1.アセアン会議場シャングリラ・マクタンとラディソン・ブル
2.2歳男児が電柱で感電死
3.今週アセアン会議~携帯電話電波停止や交通規制等
4.昨日3日朝の4時間の降雨でメトロ・セブ洪水
5.路上生活者を隠す~セブ市・マンダウエ市・ラプラプ市
6.夏が来た~アミハンの終結宣言
7.セブ国際会議センター避難の被災者への土地割当始まる
8.聖週間に警官1300人配置~セブ市警
9.大統領府がセブ市長に行政事件訴訟釈明書提出命令
10.米国大使館が自国民にセブ、ボホール等渡航自粛勧告
11.国家警察長官が誘拐の脅威を認める
12.アブ・サヤフと治安部隊が戦闘9人死亡~ボホール島
13.ボホール島でアブ・サヤフのサブ・リーダーを殺害
14.低気圧域接近で週末の海の旅はリスキー
15.低気圧域が熱帯低気圧クリシングに発達
16.セブ島北部も警報1発令~1764人足止め
17.復活祭の洪水で9人死亡
18.セブ市のホテル滞在のバシラン州からの公務員に特別機動隊出動
19.懸賞金10万ペソ~ボホールのアブサヤフ逃亡犯の情報提供
20.アブサヤフ生死にかかわらず捕まえたら百万ペソ賞金
21.アブサヤフは余命幾ばくもない~国家警察長官
22.オランゴ島で覆面武装の2人を目撃~アブサヤフではない
23.2回の新たな銃撃戦でアブサヤフ4人死亡~ボホール
24.アブサヤフを救出に来た女性警察幹部を逮捕~ボホール
25.女性警官と運転手は国家警察の本庁送り
26.女性警官達は爆発事件を計画か~爆弾材料発見
27.オランゴ島の覆面武装2人は漁師と確認、本日27日ラプラプ市休日
28.アブサヤフが農夫に食料等求める
29.ノブレザ警視はアブサヤフに潜入したスパイか?
30.なぜボホールを襲う?石炭船警護が1要因

4月のセブ

1.アセアン会議場シャングリラ・マクタンとラディソン・ブル

 アセアンの金融関係会議は2日から8日までラプラプ市のシャングリラ・マクタン・リゾート・アンド・スパで開催され、防衛関係会議は3日から7日までセブ市のラディソン・ブル・セブで開催されるとのこと(the Asean finance meeting will be held at the Shangri-La’s Mactan Resort and Spa from April 2 to 8, while the defense meeting will be at the Radisson Blue Cebu in Cebu City from April 3 to 7)。
 2ヶ所の会議に出席する230人の代表は、家族を伴い今日1日土曜から到着しだす(the delegates, accompanied by family members, will start to arrive today。Some 230 delegates will attend the two meetings that will be held here)。
 警備の警官はラプラプ市300人、セブ市700人が配置され、警察犬26匹も用意された(about 1,000 police officers, including 300 from the LLCPO, will secure areas where the delegates will be staying, venues of the meetings and roads leading to these places。SOME 700 police officers will be deployed in Cebu City for the Association of Southeast Asian Nations (Asean) meetings。Some 26 K9 dogs were also deployed yesterday)。
 携帯電話の電波停止の有無については、セントラルビサヤ管区警察からまだ発表されていない(if the Police Regional Office (PRO) 7 director deems it necessary, then we'll do it)。
 (注)今年1月のシノログ祭りとミス・ユニバース水着審査の際には、セブ市とラプラプ市の携帯電話の電波が停止されている。
 (参考)金融、中央銀行関係会議 ASEAN Finance and Central Bank Deputies Meeting (AFCDM); ASEAN+3 Finance and Central Bank Deputies Meeting (AFCDM+3); ASEAN Finance Ministers Meeting (AFMM); ASEAN Central Bank Governors Meeting (ACGM); ASEAN Finance Ministers and Central Bank Governors Meeting (AFMGM) (参考)防衛関係会議 1st ASEAN Defense Senior Officials' Meeting (ADSOM) and ADSOM-Plus Meetings

(4月1日)

2.2歳男児が電柱で感電死

 1日土曜午前11時半頃セブ市バランガイ・ティサ(バランガイ・グアダルーペの南西隣)で電柱の近くで遊んでいた2歳の男児が感電死し、姉の3歳の女児が感電負傷した(A 2-YEAR-OLD boy died while his 3-year-old sister suffered electrical shocks while they were playing near an electrical post in Sitio Tabaylawom, Barangay Tisa yesterday morning)。

 電柱は道路沿いのサブディビジョンの警備小屋の近くに立てられていた(the electrical post was installed near the guard house of a subdivision along the road)。 警告表示はなく、電柱は撤去される予定だったとのこと(There were no warning signs, and the contractor said the post was supposed to be taken down)。

2歳の男児と3歳の女児は午前11時半頃電柱の近くで遊んでいたが、男児が電柱に引きつけられ動けなくなった(Jerdick Cobrana, 2, and his sister Cherry Anne were playing in the area at 11:30 a.m. when Jerdick was sucked into the post by the electric current and got stuck)。 女児も感電した(Cherry Anne also suffered electrical shocks)。

父親が子どもたちを電柱から引き離そうとし、父親も感電したがどうにか子どもたちを電柱から引き離し病院へ運んだ(Their father Jerome, 34, tried pulling his children away from the post。He suffered shocks but managed to pull his children from the post and rush them to the hospital)。
男児は病院到着後数分で死亡(But Jerdick died after several minutes)。 この電柱は地域のプロジェクトに電気を供給するため建設業者により一時的に設置されたものという(the post was placed there by the contractor temporarily to provide electricity to a project in the area)。

(4月2日)

3.今週アセアン会議~携帯電話電波停止や交通規制等

 セントラルビサヤ管区警察によると、アセアン会議場を中心として治安維持の観点から携帯電話の電波停止はありうるとのこと。実施の有無は状況にもよるが、電波を停止する時は発表するとしている(Random mobile phone signal shutdowns where the summit will be held will also be implemented。It will depend on the situation. We will announce when the shutdown will happen)。
 メトロ・セブにおけるアセアン会議の安全確保のため、警察、消防、沿岸警備隊、フィリピン空軍等21省庁から5400人が集結している(An inter-agency security force composed of 5,400 men and women has been deployed to the different venues and in the streets of the cities of Cebu, Lapu-Lapu and Mandaue。the emergency response teams under Task Force Cebu come from 21 government agencies which include the Philippine National Police (PNP), Bureau of Fire Protection (BFP), Philippine Coast Guard (PSG), and the AFP)。

アセアン会議場となるシャングリラ・マクタンとラディソン・ブル・セブの他、代表たちの宿泊ホテルは全てマクタン島とのこと(The delegates will be billeted at Shangri-La Mactan, Be Resorts, Crimson Resort, Waterfront Hotel and Casino Mactan, Movenpick Hotel and Jpark Island Resort ? all on Mactan Island; and at Radisson Blu in Cebu City)。 道路閉鎖であるが、セブ市のラディソン・ブル・セブに面する道路へ会議時間中ジプニーは侵入できない。

ただし、夕方会議終了後は侵入できる(PUJs are not allowed to enter S. Osmena road, Juan Luna Extension and Kaohsiung Street。The stretch of road fronting Radisson Blu hotel will be opened to the jeepneys after the meetings)。 ラプラプ市は道路閉鎖を行わない(Meanwhile, in Lapu-Lapu City, there will be no road closure and rerouting that will be implemented during the summit)。

 ラプラプ市で道路閉鎖はないが、代表団が移動する際は代表団を優先的に移動させるため他の車をストップさせるとのこと(we will stop the traffic flow of the other vehicles since the convoy will be given priority to pass)。 他の車をストップさせ、代表団を優先的に移動させるのはマンダウエ市もセブ市も同じ(It will also be the same in Mandaue City and Cebu City. The convoy of the delegates will be prioritized)。
6日木曜に代表団のソグボ博物館の見学と州庁者における夕食会があるので、この時の交通混雑に注意した方がいい。 アセアン会議出席者250人の内約半数の120人がソグボ博物館を見学する(Around 120 delegates of the Association of Southeast Asian Nations (Asean) summit meetings set to be held this week in Cebu, will be treated to a tour of Museo Sugbo, located four blocks away from the iconic Plaza Independencia along M.J. Cuenco Avenue, Cebu City)。
(注)ソグボ博物館Museo Sugbo~Sugboはセブのこと。独立広場からM. J. Cuenco Avenueを北上して右側。博物館は州立で、この建物は昔刑務所だった(Museo Sugbo is the Cebu provincial museum located in the former Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center (CPDRC))。
ソグボ博物館見学は6日木曜午後4時から(the tour will be scheduled at 4 p.m. on Thursday, April 6)。 30人づつ4組に別れ見学(the delegates will be toured around Museo Sugbo in four batches of 30 delegates each)。
見学の後、セブ州主催の夕食会のため州庁舎へ向かう(the delegates will proceed to the Provincial Capitol for a dinner reception hosted by the Cebu provincial government)。 代表団のソグボ博物館、州庁舎等への異動の予行演習が本日午後4時より行われる(A dry-run for the tour will be held today at 4 p.m.)。

(4月3日)

4.昨日3日朝の4時間の降雨でメトロ・セブ洪水
  昨日3日月曜午前4時から午前8時までの4時間の降雨でセブ州のあちらこちらで洪水が発生し、マンダウエ市、ラプラプ市、セブ市の主要幹線道路で大渋滞が起こった(After four hours of rain, several areas in Cebu province were flooded and traffic congestion worsened in major thoroughfares in the cities of Mandaue, Lapu-Lapu and Cebu)。
セブ市では、主な幹線道路が膝の高さの洪水となり通勤時間帯で大渋滞が発生した(The floods also triggered vehicular gridlock in Cebu City。Commuters were forced to wade in knee-deep floodwaters along M.J. Cuenco Avenue, Sanciangko Street, Sabellano Street and Taguno area)。 洪水で運行を取り止めたジプニーがあり、多くの通勤客が足止めを食った(Dozens of commuters were stranded after some jeepney drivers refused to ply their routes due to the floods)。

 セブ市ではゴミで排水路が詰まり洪水を悪化させたという(clogged drainage due to improper disposal of garbage magnified the flooding)。 マンダウエ市では、オールド・ブリッジの麓等が膝の高さまでの洪水になり渋滞がほとんど全市に波及した(Knee-deep flood slowed down traffic, particularly at the foot of the Mandaue-Mactan Bridge in Barangay Looc, as well as in Barangay Tipolo and on A. C. Cortes Street in Mandaue City)。 エンジンが濡れて動けなくなった小型車が数台あったという(several small vehicles conked out after their engines were soaked in floodwater)。
A.C. Cortes通り(オールド・ブリッジから真っ直ぐの道路)沿いの排水路工事が洪水と渋滞を悪化させたという(The ongoing drainage works along A.C. Cortes have also contributed to the flooding and traffic congestion)。 ラプラプ市でも洪水が発生し、アセアン会議場のシャングリラ・マクタンへの道路も冠水した(A portion of the road of Barangays Ibo and Buaya was flooded。This is the road Asean delegates will use going to the Shangri-La’s Mactan Resort and Spa, the Asean venue)。

 また、ラプラプ市ではマンダウエ市のA. C. Cortes通りの洪水により運行を取り止めたジプニーが出て、多くの通勤客が足止めを食った(hundreds of passengers were stranded after several public utility jeepneys decided not to travel to Mandaue because of the flooding on A. C. Cortes Ave., near Mandaue Mactan Bridge)。 昨日の4時間の降雨量は106ミリで、平年4月の降雨量50ミリの倍以上である(The 106 millimeters of rainfall were way above normal for the month of April which averages 50 millimeters of rain)。
この降雨は北東の風と東の風の風収束によってもたらされたもので、断続的雨は明日水曜まで続くとのこと(the rains resulted from the convergence of the northeasterly and easterly winds。Expect intermittent rains until Wednesday)。

