1.警察は麻薬取締局への援助を行う、悪徳警官排除の動き始まる
2.身代金要求のノック説得”事件はセブにあるのか?
3.麻薬捜査から国家捜査局も外し軍隊を使う
4.大統領が停戦宣言を破棄
5.熱低ビシンはビサヤに近づいてから上陸せず遠ざかる
6.韓国マフィアがセブで最強、SMモールに爆弾脅威との偽情報
7.最低賃金(日給)13ペソ上昇と決定
8.タクシー初乗り料金40ペソに戻る
9.第3橋鍬入れ式(3月2日)に大統領出席
10.セブ市と北九州市が”電気電子機器廃棄物管理了解覚書”締結
11.韓国からのプラスチックのゴミを送り返す
12.タクシー初乗り明日13日から40ペソ、妊婦がジカ熱セブ市
13.1月から麻薬関連殺人はないセブ市
14.違法賭博戦争開始宣言、セブ市警の8警官解職
15.裁判所がセブ市に行政命令の一時差止命令
16. BDO支店への閉鎖命令に対する一時差止3月6日まで延長
17.強風で大型ビルボード下ろす、今年の最低気温
18.63人の警官が調査を受けており多分停職になる
19.フィリピン大学セブ校でオタク祭り
20.高速フェリーとはしけが衝突58人負傷
21.夫婦喧嘩で石油ランプ投げ大火1130人焼け出される
22.海難調査チーム今週立ち上げ~18日夜のマクタン海峡事故
23.大火の原因は夫婦喧嘩ではない、最低賃金3月10日よりアップ
24.垂れた電線で少年感電死、88軍人をモールや港に配置
25.27日月曜交通スト
26.明日月曜の交通ストにジプニー全部が参加するわけではない
27.タイ王女オスロブでジンベイザメと泳ぐ
28.BDOに更に28日与える、交通スト影響小さかった

2月のセブ

1.警察は麻薬取締局への援助を行う、悪徳警官排除の動き始まる
一昨日30日月曜国家警察は”全ての悪徳警官を捕縛し国民の信頼を得るために違法薬物撲滅のための手入れを一時的に停止する”と発表したが、タリニョ・セントラル・ビサヤ管区警察局長は違法薬物撲滅戦争の最前線に立つセントラル・ビサヤ麻薬取締局への援助を行うことにより違法薬物撲滅の役割を果たすと昨日31日火曜語った(POLICE Regional Office (PRO) 7 Director Noli Taliño said they will still play a role in anti-drug operations by giving information to the Philippine Drug Enforcement Agency (PDEA), which is now at the forefront in going after drug personalities and syndicates)。

局長は、密売人等は大喜びするな、と警告している(Taliño warned pushers and drug groups not to be jubilant)。

我々が止めたからといっても麻薬取締局が手入れを続けるし、我々はなおも目を光らせ続けるぞ、と言っている(We will still be on the lookoutwhile PDEA will continue where we have left off)。

ルイ・セントラル・ビサヤ麻薬取締局長は、既に管区警察局長から大物麻薬密売人のリストを受け取ったと述べている(PDEA 7 Director Yogi Filemon Ruiz said he already received the list of high-value targets from Taliño)。

また、麻薬取締局長は、手入れのときは軍隊の手を借りる、とも言う。

(注)セントラル・ビサヤ麻薬取締局は30人の小組織。

一方、悪徳警官排除の動きであるが、複数の車を所持している等説明のつかない贅沢な暮らしをしているとして9人の警官が訴追を受けた(NINE active police officers are facing charges for their unexplained lavish lifestyle, which includes owning several cars)。

国家警察セントラルビサヤ内務サービス部長は、ビサヤ担当のオンブズマン補佐官に対して9人の警官の刑事及び行政訴追を行うとしている(Senior Supt. Jonas Ejoc, the Regional Internal Affairs Service (RIAS) 7 chief, said they filed the criminal and administrative complaints before the Office of the Deputy Ombudsman for the Military and Other Law Enforcement Offices)。

