the police and all armed---our forces are in complete control of the city except for a certain areas of the city where they continue to hold," Padilla said)。

少なくとも61人のマウテ・グループが死亡したが、あと何人マラウィ市に武装グループが残っているか不明とのこと(Padilla could not say how many Maute militants have remained in Marawi)。

暴動の初日23日火曜にテログループは刑務所に火をつけ100人以上の受刑者を解放したので、テログループの人数は増えているかもしれないという(But he said the number could have increased after the terror group freed over 100 prisoners in jail, which they burned during their first day of their occupation of the city)。

治安維持軍は、共産党新人民軍やバンサモロ・イスラム自由戦士等の無法者グループの監視をしてきている。パディリア国軍報道官によると、バンサモロ・イスラム自由戦士はマラウィ市の暴動の一翼を担っている、とのこと(Padilla said the state security forces have been monitoring the communist New People's Army and the other lawless groups, such as the Bangsamoro Islamic Freedom Fighters。According to him, the BIFF has been part of the Marawi incident)。

”バンサモロ・イスラム自由戦士はマウテの暴動の支援をしているし、陽動作戦行動を起こそうとした”と報道官は語る("They have been providing some sort of support and they in fact have tried to cause some diversionary activities in the areas where they are right now," he said)。

フィリピン共産党の司令を受けている新人民軍は戒厳令公布後治安維持軍への攻撃を強めているが、軍は迎え討つ体制を整えているし市民を守ることを保証する、と報道官は言う(As to the NPA, which was directed by the Communist Party of the Philippines to intensify attacks against the security forces following the martial law declaration, he assured that the military is ready to counter them and to protect the people)。

デルフィン・ロレンザーナ国防大臣は、政府は6月1日木曜までにマラウィ市におけるマウテ-ISISテログループを一掃することを目標にしている、と語った(The government is targeting to clear the city of Marawi from Maute-ISIS terrorist group members by Thursday, Defense Secretary Delfin Lorenzana said Monday)。

(5月30日)

31.雨季入り宣言~昨日30日火曜

昨日30日火曜フィリピン気象庁は雨季入りを宣言した(The rainy season has started, state weather bureau PAGASA said Tuesday)。

気候タイプ1(西海岸地方)に属する8観測所の内の5観測所の直近5日間の総雨量が25ミリ以上という雨季入りの判定基準に達したので雨季入りを確認できたとのこと(In a statement, PAGASA said widespread rainfall recorded in the last 5 days confirmed the onset of the rainy season)。

南西の季節風に伴う断続的な降雨、連続的な降雨、雷雨がメトロ・マニラや西海岸地方に影響を及ぼし続ける、とのこと("Intermittent to continuous rains and thunderstorms, associated with the Southwest Monsoon, will continue to affect Metro Manila and the western section of the country," the statement read)。

殆どの地域で6月と7月は平年並みか平年以上の降雨が予想される("Most parts of the country are likely to experience near to above normal rainfall conditions in the next two (2) months (June-July).”)。

北太平洋高気圧の縁がフィリピンに張り出すこともあるので、その時は晴れ間が覗く(The weather bureau added that breaks in the rain events may also occur due to the "persistence of the ridge of the North Pacific high pressure area.”)。

先週24日水曜には南西の季節風の開始が宣言されていた(The weather bureau announced last Wednesday the start of southwest monsoon)。

(参考)気候タイプ1~フィリピンの気候は地域別に4タイプに分類される

- Type 1 、違いのはっきりした2シーズンがある。11月~4月が乾季、その他の月が南西の季節風に伴う雨季。マニラ等の西海岸地方( Two pronounced seasons: Dry from November to April, Wet rest of the year)。

- Type 2 、乾季がなくて11月~1月に北東の季節風に伴う降雨が多い。東海岸地方。 (No dry season, but with heavier rainfall from November to January)。

- Type 3 、 乾季、雨季の違いが際立ってはいない。11月~4月は比較的乾いていて、その他の月は比較的湿潤。セブ島等の西海岸地方の東隣りの地方(Seasons are not very pronounced, relatively dry from November to April, and wet during the rest of the year)。

- Type 4 、各月の雨量が1年を通し平均している。ボホール島等東海岸地方の西隣りの地方(Rainfall is more or less evenly distributed throughout the year)。

(参考)気候タイプ1に属する8観測所(西海岸地方)

Laoag、 Vigan、Dagupan、Iba、San Jose Mindoro、Metro Manila、Ambulong、Iloilo

(参考)雨季入りの判定基準

気候タイプ1に属する8観測所の内の少なくとも5観測所の直近5日間の総雨量が25ミリ以上であること

又は1日1ミリ以上の降雨が気候タイプ1に属する8観測所の内の少なくとも5観測所で3日連続で続くこと

In order for the agency to officially declare the onset of the rainy season, the following conditions must be present:

1. A total rainfall amount of 25 millimeters or more in a five-day period or at least 1 millimeter of rainfall per day in three consecutive days.

2. Criterion #1 must be met in at least five of the following climate Type 1 stations:
* Laoag
* Vigan
* Dagupan
* Iba
* San Jose, Mindoro
* Metro Manila
* Ambulong
* Iloilo

In order for Metro Manila to be counted, at least 2 out of 3 Metro Manila stations (Science Garden, Port Area, Sangley Point) must have met the first condition.

(5月31日)

(1) (2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10) (11) (12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20) (21) (22)(23)(24)(25) (26) (27)(29)(30)(31) セブのトップ