アセアン会議への出席者の移動時間は午前11時頃だったので、洪水の影響はほとんどなかったようだ(It was a good thing that the floods and traffic already subsided when the Asean convoy passed by at around 11 a.m.)。
代表団が足止めを食った報告はないという(they didn't receive any reports of delegates getting stranded)。
金融関係の会議は昨日20分遅れで午後四時にキックオフとなり、予定の時刻に終了したとのこと(This week’s series of meetings until April 7 kicked off with a debate at 4 p.m. hosted by the Bangko Sentral ng Pilipinas and the Official Monetary and Financial Institutions Forum (OMFIF) which revolved around the question ? “Is Asia bound to follow the advanced economies’ ‘new mediocre?’”。 the event started around 20 minutes late, but still ended on time)。

(4月4日)

5.路上生活者を隠す~セブ市・マンダウエ市・ラプラプ市

 セブ市の6バランガイの少なくとも200人の路上生活者がバランガイ・マボロの北埋め立て地域の旧畜殺場に一時的に収容された(At least 200 street dwellers rescued from six barangays in Cebu City are housed temporarily at the old slaughterhouse at the North Reclamation Area in Barangay Mabolo)。
収容活動の対象道路は、アセアン会議出席者たちの通行する道路(The operation was conducted to clear the ceremonial route of the ongoing meetings for the 31st Association of Southeast Asian Nations (Asean) Summit in Cebu City and Lapu-Lapu City)。
2015年のAPEC会合や2016年の国際聖体大会の時も同様な収容措置が取られた(The same thing happened to them during the International Eucharistic Congress and the Asia-Pacific Economic Cooperation meetings last year)。

 収容活動は、2日日曜夜10時から開始されたが、この活動はセブ市社会福祉サービス部、市警察、バランガイ役員等が参加した(DSWS started the nightly rescue last Sunday from 10 p.m. to 6 a.m.。In every operation, DSWS( Department of Social Welfare and Services)is accompanied by representatives from the Women’s and Children Desk of the Cebu City Police Office, Task Force for Street Children, barangay officials, and Non-Governmental Organization)。
対象6バランガイは、Barangays San Roque, Tinago, Ermita, Santo Nino, Carreta, and Parian。 収容200人の内92人が大人、70人が子供、38人が年配者(Of the 200 dwellers, 92 are adults, 70 are children, and 38 are elderly)。
市役所は旧畜殺場に収容された路上生活者たちに食事を提供する他、アセアン会議の期間中に路上に戻らないように各種プログラムを用意している(While at the slaughterhouse, the city will provide the dwellers with free food. Still, Japson admitted that the city has put programs in place so that the dwellers will not return the streets, at least, during the duration of the ASEAN Summit)。
無料健康診断、堅苦しくない講習、植樹活動等のプログラムがあるという(These include free medical consultation, informal classes, and film showing on drug awareness。The Division for the Welfare of the Urban Poor will also provide them with free chocolate milk。Today, the dwellers will participate in a tree planting activity in Barangays Malubog and Budlaan)。

(4月5日)

6.夏が来た~アミハンの終結宣言

 昨日5日水曜フィリピン気象庁は北東の季節風すなわちアミハン( Amihan)の終結を宣言した(TERMINATION OF THE NORTHEAST MONSOON、PAGASA S&T Release、PRESS STATEMENT、05 April 2017)。
北東の風が東風に変化したということ。 これをもって一般的に夏が到来した(what many Filipinos call summer is here)、正式にはhot dry seasonが到来したという(フィリピンの学校は4月、5月が夏休み)。 これから5月まで高温が続く。
フィリピン気象庁パガサは次のように説明する。 ここ数日勢いを盛り返して北及び中央ルソンに影響を与えていた北東の季節風が弱まった(The resurgence of the Northeast Monsoon that affected the Northern and Central Luzon during the last few days has weakened)。 最近の気象分析と数値モデルは、週末の北太平洋高気圧の張り出しを示している(Latest weather map analyses and numerical model outputs indicate the establishment of North Pacific High Pressure Area during the weekend)。

風向きの変化を伴う気圧系の変化は北東の季節風の終結を意味する(These changes in pressure system with accompanying changes in wind pattern signifiesthe termination of the Northeast Monsoon)。 昨年のアミハンの集結宣言は3月18日で、今年はアミハンが勢いを盛り返していたので大分遅い(Last year, PAGASA declared the onset of summer on March 18)。 (参考) フィリピンの気候は大きく雨季( rainy season、6~11月)と乾季(dry season、12~5月)に分かれる。 気温で分けると涼季(cool、12~2月)と暑季(hot、3~11月)となる。 そして、乾季(dry season、12~5月)はさらに 涼乾( cool dry season、12~2月)と暑乾(hot dry season、3~5月)に分割される。
(参考) 次のような区分の仕方もある 暑季~3月から5月(Hot Season (Tag-init) March to May) 雨季~6月から11月(Rainy Season (Tag-ulan) June to November) 涼季~12月から2月(Cold Season (Taglamig) December to February)

(4月6日)

7.セブ国際会議センター避難の被災者への土地割当始まる

 昨年2016年3月マンダウエ市の大火 ( Barangays Guizo and Mantuyong)による約2000家族の被災者がセブ国際会議センターの敷地に避難しているが、ついに土地割当権利保持の被災者への28平米づつの割当が昨日6日木曜午後始まった(THE Mandaue City Government has finally assigned a 28-sq.m. lot for each fire victim of Barangays Guizo and Mantuyong, especially those who can go back to the fire site, yesterday afternoon)。
焼け跡の土地を割り当てられた被災者は、本日7日金曜からセブ国際会議センターの敷地から焼け跡への移動を始める(Fire victims will start moving out from CICC and return to their old site today)。

 約2000家族の内で土地割当権利保持者は657人で、この内369人は焼け跡へ戻れるが、残りはラプラプ市の代替地が割り当てられる(The City Government identified 657 beneficiaries。Some 369 can go back to the fire site, while the rest will be transferred to a relocation site)。
(注)マンダウエ市は 焼け跡の土地に道路や排水溝を設ける等の再開発を進めてきたが、”1軒28平米以上という法律の定め”を遵守すると焼け跡には369軒しか戻れない( 28 square meters for each structure, which is required by the law)。
市の割当政策に反対の権利保持者は、昨日の市スポーツ文化センターにおけるくじ引きに現れなかった(a few of the beneficiaries did not show up during the drawing of lots at the City Sports and Cultural Complex yesterday)。

昨日正午50人の権利保持者とピストン・メンバーが焼け跡の再開発地に現れ市の施策に反対を表明した(At noon, around 50 beneficiaries and Piston members showed up at the developed fire site to once again show their opposition to the City’s move)。
(注)ピストンPiston~ Pagkakaisa ng Samahan ng mga Tsuper at Opereytor Nationwide=ジプニーのオーナー運転手組合。市の割当政策に反対の権利保持のジプニー運転手が仲間の組合員を動員したらしい。 昨日現れてくじを引いた権利保持者は5日間で受け入れを表明しなければならない、5日間で受け入れを表明しない場合は権利喪失となる(the beneficiary who did show up yesterday has five days to accept this or else the lot intended for him will be forfeited)。

(4月7日)

8.聖週間に警官1300人配置~セブ市警

 セブ市警察本部は、今週のアセアン会議に引き続き来週は聖週間の警備に当たる(As the meetings for the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) Summit in Cebu are about to end, the local police have turned its preparations for the Holy Week)。
約1300人の警官が教会やバス・ステーション等、人の集まる場所の警備に当たる(about 1,300 policemen will be deployed to secure areas of convergence especially in the different churches and bus stations)。
聖週間の間、警官は休暇をとれない(Not a single policeman will be allowed to take a leave during the Holy Week)。
(注)聖週間~枝の主日(Palm Sunday4月9日(日))から始まる復活祭直前の1週間(Holy Week starts with the celebration ofPalm Sunday on April 9 and ends with Easter Sunday on April 16)。
木曜から4連休
4月13日(木)聖木曜日/ Maunday?Thursday、
4月14日(金)聖金曜日/ Good Friday、
4月15日(土)聖土曜日/ Black Saturday、
4月16日(日)復活祭イースター/ Easter?Sunday。

 市警察本部長は市民に、外出したら油断するな、外出時は戸締まりをきちんとし電気器具はスイッチを切れ、などと呼びかけている(Doria called on the public to be vigilant。Doria said they must ensure that their dwelling is secure and all appliances are turned off)。
また南バスターミナルの警備責任者は、不必要な混乱を避けるため乗客はターミナル内で荷物を放置するな、と注意喚起している(Tumulak reminded the riding public to never leave unattended baggage inside the terminal to avoid causing unnecessary alarm)。

一昨日6日木曜朝南バスターミナルの中の出店で放置バッグが見つかり一騒動あった(an unattended bag left in one of the food stalls at the Cebu South Bus Terminal (CSBT) caused a stir early morning on Thursday)。 結果的に中身は衣類だったらしいが、特殊武器戦術部隊が出動する騒動になった(they immediately called the Cebu City Special Weapons and Tactics (SWAT) team to check on the bag。Based on the initial checking, the bag only contained clothes. It was brought to the SWAT office for further inspection and safe keeping)。

(4月8日)

9. 大統領府がセブ市長に行政事件訴訟釈明書提出命令
 
オスメーニャ・セブ市長が昨年訴えられた行政事件訴訟4件について、大統領府は同市長に対して釈明書を提出するよう命令を出した(The Office of the President has directed Mayor Tomas Osmena to answer the four administrative cases filed against him last year)。 セブ市の市会議員アルコバーが昨年8月24日に訴えた(Councilor Pastor Alcover Jr. filed the cases last August 24, 2016)。
同市長は3月28日に命令を受領しており、受領後15日以内に釈明書を提出しなければならない(Osmena received last March 28。Mayor Tomas R. Osmena is hereby directed to submit, within 15 days from receipt hereof)。
1期目の市会議員アルコバーは、市長が汚職取締法、刑法、公職者公務員行動倫理規範法、国旗紋章法に違反していると訴えている(Alcover, a first-term councilor, accused the mayor of violating the Anti-Graft and Corrupt Practices Act, the Revised Penal Code, the Code of Conduct and Ethical Standards for Public Officials and Employees, and Republic Act 8491 or the Flag Heraldic Code of the Philippines)。

例えば、以下のように訴えているらしい。 違法薬物容疑者を射殺した警官に賞金を出すとしたのは汚職取締法違反(allegedly enticing policemen with cash rewards to kill people involved in illegal drugs;violation of Anti-Graft and Corrupt Practices Act )。
市会議員である市長の妻マーゴットを予算金融担当副市長に任命したのは反縁故採用法違反(designating his wife, Councilor Margot Osmena, as a deputy mayor for budget and finance , which is considered nepotism;violation of the law on nepotism)。 市役所における国旗掲揚式は毎日行わなければならないのに月に1回と命令したのは、国旗紋章法違反(ordering that the flag ceremony at City Hall be held only once a month when it should be held daily;violation of Republic Act 8491 or the Flag Heraldic Code of the Philippines)。

(4月9日)

10.米国大使館が自国民にセブ、ボホール等渡航自粛勧告

 昨日9日日曜マニラの米国大使館は自国民に対し、セントラル・ビサヤ、特にセブ州ボホール州への渡航自粛勧告を出した( THE United States Embassy in Manila has issued a travel advisory Sunday, April 9, for its citizens in Central Visayas especially in Cebu and Bohol for any travel plans)。
一方、セントラル・ビサヤ管区警察局長は、セントラル・ビサヤ管区、特にセブ州ボホール州に直接的特別な脅威があるとの情報はない、としている(Talino reiterated they haven’t received any direct and specific threat for Central Visayas, particularly in Cebu and Bohol provinces)。
(参考)米国市民への安全情報:セントラル・ビサヤへの渡航自粛勧告(Security Message for U.S. Citizens: Travel Advisory for Central Visayas) テログループがセブ州やボホール州などセントラル・ビサヤで誘拐を計画しているとの未確認情報を米国大使館は入手した(The U.S. Embassy has received unsubstantiated yet credible information that terrorist groups may attempt to conduct kidnappings in Central Visayas, which includes both Cebu and Bohol provinces)。

米国市民は旅行計画を立てる際この情報に留意し、人の多く集まる場所を避け常に最新の注意を払うなど自身の保全計画を見直してください(U.S. citizens are advised to carefully consider this information as you make your travel plans, and to review personal security plans, avoid large crowds and gatherings, and remain vigilant at all times)。

米国市民やフィリピンを含む海外権益に対するテロや暴力の脅威があるという3月7日付の最新の”世界的範囲の警告”に米国市民は再度注意を払ってほしい(The U.S. Embassy wishes to remind U.S. citizens of the most recent Worldwide Caution, dated March 7, 2017, which indicates there is an ongoing threat of terrorist actions and violence against U.S. citizens and interests abroad, including the Philippines)。

過激主義者は、スポーツ・イベント、劇場、市場、エア・ラインなどの大量輸送機関、その他人の多く集まる場所を狙う(Extremists have targeted sporting events, theaters, markets, mass transportation systems?including airlines, and other public venues where large crowds gather)。
その他、混雑したナイト・クラブ、ショッピング・モール、バス、人気のレストランがターゲットになる(Crowded nightclubs, shopping malls, buses and popular restaurants have also been targets)。 米国市民は、フィリピンを旅行したり滞在したりする際自身の安全を図る予防策が大切ということを忘れないでほしい(U.S. citizens should be mindful of the importance of taking preventative measures to ensure their safety and security while traveling and residing in the Philippines?)。

(4月10日)

11.国家警察長官が誘拐の脅威を認める

 フィリピンのテロ・グループがセントラル・ビサヤで誘拐を計画しているという情報がある、ということを昨日10日月曜デラ・ロサ国家警察長官が認めた(PNP Chief Ronald Dela Rosa confirmed yesterday reports that local terror groups may stage abduction in the Central Visayas Region)。
長官は、テロ・グループの同地域における誘拐計画の存在の報告をセントラル・ビサヤ管区警察局長から受けたという(Dela Rosa said he was told by Central Visayas Police Regional Director Noli Talino that terror groups may attempt to kidnap civilians in the area)。 しかし、情報は包括的情報で具体的な情報ではなかったらしい(What the RD of PRO-7 told me was generic)。 9日日曜マニラの米国大使館は、反乱分子による誘拐の可能性があるのでセントラル・ビサヤへの旅行を控えるよう自国民に対して勧告していた(In an advisory last Sunday, the US Embassy advised its citizens to avoid traveling in Central Visayas for possible abduction by rebel groups)。
米国大使館に続いて、英国とカナダの大使館もセントラル・ビサヤにおけるテロの脅威に用心するよう自国民に勧告した( THE embassies of the United Kingdom and Canada have issued advisories urging their citizens to be vigilant due to reported terrorist threats in Central Visayas)。

長官は、脅威に対処する臨戦態勢は整っている、聖週間の行楽客を全国7万5千人の警官が守っている、としている(“We are ready to face the threat,” he said。The PNP has deployed 75,000 policemen across the country to protect vacationers this Holy Week)。
フィリピンとマレーシアやインドネシアとの境界線に連なるルートへ行かないだけでいい、そういうところではアブ・サヤフが頻繁に誘拐を実行する、そういうところへは行くな、他の場所はオーケーだ、と長官は言う(“Just don’t take that route that goes to the boundary of the Philippines, Malaysia, and Indonesia where the Abu Sayyaf frequently conducts its kidnappings. Don’t go there . . . all other parts are okay,” Dela Rosa said)。
心配するな、セントラル・ビサヤの警察は臨戦態勢を整えていると皆に保証する、と長官は付け加えた(“Do not be afraid. I am giving assurance to the people that our policemen in Central Visayas are ready,” he added)。
セントラル・ビサヤ管区警察局長は、米国大使館によるセントラル・ビサヤ渡航自粛勧告に関係する未確認情報をソーシャル・メデアやテキスト・メッセージでやり取りするなと市民に警告している(POLICE Regional Office (PRO) 7 Director Noli Talino warned the public against sharing unverified posts on social media and text messages regarding the travel advisory of the US Embassy against Central Visayas)。

この警告は、アブ・サヤフ・グループが誘拐目的でビサヤ地方へ向かっていると言われている、とアストリアス警察署がフェースブックに投稿したのを受けたもの(This, after the Asturias Police Station posted a warning on their Facebook account that members of the Abu Sayyaf Group were allegedly on their way to the Visayas to stage kidnapping activities)。 (注)アストリアス町~ セブ島北部で西海岸、バランバン町の北隣でダナオ市の西隣。

(注)アストリアス警察署のフェースブック投稿内容(8日土曜午後投稿されたが、管区警察局長の命令で削除されている)~皆用心せよ。アブ・サヤフ・グループが本日スールー諸島を2艇のボートで出発し誘拐を企てるためビサヤ地方に向かっている、との情報を上司から得た(Everyone is encouraged to be alert. We received a message from higher-ups that there are members of ASG who left Sulu today on board two pump boats and are on their way to the Visayas to conduct kidnappings)。 アストリアス警察署長はポストを外され、ダナオ警察署に異動となった(Senior Insp. Albert Quilotorio, chief of the Asturias Police, has been relieved and transferred to the Danao Police Station)。

(4月11日)

12.アブ・サヤフと治安部隊が戦闘9人死亡~ボホール島

 昨日11日火曜ボホール島イナバンガ町の山の奥地のバランガイ・ナポで国軍、警察とアブ・サヤフと見られる武装グループとの間で戦闘があり、武装グループ5人、軍人3人、警官1人が死亡した(Five suspected members of the Abu Sayyaf Group (ASG), three soldiers and one policeman were reported to have been killed in the ongoing firefight in the mountain village of Napo, Inabanga town, Bohol province)。 (注)ボホール島イナバンガ町~ボホール島北西部、セブ海峡に面す、州都タグビラランから北へ71キロ。

バランガイ・ナポは国道から山方向へ10キロ(Barangay Napo is about 10 kilometers away from the highway)。 昨日11日火曜朝5時20分戦闘が始まったが、午後3時時点でまだ戦闘、掃討作戦が続いている(Exchange of gunfire between the ASG members and responding government troops started around 5:20 a.m and was still ongoing as of 3 p.m.)。
昨日11日火曜午後1時までで治安部隊は、M-16ライフル3丁、M-4カービン銃1丁を押収した(the government troopers were also able to recover three M-16 rifles and an M-4 carbine from the ASG members as of 1 p.m. on Tuesday)。
10日月曜夜約10人のイスラム言語を話す集団がイナバンガ川を遡りイナバンガ町へ入るのが目撃された(Around 10 Muslim-speaking men entered Inabanga town located 71 km form Tagbilaran City on Monday night, through the Inabanga River, said Mayor Josephine Jumamoy in an interview)。

バランガイ・ナポの住民は、武装集団の目撃を警察へ報告、警察は軍人を加えた治安部隊を現地へ派遣した(Jumamoy said Barangay Napo residents reported the sighting of the armed men to the police who immediately sent a team along with some soldiers to the area)。 武装集団はミンダナオ島からボホール島までボートで来ている(Authorities said the bandits entered the Visayas region from Mindanao by boat)。
武装集団がビサヤ地方に入ったのを警察と軍は把握していたという("Their movement, however, was monitored when they entered our area of responsibility," said the PRO and Central Command in a statement)。

戦闘地域の近隣の住民少なくとも700人(少なくとも4つのバランガイ)が避難した(At least 700 individuals left their homes in Inabanga, Bohol after government forces launched an operation against suspected Abu Sayyaf members who were spotted in the province, a local official said Tuesday)。
住民の負傷者は出ていない(No civilian has been reported hurt, Jumamoy added)。 なお、ボホール島ではアセアン会議が今月18日から22日まで開催される予定(The ASEAN Summit meetings in Bohol will be on April 18 to 22)。

(4月12日)

13.ボホール島でアブ・サヤフのサブ・リーダーを殺害

 ボホール島の戦闘でアブ・サヤフのサブ・リーダーを殺害した、と昨日12日水曜国軍が発表した(Abu Sayyaf sub-leader killed in Bohol firefight, says military)。 アブ・サヤフのサブ・リーダーは、11日火曜のボホール島の戦闘で射殺された6人の内の一人(武装グループ死亡5人の発表から1人増え6人となった)(An Abu Sayyaf sub leader was allegedly one of the six bandits killed in the a firefight on Tuesday in the island province of Bohol, military said on Wednesday)。
射殺されたアブ・サヤフのハイランクのリーダーは、ムアマル・アスカリ別名アブ・ラミであり、アブ・サヤフのサブ・リーダーでスポークスマンでもある(Armed Forces of the Philippines chief of staff General Eduardo Ano identified the slain high-ranking Abu Sayyaf leader as Muamar Askali alyas Abu Rami。“We have recovered and accounted for six enemies killed in this incident and among the dead is Muammar Askali alyas Abu Rami, an ASG sub leader and their known spokesman,” he told reporters in Camp Aguinaldo)。

アブ・ラミは若く攻撃的で次期アブ・サヤフのリーダーと目されていた(“Abu Rami is a young, aggressive and upcoming leader of the ASG who has the potential of being the next leader of the ASG)。 アブ・ラミは、カナダ人、ドイツ人の誘拐殺人事件やサマール島誘拐事件に関与していたので、彼の死はアブ・サヤフにとって大きな痛手だろうという(Ano said the death of Abu Rami was a big blow against the Abu Sayyaf, citing that the slain bandit was allegedly involved in several high-profile kidnapping incidents, such as those involving Canadian and German victims。He was allegedly involved in the Samal kidnapping)。

(注)カナダ人、ドイツ人の誘拐殺人事件やサマール島誘拐事件~ 2015年9月、ダバオ市近郊のサマール島のリゾートホテルをボートが襲撃し4名が誘拐された。この事件では日本人女性1名も襲撃を受け拘束されたが脱出した。
2016年4月、人質のカナダ人男性1名がバシラン島で殺害され、頭部がホロ島に投棄された。
2016年11月、マレーシアサバ州沖をヨットで航海中だったドイツ人男性が誘拐され、妻が銃殺された。
2017年、誘拐したドイツ人男性に対して、身代金3,000万ペソの要求。解放交渉は進まないままに要求期限となりアブ・サヤフはドイツ人を殺害、斬首場面の映像を公開した。ドイツ人男性の遺体は、同年3月3日にスールー州で発見された。
諜報機関からの情報や写真から死体はアブ・ラミと考えられ、写真からは99%アブ・ラミと認められが、DNA鑑定で最終確認をするとのこと( Ano said the identity of Abu Rami was confirmed based on the information given by the sources and by comparing his picture with that of the slain bandit in Inabanga town in Bohol。He said, “they resembled almost, 99 percent.”。Lactao said the AFP would conduct a DNA test to verify if the slain militant was indeed Abu Rami)。 治安部隊は逃亡した5人のアブ・サヤフのメンバーの行方をなお捜している(Ano said pursuit operation has been ongoing against five other bandits who managed to escape)。

射殺されたアブ・サヤフのメンバーの中に戦闘のあったボホール島イナバンガ町バランガイ・ナポ出身者ホセリト・メロリアがいて、彼が10日月曜仲間の10人を3艇のボートでバランガイ・ナポへ案内したらしい(Among those being hunted down was Boholano Joselito Melloria, a native of Barangay Napo, who brought the at least 10 armed men (not 60 as earlier reported by the AFP) on board three motor bancas to the village on Monday afternoon)。
そして戦闘で射殺された唯一の女がアブ・サヤフのリーダーの娘でホセリト・メロリアの妻であるか否か調べている(Police officials were also checking if the lone woman killed in the firefight was the wife of Melloria, said to be a Muslim woman who was the daughter of an Abu Sayyaf leader)。

当局によると、メロリアは数年前バランガイ・ナポを去り、アブ・サヤフのリーダーの娘と結婚したとのこと(According to authorities, Melloria left Barangay Napo several years back when he married a woman who turned out to be a daughter of an Abu Sayyaf leader)。 イスラム武装グループはセブ州マクタン島かボホール州パングラオ島で誘拐か爆弾事件を計画していたのかもしれないが、なぜ彼等がバランガイ・ナポへ来たのかは不明である、とセントラルビサヤ管区警察局長は言う(Talino said they have yet to determine what made the Abu Sayyaf go to Napo even as he acknowledged that the Islamic militants could be planning to conduct kidnapping and bombings in nearby areas like Mactan Island in Cebu and Panglao Island in Bohol)。

(注)ボホール州パングラオ島~ ボホール島の南西部に隣接するように存在。ダウイスとパングラオの2自治体に分けられている。4月18日~22日アセアン会議の会場。 なお、ボホール州パングラオ島における4月18日~22日アセアン会議は予定通り行われるとのこと( the Association of Southeast Asian Nations (Asean) Summit Meetings in Panglao town on April 18 to 22 would go on as scheduled)。

(4月13日)

14.低気圧域接近で週末の海の旅はリスキー

 荒天が予想されるので週末のビサヤ地方の海の旅はリスキー、と気象庁は聖週間の行楽客に警告している(Vacationers are warned that sea travels this weekend may be risky over the Visayas region due to a looming weather disturbance, according to the state weather bureau)(本日14日金曜は休刊日であり、本記事は昨日13日木曜午前0時のFREEMAN紙のウエッブ・サイトによる、Updated April 13, 2017 - 12:00am)。
低気圧域は、ミンダナオ島の東の海上からルソン島南部、ミンドロ島方向ヘ向い、15日土曜にはビコール地方で土砂崩れが発生すると予想されている(heading towards southern Luzon and Mindoro and is expected to make landfall in the Bicol region on Saturday)。
(注)ミンドロ島~ルソン島の南西方向隣。 (注)ビコール地方~ルソン島南部のビコル半島とその周囲の島々から成る地方。 低気圧域は、強風と大波をもたらす(The LPA, he said, is seen to bring strong winds and to cause huge waves)。

週末セブ州は曇りか雨が予想され、セブ島北部では時折豪雨があるだろう(This weather disturbance will also affect Cebu province, bringing cloudy skies and light to moderate rains over the weekend while northern Cebu may experience occasional heavy rainfall, he said)。
低気圧域が、トロピカル・サイクロン(現地語バギオ)の5区分の中の第1区分の熱帯低気圧に発達する確率は50%(Quiblat said there is 50 percent probability that the LPA’s strength will intensify and will be categorized as tropical depression, the first of the five classifications of a tropical cyclone (locally known as bagyo) in terms of intensity)

(参考)トロピカル・サイクロンtropical cycloneの5区分~Super Typhoon(風速、220 km/h以上)、Typhoon(118から220 km/h)、Severe Tropical Storm(89から117 km/h)、Tropical Storm(62から88 km/h)、Tropical Depression(61 km/h以下) 仮に熱帯低気圧に発達したら、セブ島北部では暴風雨警報1が発せられるだろう(Once raised to tropical depression, he said storm signal number one will be possibly hoisted in northern Cebu)。 暴風雨警報1が発せられたら、船舶は自動的に航行禁止となる(Automatically, all sea vessels are prohibited from venturing into the seas)。
低気圧域のまま留まる場合は、セブ州を含めビサヤ地方東側で強風警報の発令となるだろう(But if it remains as LPA, he said most likely the eastern sections of Visayas, including Cebu may be issued with gale warning)。 (ここまで13日木曜午前0時のFREEMAN紙のウエッブ・サイトによる) 低気圧域は、本日14日金曜午前4時現在ミンダナオ島の東575キロにある( AT 4:00 AM today, the Low Pressure Area (LPA) was estimated based on all available data at 575 km East of Hinatuan, Surigao del Sur (9.8oN, 131.5oE))。

(4月14日)

15.低気圧域が熱帯低気圧クリシングに発達

 ミンダナオ島の東の海上にあった低気圧域が熱帯低気圧フィリピン名クリシングに発達した、と昨日14日金曜午後5時フィリピン気象庁が発表した(THE low pressure area east of Mindanao has developed into a tropical depression named "Crising", the state weather bureau said in its 5 p.m. advisory Friday, April 14)。
昨日14日金曜午後4時の位置は、南レイテ州の東555キロ(at 4 p.m. Fridauy, the center of the Tropical Depression Crising was at 555 kilometers (km) east of Maasin City, Southern Leyte)。 昨日14日金曜夜遅くなって進行速度は落ちているものの、本日15日土曜午後までにはサマール島で土砂崩れが発生するだろうとのこと(Tropical depression Crising has slightly slowed down late Friday evening, but was still expected to make landfall in Samar by Saturday afternoon)。
雨の範囲は直径250キロ(The estimated rainfall, Pagasa noted, is from moderate to occasionally heavy within the 250 km diameter of Crising)。 波の高さは外海で1.25~4メートル(The wave height at open sea is forecast to be between 1.25 and 4.0 meters)。

ビサヤ地方では次の州及び地域に暴風雨警報1が発せられた( Signal No. 1 has been raised in the following provinces)。 Northern Samar Eastern Samar Samar Biliran Northern portion of Leyte 本日15日土曜午前4時クリシングは東サマール州の東220キロにあり、風速は時速55キロ(秒速15.3メートル)、最大瞬間風速は時速68キロ(秒速18.9メートル)で、時速22キロで西北西に進んでいる(Issued at: 5:00AM today, 15 April 2017、Synopsis: AT 4:00 AM TODAY, THE CENTER OF TROPICAL DEPRESSION "CRISING" WAS ESTIMATED BASED ON ALL AVAILABLE DATA AT 220 KM EAST OF GUIUAN, EASTERN SAMAR (10.9oN, 127.7oE) WITH MAXIMUM SUSTAINED WINDS OF 55 KPH NEAR THE CENTER AND GUSTINESS OF UP TO68 KPH. IT IS FORECAST TO MOVE WEST NORTHWEST AT 22 KPH. )。

(4月15日)

16.セブ島北部も警報1発令~1764人足止め
 
熱帯低気圧クリシングは昨日15日土曜(ブラック・サタデイ)午後7時にサマール州バセイ町付近にあったので、午後6時過ぎに東サマール州に上陸した模様( The Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa) said that at 7 p.m. Saturday, April 15, Crising was in the vicinity of Basey, Samar)。
(注)サマール州バセイ町Basey, Samar~ サマール島南部、対岸はレイテ島。 熱帯低気圧クリシングは、昨日15日土曜午後6時半東サマール州で土砂崩れを発生させたが、午後8時勢力が衰え低気圧域になった(Crising made landfall over Hernani, Eastern Samar at 6:30 p.m. and weakened into an LPA at 8 p.m.)。

14日金曜には東ビサヤ地方の5地域( Northern Samar, Eastern Samar, Samar, Biliran and Leyte)に警報1が発令されていたが、昨日15日土曜午後にはセブ島北部にも警報1が発令された( SIX Visayas areas are placed under Tropical Cyclone Warning Signal 1 on Saturday afternoon)。
警報1が発令されると船舶は航行禁止になるが、昨日15日土曜午後2時現在でセブ港第1埠頭の249人を含めセブ州の港で1764人が足止めになっていた( As of 2 p.m. yesterday, according to the Philippine Coast Guard affected passengers reached to 1,764 coming from Hagnaya Port (San Remigio) and Santa Fe Port (Santa Fe) 450,Pier 1 (Aduana, Cebu City) 249, Toledo City Port 67, Tabuelan port 168, and Camotes 830。 13 vessels and 45 rolling cargo vessels were left stranded in Cebu)。

(注) 毎年聖週間にはカモテス島(セブ島とレイテ島の間)やバンタヤン島(セブ島北端西)へ内外の行楽客が押し寄せる。昨年聖週間のバンタヤン島への行楽客は3万人だったという(Tourists, local and foreign, flock to Camotes and Bantayan Islands during the Holy Week。Last year, at least 30,000 tourists went to Bantayan Island during the Holy Week)。
昨日15日土曜夜に全ての警報が解除されたが本日16日日曜午前0時50分現在セブ市ではまだ強い雨が降っているとのこと(All Tropical Cyclone Warning Signals are now lifted, Pagasa said。 As of this posting 12:50 a.m. Sunday, April 16, Cebu City has experienced heavy rains brought about by the LPA)。
メトロ・セブでは本日16日日曜まで雨で、明日17日月曜には天気が回復するとのこと(Engr. Alfredo Quiblat, Jr., officer-in-charge of PAGASA-Cebu, said winds and moderate to heavy rains may be experienced in northern Cebu while the rest of Cebu province will experience light to moderate rainfall until Sunday。 The weather may neutralize on Monday as Crising exits the country)。

(4月16日)

17.復活祭の洪水で9人死亡

 セブ・デイリー・ニュースの見出しは、復活祭の日(EASTER SUNDAY)洪水で9人死亡、とある(FLOOD KILLS 9 ON EASTER SUNDAY、cebudailynews.inquirer.net、April 16th, 2017 11:52 PM)。 熱帯低気圧クリシングは一昨日15日土曜午後8時頃勢力が衰え低気圧域に格下げになったのであるが、セブ州ではその後もこれによる豪雨が続き多くの地域で洪水が発生し9人(内4人は子供)が死亡した(heavy rainfall spawned by tropical depression “Crising” caused widespread flooding in Cebu, leaving at least nine persons dead, half of them children)。
また2人が行方不明で、10人が負傷した(The flood also left two persons missing, injured ten others)。
一昨日15日土曜午後3時から昨日16日日曜午後2時までで82.3ミリの降雨があったが、これは4月1ヶ月の平年の降水量の約2倍である(The continuous rain experienced from 3 p.m. of Black Saturday to 2 p.m. on Easter Sunday was so heavy, it was recorded to have reached 82.3 millimeters, or almost double the 50 mm rainfall projected for Cebu for the whole month of April)。
最も激しく降った昨日16日日曜午前1時45分から午前5時6分までの降雨量は68.2ミリであった(The bulk of the rainfall amounting to 68.2 mm was recorded when it rained hard from 1:45 a.m. to 5:06 a.m. on Sunday, Pagasa-Mactan weather specialist Meo Aguirre said)。
豪雨はカルメン町の川を溢れさせ昨日16日日曜明け方家々と共に10人を押し流し、内8人は後で溺死体で見つかった、この内の4人は子供であった(The rain caused rivers in Carmen town in northern Cebu to overflow, with surging water slamming on houses at dawn on Easter Sunday, sweeping away at least ten residents, eight of whom were later found dead, half of them children)。
(注)カルメン町~セブ島北部、東海岸、セブ市から北へ48キロ(Carmen is 48 kilometers north of Cebu City )。 この他、カルメン町では2人が行方不明(The two other persons from the town were still missing)。
ダナオ市で1人が洪水に押し流され死亡(Another person was also reported to have drowned after he was swept away by a flash flood in Danao City)。 (注)ダナオ市~セブ島北部、東海岸、セブ市から北へ30キロ(30 kilometers north of Cebu City)。
昨日16日日曜午前0時過ぎミングラニラ町の有名な呼び物、キリストの復活の再演劇のステージが崩壊し10人が負傷、内1人が骨折でセブ市の病院へ運ばれ入院した(In Minglanilla town in southern Cebu, a stage meant for a drama presentation during the crowd-drawing Sugat sa Minglanilla collapsed at past 12 a.m. on Easter Sunday, injuring ten people, one of whom required hospitalization)。
(注)ミングラニラ町~セブ市から南へ16キロ(16 km south of Cebu City)。 (注)キリストの復活の再演劇~復活のイエスとマリアの再会(Sugat Kabanhawan)を再演する劇。ミングラニラ町はこの復活のイエスとマリアの再会劇で有名。毎年復活祭の日に演じられる。Sugatは会うこと。
Kabanhawanは復活。(The Sugat Kabanhawan is the reenactment of the meeting of the Risen Christ and the Sorrowful Mother, which the town is famous for。Minglanilla lies within Metro Cebu. It is known as the "Sugat Capital of the South”。
Sugat in Cebuano means meeting。Kabanhawan 、Cebuano for "Resurrection")。 セブ市においても低地でくるぶしから胸の高さまでの洪水が発生したが、正午頃には多くの地域で水が引き始めたとのこと(Elsewhere in Cebu, ankle- to chest-high floods were reported in low-lying areas in the central cities of Cebu。Even as floodwaters receded in many parts of the metropolis at noon yesterday)。
セブ市の洪水はバランガイ・マボロを含め少なくとも19バランガイに及んだ(In Cebu City, at least 19 barangays were also flooded, including the urban barangays of Kasambagan and Mabolo)。

(4月17日)

18.セブ市のホテル滞在のバシラン州からの公務員に特別機動隊出動

セブ市の低料金ホテルの従業員が、少なくとも10人の異言語を話すグループがホテルに滞在していると警察に通報し、警察に警戒態勢をとらせた(Employees of a budget hotel in Cebu City were alarmed by the presence of a group of at least 10 persons speaking a “different language,” prompting them to alert the police yesterday)。
昨日17日月曜午前8時通報後すぐに特別機動隊が出動したが、異言語を話すグループはバシラン州からの公務員でセブ市へ公務の会議に来ており、北埋め立て地域のソグボテル ・ファミリー・ホテルの宿泊客だった(Operatives of the Special Weapons and Tactics (SWAT) immediately responded past 8 a.m. and found out that the newly arrived hotel clients are government officials from Basilan who are in Cebu City for an official meeting at the Sugbutel along S. Osmena Street at the North Reclamation Area)。
(注)バシラン州~ スールー諸島に位置。 ミンダナオ島の南西部,サンボアンガ半島の先端沖にあるバシラン島と周辺の小島でバシラン州を構成。 同じような警報がオートバイのグループがバランガイ・キャピトル・サイトのキャピトル・ツアリスト・インにチェックインした時にももたらされた(A similar alarm was raised by the Capitol Tourist Inn when a group of bikers checked in)。
この時も市警察の諜報部は報告確認のためチームを結成したが、警報の対象となったグループはタウィタウィ州からのオートバイ旅行者達だった(According to Chief Insp. Cristopher Navida of the Cebu City Intelligence Branch, he created a team to verify the report。But when they arrived at the hotel, they found out that the group who caused the alarm are bikers from Tawi-Tawi who are in Cebu for a tour)。
(注)タウィタウィ州~スールー諸島の南側を占めており、最大の島はタウィタウィ島。南西にボルネオ島サバ州がある。 地元警察は、先週11日のボホール島におけるアブサヤフと治安部隊の戦闘を受け、市民に怪しい者や異常な行動を見たら通報するよう呼びかけていたところで、市警察本部長は、セブ市のホテルは非常に協力的で異常なことや変わった人について経常的に通報してくれる、と言っている(The local police have repeatedly appealed to the public to report suspicious-looking persons and unusual activities following the armed encounter between suspected members of the Abu Sayyaf Group (ASG) and government forces in Bohol last week。Doria said hotels in Cebu City have been very cooperative and have regularly informed them of any unusual events and persons)。
一方、韓国外交部は、先週11日のボホール島におけるアブサヤフと治安部隊の戦闘を受け、自国民に対しボホール島への臨時特別渡航自粛勧告を発した(THE Ministry of Foreign Affairs of Republic of Korea has issued a "temporary, special travel advisory" for Bohol following the clash between government forces and Abu Sayyaf bandits in Inabanga town)。 期間は13日木曜から23日日曜まで(The advisory is effective from April 13 to 23, it added)。
これは緊急非常事態宣言と同じ意味で、緊急の用がない限りボホール島への渡航をキャンセル又は延期せよ、ということという(The Ministry said the special travel advisory is equivalent to a "red alert" status, which recommends for the cancellation and postponement of any visit to Bohol "unless there are urgent matters to attend to.” )。
なお、ボホール島における戦闘後に逃亡した5人のアブ・サヤフのメンバーは、いまだ逃亡中である。 (注)ボホール州パングラオ島におけるアセアン会議は本日18日火曜~22日土曜。

(4月18日)

19.懸賞金10万ペソ~ボホールのアブサヤフ逃亡犯の情報提供

ボホール島イナバンガ町に潜伏しているとされるアブサヤフ・メンバー8人の逃亡者の逮捕につながる情報を提供した者に1人につき10万ペソ(0.454換算で22万円)、総額80万ペソ(176万円)の賞金を出すと匿名の人物が申し出ている(An anonymous donor is giving a P100,000 reward, or a total of P800,000, for information that can lead to the capture of each of the eight Abu Sayyaf members believed to be trapped in areas around Inabanga, Bohol)。
(注)アブサヤフ・メンバー8人の逃亡者~当初逃亡しているのは5人とされていたが、現在8人とされている。指名手配のポスターには8人の名前が出ているが顔写真が出ているのは3人。名前についても実名は1人だけで、他の7人は通称のみ。
(注)戦闘による犠牲者数~先に武装グループの死者6人との発表があったが、武装グループの死者は4人で民間人の死者2人と訂正されている。治安部隊の死者は軍人3人、警官1人。(Three soldiers, a policeman and two Napo residents were also killed in the clash)。
逃亡犯達はイナバンガ町から隣の町に脱出を企てているが、警備の治安部隊に阻まれてイナバンガ町内に潜伏している、と治安部隊は見ている(Espuelas said the group, led by Joselito Melloria who was allegedly the Mindanao-based militants’ contact in Bohol, tried to flee toward the neighboring towns of Clarin and Sagbayan but were deterred by the presence of policemen and soldiers in the areas)。 さて、200人が集まるという開催中のアセアン会議であるが警察は、開催場所がパングラオ島南西部のタワラ地区アロナ・ビーチにあるヘナン・リゾート・ホテルという囲われた地域であるので周辺の厳重警備が可能としている(Chief Supt. Noli Talino, Police Regional Office in Central Visayas (PRO-7) director, said the police can tightly secure the perimeter of Hennan Resort in Tawala, Panglao where the meetings will be held because it is an enclosed area)。 (注)パングラオ島~ボホール島南西部の州都タグビララン市の南西の島。 行楽客は、ヘナン・リゾート・ホテルのあるアロナ・ビーチに行くことができるが、アセアン会議関係者以外ヘナン・リゾート・ホテルへは入れない(Tourists can still visit Alona Beach but will not be allowed inside Hennan Resort unless they are part of the delegation)。

(4月19日)

20.アブサヤフ生死にかかわらず捕まえたら百万ペソ賞金

昨日19日水曜午後ドゥテルテ大統領はボホール島を訪問し、ボホール島イナバンガ町に潜伏しているアブサヤフ・メンバーを捕まえたら、生きていようが死んでいようがアブサヤフ1人につき百万ペソ(0.456換算で219万円)づつの賞金を出す、と治安部隊幹部との会議後に報道陣に対して述べた(President Rodrigo Duterte has ordered a P1 million reward for the capture of each Abu Sayyaf Group (ASG) member now in Inabanga town, Bohol-dead or alive)。

彼は、住民がアブサヤフ・メンバーを殺すことも勧めている(He also encouraged the residents to kill the at least eight members of the bandit group who were believed to be trapped in the hinterland villages of Inabanga town)。

私は住民に殺しを勧める、賞金は生きていようが死んでいようが出すが、もし生きていたら彼等を食べさせなくてはならないので、彼等が死んでる方が望ましい(“I encourage civilian to kill. The reward is dead or alive but I prefer them dead because if they are alive, I will still have to feed them,” he told reporters after a security briefing with top military, police and government officials here on Wednesday afternoon)。

もし住民がアブサヤフを殺したら、その住民は心配することはない、警察に報告に行き、ありのままを話せばいい、あとは私がこの問題を処理する、と大統領は語った(“If you kill one, you don’t have to worry. You just go to the police and make the report, state your truth . . . and I will take care of you,” he said)。

また大統領は海軍に対して、もし海上で発見したら無法者たちを爆撃するよう勧めた(President Duterte also advised the Philippine Navy to bomb bandits if found in the sea)。

もしアブサヤフと確認できたら、私の海軍への命令は爆撃せよである、降伏させる必要はない、砲撃し全滅させろ(My order to the Navy, if positive, bomb them. No need for them to surrender. Fire a cannon at them. Destroy them)。

もし無法者たちを根絶やしにする必要があるなら、ホロ島へ攻め込む、とも大統領は言う(He said if there is a need to finish the bandit group, he will invade Jolo)。

(注)ホロ島~ミンダナオ島とボルネオ島の間のスールー諸島にあり、 スールー州に属する。アブサヤフの の最大の拠点の1つで、無法地帯となっている。

(4月20日)

21.アブサヤフは余命幾ばくもない~国家警察長官

昨日20日木曜午前1時頃セブ港に到着した国家警察長官は、政府はボホール島のアブサヤフだけでなく本拠地のスルー州のアブサヤフも追い詰め全滅させる、と語った(Philippine National Police (PNP) chief Director General Ronald “Bato” dela Rosa on Thursday said the government will seriously go after and crush members of the ASG, not only in Bohol but also in Sulu province where the group is based)。

”アブサヤフは余命幾ばくもない”、と昨日20日木曜午前1時頃ボホール島のタグビラランからセブ港第3埠頭に到着した国家警察長官は述べた(“Their days are numbered,” he said upon his arrival at Pier 3 in Cebu City from Tagbilaran City close to 1 a.m. on Thursday)。

過去20年アブサヤフは外国人を含め多くの人々を誘拐し身代金要求が容れられないと首をハネルなど悪名を轟かせてきたが、大統領はそのスルー州本拠のアブサヤフを根絶すると誓った、と19日水曜大統領に同行してボホール島へ行ってきた長官は語った(Dela Rosa, who was with President Duterte in Bohol on Wednesday, said the President already vowed to stamp out the Sulu-based terror group that has gained notoriety over the last two decades for their brutal kidnap-for-ransom operations, often victimizing foreigners, some of whom had been beheaded for failing to pay the demanded ransom)。

(注)長官は19日午後3時に大統領と一緒にタグビラランに到着しアセアン会議の警備を視察、治安部隊幹部に訓示を述べた後、夜アブサヤフとの戦闘で殉職した警官の家を弔問に訪れ、その後深夜にセブへ向かった。大統領はタグビララン滞在3時間でマニラへ発った。
大統領も弔問に訪れる予定だったが、殉職警官の家の近くにヘリコプターが着陸できる場所がなく取りやめ。長官はバンに乗って殉職警官の家へ行った。

私は大統領をよく知っているが、彼が何か言ったら彼は本当にやる、アブサヤフに対する全面戦争は本当だ、奴らをやっつけてしまう時なんだ、と長官は述べた(“Knowing the President, if he says something, he will really do it. The all-out war against the Abu Sayyaf is true. It’s time to finish them off,” he said)。

なお、アブサヤフとの全面戦争について、戦闘に巻き込まれるであろう民衆のことが懸念される、と表明する人も多い(~expressed concerns about civilians who may get caught in the crossfire)。

(4月21日)

22.オランゴ島で覆面武装の2人を目撃~アブサヤフではない

一昨日20日木曜午後2時頃にオランゴ島の住民が覆面の武装した2人の男を目撃したという通報があり、その後治安部隊が海岸のバランガイを包囲し捜索に当った(Government troops have surrounded a coastal village on Olango Island after a resident claimed to have seen two armed men in the area past 2 p.m. on Thursday)。

(注)オランゴ島~マクタン島の6.4キロ東( 6.4 kilometers from Lapu-Lapu City on Mactan Island)。オランゴ島の東南に戦闘のあったボホール島イナバンガ町があり、ボートで約1時間と少しかかるだけの距離(Inabanga is located across Olango Island and is a little over an hour travel by pump boat)。

地元のバランガイ・キャプテンは、武装の2人はボホール島で戦闘をしたアブサヤフの可能性があり住民は非常に恐怖を感じていると訴えていた(“The residents were very scared,” said Eyas。He raised the possibility that the two were members of the bandit Abu Sayyaf Group (ASG) who were being hunted down in Inabanga town in Bohol after engaging government troops in intense gunfire last week)。

軍人と警官混成の治安部隊が、昨日の午後5時まで2日間捜索に当たったが、アブサヤフがいるとの痕跡はなく、昨日午後陸軍と海軍の軍人は引き上げた(Soldiers and police forces conducted clearing operations, but until 5 p.m. yesterday, the search proved negative。Patrolling army and navy personnel were pulled out yesterday afternoon)。

バランガイ・キャプテンは、目撃者の女性の話を次のように話していた。

目撃の女性は2人の男を20メートルの距離から目撃した、2人はジャケットを着てリュックを背負い長い銃身の銃を持ち、目以外の顔を布で覆っていた、1人が弱々しくもう1人に支えられて歩いていた(she saw the two men about 20 meters away。The two wore jackets and were bringing backpacks and long firearms。A piece of cloth covered their faces except for the eyes。“One man appeared to be weak because he was being supported by his companion while walking,” said Eyas)。

また、 治安部隊が一昨日3時頃に通報のあったバランガイ・サンビセンテの現場に行った時、森の方角から長い銃身の銃からと思われる連続した銃声が少なくとも6発聞えたという(around 20 government troopers from the Philippine Navy, Philippine Army and Special Weapons and Tactics arrived Barangay San Vicente around 3 p.m.。Bursts of gunfire were heard shortly after arrival。they heard successive loud bursts believed to have come from long firearms at a forested area in Sitio Bas Toral, Barangay San Vicente)

(注)バランガイ・サンビセンテ~オランゴ島南端部。治安部隊が捜索したのは主に バランガイ・サンビセンテの鳥類保護区 の1100ヘクタールのマングローブ地域らしい( 1,100-hectare of mangrove forest at the bird sanctuary in San Vicente)。

(注)バランガイ・サンビセンテ~オランゴ島南端部。治安部隊が捜索したのは主に バランガイ・サンビセンテの鳥類保護区 の1100ヘクタールのマングローブ地域らしい( 1,100-hectare of mangrove forest at the bird sanctuary in San Vicente)。

捜索で発見できたのはハンモック、空き缶、食べ残しの食物、布袋、梱包箱などだけで、漁師が置き去りにしたのだろうという(He said the items may just have been left there by fishermen。Among those recovered were a green hammock, a tin can, a bowl of leftover food, some sack cloths, a small package box, a few stalks of horseradish leaves (kamunggay), and some dried fish)。

なお、軍は、セブ州に渡ってきているアブサヤフがいるのではないかとの庶民の不安の打ち消しを図っている(A top military officer quelled fears that some bandits from the Abu Sayyaf Group (ASG) have crossed to Cebu)。

陸軍歩兵第302旅団の広報官は、ボホール島の8人のアブサヤフはイナバンガ町バランガイ・ナポの山の中にに閉じ込められている、我々は彼等を監視している、と説明している(Capt. Jojo Mascariñas, spokesperson of the 302nd Infantry Brigade of the Philippine Army, said the eight remaining ASG members who survived the gun battle with government forces in Barangay Napo, Inabanga town last April 11 are trapped in the village。“All eight bandits are in the mountains of Napo. We are monitoring them,” he told Cebu Daily News over the phone on Friday)。

(4月22日)

23.2回の新たな銃撃戦でアブサヤフ4人死亡~ボホール

昨日22日土曜ボホール島のクラリン町で更に4人のアブサヤフ・メンバーが治安維持軍との銃撃戦で銃殺された(Four more members of the Abu Sayyaf were killed in a firefight between the group and government troops in Clarin town in Bohol yesterday)。

(注)クラリン町~11日の銃撃戦のあったイナバンガ町の南隣の町(Clarin is situated next to Inabanga town where soldiers and police clashed during the Holy Week)。

最初の銃撃戦は昨日午後12時50分、2回目は午後8時とのこと(The first encounter occurred early afternoon while the second one occurred hours later at around 8 p.m.)。

12時50分の銃撃戦で射殺されたのはボホール島におけるアブサヤフの中枢的人物ホセリト・メロリア別名アブ・アリ(ボホール島出身)と確認された(Bohol Provincial Police Director Felipe Natividad identified the fatality in the afternoon clash as Joselito Melloria a.k.a Abu Ali, the Abu Sayyaf’s point person in the island)(a.k.a=Also Known As)。

(注)私は13日に ホセリト・メロリアが射殺されたと書いたが、誤り。 ”Among those being hunted down was Boholano Joselito Melloria”の”being hunted down”を”追いつめられ捕らえられた”と解釈したが、単に”追いつめられた”という意味だったらしい。実際は逃亡していた。

11日の戦闘でリーダーのアブ・ラミが死亡してからメロリアがグループの指揮をとり逃亡していた(After the death of Muammar Askali a.k.a. Abu Rami on April 11, 2017 in Sitio Yraya, Barangay Napo, Inabanga of same province, Melloria, being a native of the province assumed command and led the group in its attempt to escape the pursuing government troops)。

メロリアの死亡でリーダー不在、指揮不在となった、と治安部隊側は見ている(His death led the group with no leader and direction,” the statement reads further)。

午後8時頃に2回目の銃撃戦があり、アブサヤフのもう3人が射殺された(three more Abu Sayyaf members were killed in a second encounter at around 8 p.m.)。

午後8時頃に死亡した3人の氏名はまだ分かっていない(But the names of the fatalities were not yet available as of press time)。
昨日の銃撃戦で6バランガイの約1千人の住民が避難したとのこと(Ike Mascarin from the National Disaster Risk Reduction Management Office (NDRRMO) said an estimated 1,000 people were evacuated from the six barangays, including Nahawan, Kantuyok, Villaflor, Bacani, Ihan, and Uob)。

また戦闘に市民が巻き込まれないよう道路閉鎖も行われた(At the height of the encounter yesterday, roads in Sagbayan town leading to Clarin and Inabanga were closed to avoid having motorists being caught in the crossfire)。

当局は、ボホール島以外のアブサヤフ・メンバーがボホール島の仲間を救出に来ることも考えられるが、その備えはできている、としている(Chatto said it is not impossible that Abu Sayyaf members from outside Bohol will attempt to rescue their comrades but assured authorities are prepared)。

昨日の12時50分の戦闘に至る経緯は次の通り。

昨日朝7時頃ハバルハバル(バイクに板を取り付け多くの客を乗せることができるようにしたもの)の運転手がパンを買いに行きたいという乱れたかっこうの2人を乗せた(Earlier yesterday morning, a habal-habal driver was plying his route in Bacani when, sometime around 7 a.m., he was hailed by two disheveled men who asked to be brought to the next town of Tubigon to buy bread)。

2人は25~30歳位で聞き慣れないなまりがあり何年も沐浴をしていないかのような悪臭を放っていた(Immediately, the driver noticed that the two men, both between 25 to 30 years old, spoke in an unfamiliar dialect. Morever, they smelled so bad it was as if they had not taken a bath in ages)。

運転手は店に乗せて行き2人がパンを400ペソ(0.4545換算で880円)買うのを待ち、バランガイ・バカニへ連れ戻した(Even as the driver was starting to get suspicious, he advised the two men to instead buy bread in the town proper of Clarin as it was closer。He waited for the two men who bought about P400 worth of bread and brought them back to Barangay Bacani)。

運転手は直ぐに町の警察署に行き2人を降ろした場所を報告(The driver, unable to shake his suspicion, drove straight to the town police station and told the police where he dropped off the two men)。
治安部隊が捜索を開始。

軍と警察の混成チームはアブサヤフ・メンバーを発見。発見されたメンバーは150メートル離れた洞窟に向かって逃げた。銃声が鳴ると他の7人が洞窟から出てきて銃撃戦が始まった(The joint team chanced upon the alleged Abu Sayyaf member who immediately ran toward the cave, which was about 150 meters away。When bursts of gunfire rang out, the seven others went out of the cave and a gun battle ensued)。

アブサヤフ・メンバーは木の陰に隠れながら山の方へ走って逃げた(They ran toward the mountains in an attempt to hide among the trees and shrubs in the area)。

撃ち返そうとして、メロリアは肩、胸、こめかみに銃弾を浴び即死だった(While trying to fire back, Melloria was hit in the left shoulder, right chest and left temple, killing him on the spot)。

仲間たちはメロリアを助けようと止まろうともせず、走って逃げ続けた(His companions didn’t stop to help him but continued running)。

(4月23日)

24.アブサヤフを救出に来た女性警察幹部を逮捕~ボホール

女性の警察幹部マリア・クリスチナ・ノブレザ警視と運転手レニエロ・ドンゴンは、一昨日22日土曜夜逮捕されボホール島クラリン警察署に留置され、昨日23日日曜午後タグビララン市のボホール州警察本部へ取り調べのため護送された。容疑は22日土曜夜ボホール島のクラリン町で治安維持軍と交戦した残りのアブサヤフ・メンバーを救出しようとしていたというもの(The female police officer, Supt. Maria Cristina Nobleza and her driver-companion, Renierlo Dongon, were detained on Saturday evening at the municipal police station of Clarin and transferred on Sunday afternoon to the Bohol Provincial Police Office headquarters in Tagbilaran City for questioning on suspicion that they came to rescue the remaining Abu Sayyaf members being hunted by government troops)。

22日土曜夜9時頃(治安維持軍が残りのアブサヤフ・メンバーを追跡し3人を射殺した同じ頃)、2人の乗った黒の日産ナバラ・ピックアップがバランガイ・バカニの検問所を突破したので、軍が車を直ぐに追跡した(At about 9 p.m. on Saturday, a black Nissan Navara pickup drove past a police checkpoint in Barangay Bacani, prompting soldiers to chase the vehicle)。

追跡は、アブサヤフの残りのメンバーが隠れ家としていたバランガイ・バカニの洞窟の150メートル手前のところで終わり、2人は逮捕された(The chase ended in Sitio Kabasakan, still in Bacani, which was just about 150 meters away from the cave that had served as the hideout of the remaining Abu Sayyaf members.

警察署でノブレザは小用と称し携帯電話を捨てるためにトイレに行った(While at the police station, Nobleza went to the toilet, pretending to urinate but to actually get rid of her cellular phone)。

後で携帯電話はトイレで発見され、この携帯電話のSIMカードは警察犬によりトイレの外で発見された(The cellular phone was later recovered inside the toilet but without the sim card。The sim card was later found outside the toilet by a K-9 dog)。

ノブレザは、携帯電話で助けを求めていたクラリン町の残りのアブサヤフ・メンバーとtext通信していたことがSIMカードから分かった(Based on the text messages on the sim card, it appeared that Nobleza was communicating with the remaining Abu Sayyaf members in Clarin who were asking to be rescued)

ノブレザは、ダバオ地方警察管区科学捜査研究所副所長であるが、クラリンに旅行に来てたまたま交戦地域を通っただけだ、と主張している(Nobleza, deputy regional chief of the Philippine National Police Crime Laboratory in Region 11 (Davao Region), claimed they were in Clarin on a “tour” and just happened to be passing by the area near the clash site)。
ノブレザは、ダバオ地方警察管区科学捜査研究所副所長であるが、クラリンに旅行に来てたまたま交戦地域を通っただけだ、と主張している(Nobleza, deputy regional chief of the Philippine National Police Crime Laboratory in Region 11 (Davao Region), claimed they were in Clarin on a “tour” and just happened to be passing by the area near the clash site)。

2人の乗った日産ナバラ・ピックアップからは、警察支給の拳銃、エネルギー・ドリンク、チョコレート、ソーダクラッカー、缶詰食品、Tシャーツ、ブリーフ、ショートパンツ、車のバッテリー、ロープ、スノーケル、薬、潜水服などが発見されている(Upon inspection on Sunday night of the Nissan Navara, a police bomb disposal unit also found in Nobleza’s vehicle, a police-issued firearm with two magazines, several bottles of energy drinks, boxes of chocolates and soda crackers, a number of canned goods, T-shirts, briefs, short pants, a car battery, ropes, snorkels, googles, medicine kits, and diving gears)。

(4月24日)

25.女性警官と運転手は国家警察の本庁送り

22日土曜夜逮捕されたダバオ地方警察管区科学捜査研究所副所長マリア・クリスチナ・ノブレザ警視(49歳)と運転手レニエロ・ドンゴン(20歳代、アブサヤフメンバーで爆弾専門家)は、恋愛関係にあるということが分かった(SUPT. Maria Christina Nobleza, deputy chief of the crime laboratory in Region 11 in Davao City, and suspected bomb expert and Abu Sayyaf member Renielor “Kudri” Dongon were confirmed to be romantically-linked)。

(注)マリア・クリスチナ・ノブレザ警視は既婚~ 夫はパキスタンのフィリピン大使館の駐在武官アラン・ノブレザ警視(Supt. Allan Nobleza , police attaché to Pakistan)。

(注)レニエロ・ドンゴンは、2012年10月11日のカガヤン・デ・オロのホテルの爆発事件の容疑者の1人である。ドンゴンは逮捕されたものの警察検察の技術的ミスで釈放された。逮捕状の名前が兄弟の名前になっていたという(Dongon was allegedly one of three men responsible for the bombing of the Maxandrea Hotel in Cagayan de Oro on Oct. 11, 2012。~ was arrested along with an associate by police intelligence operatives in Marawi City on May 11, 2013。He was later released after his case was dismissed “due to some technicalities.”。because the name on the search warrant was that of his younger brother)。

ノブレザとドンゴンの2人は早急にメトロ・マニラの国家警察本庁へ送られるとのこと(The two will be transported to Camp Crame in Metro Manila as soon as possible)。

2人が逮捕された時乗っていた日産ナバラ・ピックアップにはもう2人乗っていた。

1人はドンゴンの母親(3人のアブサヤフ・メンバーの義理の母でもある、3人の娘がアブサヤフ・メンバーと結婚)(Dongon’s mother, reportedly the mother-in-law of slain bomb maker Zulkifli bin Hir alias Marwan Janjalani Khadafi; Abu Sulayman, Akhmad Santos)。

もう1人は13歳の子供でAkhmad Santos(ドンゴンの義兄弟)の息子(ドンゴンの甥)と見られている(and a 13-year-old teen who is allegedly Santos’s child)。

4人は23日日曜タグビララン市へ送られ、ノブレザとドンゴンは刑務所に留置され、この2人は警官の警護付きでボホール州の社会福祉開発局に預けられた(On Sunday, the four were brought to Tagbilaran City from Clarin。Nobleza and Dongon were detained at the Bohol District Jail (BDJ) in Barangay Cabawan in Tagbilaran City , while the elderly woman and the teenager were taken to the Department of Social Welfare and Development (DSWD) with a police escort)。
ノブレザの一行4人は、11日の交戦の6日後の17日からパングラオ島(タグビララン市南西)でアパートを借りていた( Nobleza and her group had been on Panglao Island since April 17, six days after a band of Abu Sayyaf members had an encounter with government troops that killed four members including their leader Abu Rami, as well as three soldiers and a policeman)。

一行は22日土曜Jagna town(ボホール島東南部)かセブ州に行くと言ってチェックアウトしたという(The group was supposed to check out on Saturday and had told the owner of the apartment that they planned to go to Jagna town or Cebu province)。

なお、治安部隊は22日土曜の交戦から逃げたアブサヤフ・メンバーを追っているが、アブサヤフの残りは3人となっていて、彼等の武器は1かゼロとなっているとのこと(There is an ongoing manhunt in Clarin for the three remaining Abu Sayyaf members。Reports said that they are left with only one weapon or no weapon at all and that is to our advantage,” he said)(11日の交戦から逃れたのは8人と発表されていたが、その後交戦の目撃情報等から7人と訂正されていた、22日4人が死亡したので残りは3人)。

(4月25日)

26.女性警官達は爆発事件を計画か~爆弾材料発見

マリア・クリスチナ・ノブレザ警視と爆弾専門家レニエロ・ドンゴンは、クラリン町の生き残りアブサヤフ・メンバーを単に救助するだけでなく、ボホール島で爆発事件を起こすことを企んでいたのかもしれない(Supt. Maria Cristina Nobleza and Renierlo Dongon did not just intend to rescue the remaining Abu Sayyaf Group (ASG) members trapped in Clarin town。 They also might have planned to do bombing activities in Bohol)。

ノブレザとドンゴンがアセアン会議終了2日前の17日からパングラオ島で借りていたアパートを捜索した当局は、このように疑い始めた(Authorities raised this suspicion after they found that Nobleza and Dongon, a bomb expert, have rented an apartment inBarangay Looc of Panglao Island on April 17, just two days before the now concluded Association of Southeast Asian Nations (Asean) pre-summit meeting was held in the area)。

彼等がパングラオ島で借りていたアパートに置き去りにされた2つのラゲッジの中から、C-4プラスチック爆薬、導火線、雷管、雷管組立部品一式等の即席爆発装置の製造材料が発見された(Inside the luggage left behind in the Panglao apartment, police discovered components of an improvised explosive device: a C-4 plastic explosive, a detonating cord, a blasting cap, and a blasting cap kit)。

(注)C-4プラスチック爆薬~C4といえばプラスチック 爆弾の代名詞ともよばれる爆弾で、最も一般的な軍事爆薬という。

24日月曜夜2つのラゲッジは、アパート・オーナー、バランガイ・キャプテン、バランガイ評議委員の立ち会いのもとで開けられたとのこと(On Monday night, the luggage were opened in the presence of the owner of the apartment, Looc Barangay Captain Ester Bongcaron and village councilors Nestor Guioguio and Rolando Clenista)。

一方、24日月曜夜ブキドノン州(ミンダナオ島中部の州)の州都マライバライ市のノブレザの自宅を捜索した当局は、種々の爆弾材料を押収し、ドンゴンの弟を含む3人を逮捕した(A separate raid on the house of Nobleza in Malaybalay City in Bukidnon on Monday night also yielded several bomb materials and the arrest of three persons)。
66個の非電気式 雷管、爆破タイマー、その他爆弾製造材料、M16ライフル、キャリバー45ピストル、銃弾が押収された(the raiding team found from the house 66 non-electric blasting caps, a timer for explosive device, and several bomb-making components。the raiders also seized an M16 and a caliber 45 pistol; and ammunition from Nobleza’s house)

なお、爆弾専門家ドンゴンは、ヒラーファ・イスラミーヤ運動(カリフ制イスラム国運動とでも訳すのだろうか)のリーダーでもあるという(Dongon served as leader of Khilafah Islamiya Movement)。

(注)ヒラーファ・イスラミーヤ運動~ミンダナオに独立したイスラム国家を樹立するため聖戦を行う運動。ヒラーファ=カリフ。

ドンゴンの写真が国家警察のテロ爆破犯リストにあったため、逮捕したのがドンゴンと確認できたのだという(Dongon’s picture was in the PNP wanted list of known terrorist bombers, which enabled the police in Bohol to identify him)。

ノブレザとドンゴンは、昨日25日火曜早朝のフライトでタグビララン市からマニラの国家警察本庁へ移送された(Nobleza and Dongon were transferred from Tagbilaran City to Manila in an early morning flight on Tuesday)。

(4月26日)

27.オランゴ島の覆面武装2人は漁師と確認、本日27日ラプラプ市休日

ラプラプ市オランゴ島で目撃された2人は漁師でアブサヤフのメンバーではなかった、とラプラプ市長が発表した(THE two men who were earlier reported as armed persons in the island of Olango, Lapu-Lapu City were fishermen and not members of the Abu Sayyaf Group (ASG), said Mayor Paz Radaza)。

2人はスピアフィッシングをしていたとのこと(The two men were reportedly there for spearfishing, she said)。

(注)スピアフィッシング~素潜りで銛や水中銃を用いて魚類を捕らえる漁。

20日オランゴ島バランガイ・サンヴィセンテの女性が、マングローブの生い茂る地域で覆面をして長い銃身の銃を持った2人を目撃したとバランガイ・キャプテンに報告し、その後治安部隊が2日間捜索したが捜索で発見できたのはハンモック、空き缶、食べ残しの食物、布袋、梱包箱などだけだった(Last April 20, a woman reported to the chief of Barangay San Vicente that she saw two persons with long firearms and wearing masks in a bushy area in their village。Among those recovered were a green hammock, a tin can, a bowl of leftover food, some sack cloths, a small package box, a few stalks of horseradish leaves (kamunggay), and some dried fish)。

その漁師は、女性が武装の人物を見たという地域を確かに通ったと認めており、日よけのためマスクをし足にトラブルがあり片足を引きずっていた、と証言した(It was confirmed by a fisherman that he passed by the area where the woman reportedly saw an armed person。He was wearing a mask as his protection from the heat. He also had a problem in his foot that’s why he was limping)。

なお、本日27日木曜ラプラプ市においては、496回カダオガン・サ・マクタンを祝う祝祭日で休日である(Today, April 27, is non-working holiday in Lapu-Lapu City。for today's celebration of the 496th Kadaugan sa Mactan)。

(注)カダオガン・サ・マクタン~マクタン島において英雄ラプラプ王がマゼランに勝利したこと。 マゼランは、セブで十字架寄贈の5日後に殺害されたという。Kadaugan=勝利(conquest (n.); success (n.); triumph (n.); victory (n.))。

大統領府は、本日27日木曜はラプラプ市において特別祝祭日で休日であると布告している(THE Office of the President declared today as a special non-working holiday in Lapu-Lapu City for the celebration of the 496th Kadaugan sa Mactan)。

1521年4月の激しい戦いの再演劇のあるマクタン・リバテイ・シュライン近辺は道路閉鎖等があるので注意せよとのこと(The Lapu-Lapu City Government advised everyone to take note of the road closures and the designated alternate routes near the Mactan Liberty Shrine, where the reenactment will be held)。

(注)マクタン・リバテイ・シュライン~ マゼラン記念碑とラプラプ像のある公園。マゼランはこの場所で殺害されたといわれる。マクタン島東北部。

(4月27日)

28.アブサヤフが農夫に食料等求める

26日水曜午後タガログ語を話す怪しい男がボホール島トビゴン町に現れた。疲れた様子でジェスチャーを交えて話し衣服は新しかったという(A suspicious-looking man who spoke Tagalog was spotted in a village in Barangay Buenos Aires, Tubigon, Bohol last Wednesday afternoon。tired-looking。using sign language。wearing new clothes)。

(注)トビゴン町~22日2回目の銃撃戦のあったクラリン町の隣。セブ海峡に面す。港がありセブ港までの多くの船便がある。船でセブ港まで1時間( Tubigon is next to Clarin, where the second clash between the terrorists and government troops happened last April 22。Tubigon has a port and is an hour away from Cebu City port by sea。 It is the nearest seaport in Bohol to Cebu, providing many daily ferry round-trips to Cebu City)。

怪しい男は農夫に食べ物とスリッパをねだった。農夫はスリッパを渡し裸足で家に帰った。またココナッツ・ウオーターも与えた(Capt. Jojo Mascariñas, the Philippine Army 302 Brigade's spokesperson, said a farmer reported to police that the man asked him for food and a pair of slippers。The farmer gave him his slippers and walked home barefoot。The farmer also gave the man some coconut water to drink)。

(注)ココナッツ・ウオーター~ココナッツの中に含まれている透明な液体。

その男は武器を持っていなかったが、タグビラランとセブの方角を尋ねたという(The unarmed man asked for directions to Tagbilaran City and Cebu)。

アブサヤフらしきものは国道の方ではなく、山の森の方へ去っていった(The suspected Abu Sayyaf member then headed inland, avoiding the national highway. He went through the forest, Mascariñas said)。

生き残りの3人のアブサヤフ・メンバーはボホール島に居り別々になっている、と軍は言っている(The military official said the three remaining Abu Sayyaf members are still in Bohol, but they've been separated)。

干してある洗濯物の衣服が無くなったり怪しい男を見たら軍に通報するように、とのこと(He urged the public to report if they lose clothes from their clotheslines or see suspicious-looking men to the 302nd Brigade of the Armed Forces of the Philippines (AFP))。

(注)クラリン町において逃亡アブサヤフ・メンバーは何年も沐浴してなかった如く臭かった。

なお、マリア・クリスチナ・ノブレザ警視はイスラム教に改宗し、イスラム儀礼に従い爆弾専門家レニエロ・ドンゴンと結婚式を行っているとのこと。裁判所はマリア・クリスチナ・ノブレザ警視と夫のアラン・ノブレザ警視(パキスタンのフィリピン大使館駐在武官)との離婚を2010年に承認した(Dongon told police that Nobleza converted to Islam and they wed under Muslim rites. The court annulled the police official's marriage to Supt. Allan Nobleza, a police attache in Pakistan, in 2010)。

(4月28日)

29.ノブレザ警視はアブサヤフに潜入したスパイか?
マリア・クリスチナ・ノブレザ警視と爆弾専門家レニエロ・ドンゴンは、ボホール州検察庁によって起訴され、その後国家警察本庁に移送され更に取り調べを受けているが、ノブレザ警視はドンゴンとの結婚は強いられたもので自分は政府側からアブサヤフに潜入したスパイなのだと主張しているらしい(Nobleza and Dongon are facing criminal charges before the Bohol Provincial Prosecutor's Office。They were taken to Camp Crame for investigation。SUPT. Maria Christina Nobleza was reportedly forced to marry alleged bomb expert Renierlo Dongon, so the government could infiltrate the Abu Sayyaf Group (ASG))。

デラロサ国家警察長官は、ノブレザ警視が自分をテログループに潜入したスパイであるとの主張に対して、ノブレザ警視がイスラム教に改宗し、ドンゴンとの結婚に際し国際テロリストのズルキフリ・ビン・イール、通称マルワンが結婚宣言儀式を執り行ったと聞いてからなおさら彼女が政府側のスパイであるとは信じられない、としている(PNP chief Director General Ronald “Bato” dela Rosa earlier expressed disbelief over Nobleza’s claim that she had been working as a spy for the government against the terror group, particularly after finding out the she had converted to Islam and married Dongon in a wedding supposedly officiated by Zulkifli bin Hir, alias Marwan, an international terrorist)。

(注)ズルキフリ・ビン・イール、通称マルワン~2015年1月 ミンダナオ島中部のマギンダナオ州ママサパノにおいて警察特殊部隊との交戦で死亡した国際テロリスト。この衝突で警察特殊部隊44人が死亡しており、イスラム武装勢力側も数名が死亡したとされる(Zulkifli bin Hir, alias Marwan, an international terrorist who was killed in January 2015 in the town of Mamasapano in Maguindanao in an infamous PNP operation now dubbed as the Mamasapano Massacre, which claimed the lives of 44 elite policemen belonging to the Special Action Force (SAF))。

なお、当局にアブサヤフのクラリン町の居場所を通報したハバルハバルの運転手は懸賞金をもらえるとのこと(THE habal-habal driver who tipped off authorities about the location of suspected Abu Sayyaf members will receive the reward money.

しかし、百万ペソ(0.4473換算で224万円)か、アブサヤフ4人の射殺に結びついたので4百万ペソ(894万円)か、まだボホール州警察本部は決めていないとのこと(The question is, how much? Whether it will be P1 million or P4 million for every Abu Sayyaf member killed, the Bohol Provincial Police Office (BPPO) has yet to decide)。

テログループからの復讐がありえるということで、この運転手には厳重な身辺警護がついているという(For now, the driver is heavily-guarded to protect him from possible retaliation from the terror group)。

(4月29日)

30.なぜボホールを襲う?石炭船警護が1要因
なぜアブサヤフがセブやボホールを襲うのか?(Why attack Cebu and Bohol now?)

最近フィリピン、インドネシア、マレーシアが結んだ協定と関係がある。その協定は、石炭をセブやミンダナオの石炭火力発電所へ運ぶはしけを各国の海軍が警護するというもの(Recent events like the agreement between the Philippine, Indonesian and Malaysian governments have allowed naval boats from these countries to escort barges laden with coal destined to power plants in Cebu and Mindanao)。

ゆっくり進むはしけは頻繁にアブサヤフのターゲットになっており、アブサヤフは乗組員を身代金目的で拉致していた(These slow-moving coal barges were frequent targets by the Abu Sayyaf bandits who board these ships and kidnap its crew for ransom)。

パトリア・マリタイム・ラインはアブサヤフに拉致された10人の乗組員の解放のために身代金百万ドルを支払った、とインドネシア紙Jakarta Globeが伝えている(Jakarta Globe, a leading Indonesian newspaper, reported that the shipping firm Patria Maritime Lines paid a US$1-million ransom for the safe release of their 10 sailors held hostage by the Abu Sayyaf)(参考1、参考2、参考3参照)。

石炭を積んだはしけがアブサヤフのターゲットになり、東カリマンタン州(ボルネオ島東部、インドネシア領)からビサヤやミンダナオへは遠回りせざるを得なくなっており大きな問題だった(The targeting of these coal barges by the Abu Sayyaf became a huge problem that Filipino power companies had to resort to diverting their ships to take a longer route from East Kalimantan to the Visayas and Mindanao

海軍のはしけ警護はこの状況を一変させた(The agreement on armed escorts changed all that)。

協定によって、インドネシア海軍がフィリピン領海まではしけを警護し、そこからはフィリピン海軍が目的地までとフィリピン領海を出るまでを警護するようになった(Indonesia’s Defense Minister Ryamizard Ryacudu told Seatrade Maritime News that the agreement allowed their navy ships to escort the barges until they reached Philippine waters where Philippine Navy gunboats would escort them to their destination and back)(参考4参照)。

協定はアブサヤフに他の獲物を探させることになり、観光客で溢れかえるセブとボホールが格好の獲物となった(The arrangement forced the Abu Sayyaf to look elsewhere; and Cebu and Bohol, teeming with tourists, were ripe targets)。

セブとボホールは警備がゆるい、セブとボホールの当局はアブサヤフに慣れていない、とある軍人は言う(“Cebu and Bohol security is lax. The authorities there are not familiar with the Abu Sayyaf,” said a military official)。
(参考1)10名のインドネシア人の人質が解放される(ind-news.asia、2016/05/04 17:03)

5月1日、フィリピンに拠点をもつイスラムテログループAbu Sayyafによって3月26日に拉致された10名のインドネシア人の人質が解放された。10名のインドネシア人の人質が捕まっていたとみられるフィリピンSulu州の州警察本部長Wilfredo Cayat氏の話によると、10名の人質は正体不明の人々によって州知事の家の前に運ばれたという。州知事はインドネシア人の人質たちに自宅で食事させた後、事務長に連絡して警察の保護にまかせたという。被害会社が身代金支払い10名のインドネシア人の人質が乗っていた船舶を所有する会社Patria Maritime Lines(PML)が4月19日に100万ドルの身代金の支払いに合意した後に、人質たちは解放された。Abu Sayyafの軍事力強化を恐れるフィリピン政府の反対にかかわらず、すでにPMLから身代金が支払われてしまったという情報もある。なお、4月15日にも、インドネシア国籍の船が乗っ取られ、4名が拉致されているが、これも、Abu Sayyafの仕業と見られている。その件については解決のめどが立っていない。

(参考2) インドネシア・マレーシア・フィリピン 3か国合同で海上警備実施へ (ind-news.asia、2016/04/19 11:03)

フィリピン南西部・タウィタウィ州沖合のスールー海において、先月末から今月にかけて、フィリピンのイスラム武装組織・アブサヤフにインドネシア船とマレーシア船の乗組員が立て続けに誘拐されていることを受け、マレーシア政府は、フィリピンとインドネシア、3か国合同の海上警備の実施を提案した。これを受け、インドネシアのカラ副大統領は、船員の安全を確保するため、3か国による海上警備の提案を了承する考えを示した。なお、海上警備の案件については、近日中に政府内で協議される見通しだ。アブサヤフ フィリピン南部を拠点とするイスラム武装組織アブサヤフによる船員の誘拐は、先月末から連続している。3月26日には、インドネシア船の乗組員12人のうち、10人が誘拐された。また、4月2日には、マレーシア船の乗組員6人のうち、4人が誘拐された。さらに、4月15日には、インドネシア船の乗組員4人が誘拐された。アブサヤフは、フィリピン南部を拠点とするイスラム武装組織である。2000年には、外国人観光客約20人を拉致したほか、2000年中頃には、フィリピンの大都市でテロを実行したとされる。

(参考3)インドネシア政府が石炭輸出の一時禁止

フィリピン:隣国からの石炭禁輸 電力業界に深刻な影響の可能性 (独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、2016 年 6 月 30 日掲載)

6 月 28 日付けの地元報道によると、エネルギー省(DOE)は、インドネシア政府による石炭輸出の一時禁 止措置が、国内の電力業界に深刻な影響を与える可能性があるとした。発電用石炭の 70%は、インドネシ アから輸入(1,500 万トン)している。DOE 大臣は、輸入業者や電力会社の石炭在庫を調査し、最新状況を確 認、外務省や国軍(AFP)と安全対策について検討しているとした。 インドネシアの禁輸は、石炭輸送船の襲撃事件を受けた措置で、フィリピン海域の安全が確認されるま で、同国向け石炭輸送船を含む全船舶の航行を一時停止する措置を取った。インドネシア政府は、過去に も同様の理由で、フィリピン向け石炭の輸出を一時的に凍結すると発表したことがある。 DOE 大臣は、禁輸宣言後すぐに措置が解かれた経緯があるため、実際に禁輸が実施されるのかどうかを 見極めている段階とした。インドネシア側は航行の安全が確保されていないコースを利用する中小船舶の 航行のみを禁止し、主要な海路を通過する大型船に関しては、厳しい航行規制は適用しない可能性もある との見方も示した。 (石炭開発部 辻 誠)

(参考4)3国間海運安全保障協定(the trilateral maritime security agreement)の運用要領固まる
Indonesia, Philippines agree on armed escorts for coal barges(Seatrade (UBM (UK) Ltd)、Posted 19 July 2016)

It appears there is finally some progress, and efforts are being made to solve the piracy problem in the southern Philippines, with Indonesia saying it will finalize this week the concrete form of a joint security cooperation effort to ensure the safety of Indonesian export barges crossing regional waters with the Philippines, local reports said.
Indonesia's Defense Minister Ryamizard Ryacudu said Manila had given approval to Indonesian Military (TNI) vessels guarding Indonesian barges until they reached Philippine waters, from where a Philippines Armed Forces vessel would escort them to their destination and back into Indonesian waters.
"There is no problem with the Philippines; we can enter its territory after reporting how many vessels and the number of personnel guarding them," Ryamizard was quoted as saying.
Once in the Philippine’s territory, the Philippine armed forces would become the head of the operation, and Indonesia would follow their commands, Ryamizard said, making assurances that the two parties had reached full understanding and there would not be any problems.
The minister is scheduled to meet his Philippine counterpart Delfin Lorenzana to further discuss the mechanism of the security operation ahead of its implementation on Thursday in Kuala Lumpur, where Malaysian Defense Minister Hishammudin Hussein will join them for a trilateral meeting aimed at stepping up security in the regional waters.
Ryamizard asserted that during the meeting, the three countries would finalize the mechanism of the joint Navy exercises that will precede the implementation of the joint sea patrols, as a follow-up of the trilateral maritime security agreement signed in May.

(4月30日)

(1) (2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10) (11) (12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20) (21) (22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29) (30) セブのトップ