(注) 行政監察院は院長(オンブズマン=行政監察官)、補佐官5人(統括、国軍担当、ルソン地方担当、ビサヤ地方担当、ミンダナオ地方担当)で構成される。

(注)国家警察内務サービス部~国家警察の改革改造を目的とする組織(The Internal Affairs Service of Philippine National Police (PNP) was created pursuant to Republic Act (RA) 8551 otherwise known as " The PNP Reform and Reorganization Act of 1998”)。

9人の警官は資産負債純資産表の中で報告していないたくさんの車を所持しているという(We have found out they have lots of cars that they did not declare in their SALN (Statement of Assets, Liabilities and Net Worth))。

9人の警官はセントラル・ビサヤ管区警察局から国家警察本庁へ異動となった(Ejoc and his chief investigator are the nominal complainants against these officers,these officers, who were relieved from the Police Regional Office (PRO) 7 and transferred to Camp Crame)。

国家警察セントラルビサヤ内務サービス部は、さらに贅沢な暮らしをしている72人の警官の調査を行っているとのこと(RIAS 7 is still conducting lifestyle checks on 72 active cops, who are living in luxury)。

(2月1日)

2.身代金要求のノック説得”事件はセブにあるのか?
”身代金要求のノック説得”事件はセブにあるのか?(‘TOKHANG FOR RANSOM’ IN CEBU?)

”身代金要求のノック説得”事件とは、警官が人を捕らえ、その人の持ち物の中へ違法薬物を入れ込み、放免する見返りに金を要求する、という事件だという(The incidents involved policemen arresting people, planting drugs in their possession and then asking for ransom in exchange for their release)。

(注)‘TOKHANG FOR RANSOM’(身代金要求のノック説得)は、警察のノック・説得作戦(Oplan Tokhang operation)をもじった言い方。ノック・説得作戦とは、バランガイ在住の警官とバランガイ・タノッドが覚醒剤使用者や密売人を戸別訪問し自首するよう説得する作戦。TokHangはToktok(Knock)とHangyo(Urge)の合成。

上院の治安・危険薬物委員会のラクソン委員長(Senator Panfilo Lacson, chair of the Senate committee on public order and dangerous drugs)は、セブ市において“身代金要求のノック説得”事件があるという情報があるので確認するよう先週(1月29日の週)セントラル・ビサヤ管区警察局長に対して照会を出したとのこと(to validate reports that there are “Tokhang for ransom” incidents in Cebu City)。

ラクソン委員長は、セブ市において多数の“身代金要求のノック説得”事件があるという匿名のEメールを受け取ったという(Lacson said he received an email from a person he did not know informing him of “numerous” “Tokhang for ransom” incidents in Cebu City)。

上院で“身代金要求のノック説得”事件の審理を始めたら、ラクソン委員長の事務所へパサイ市やセブ市において似たような事件があるという幾つかの情報が届いたとのこと(his office has received several letters pointing to similar cases, including one in Pasay City and in Cebu, since he launched a Senate inquiry into the “Tokhang for ransom” incidents)

委員長がセントラル・ビサヤ管区警察局長に接触したら、調査をしたが今のところその種の事件は発見されていないとの返答が直ぐにあったという(he contacted Taliño and that immediately the PRO-7 chief told him he had checked the incidents but so far nothing has turned up yet)。

委員長は管区警察局長にEメールを送るので確認可能であろうとしている(Lacson said he planned to forward the email report he received to Taliño so this could be validated)。

セントラル・ビサヤ管区警察局長は、だれでも悪徳警官の被害に遭ったら自分へ知らせてくれ、と言っている(He urged anyone who fell victim to rogue cops in Cebu to report it to him)。

(2月2日)

3.麻薬捜査から国家捜査局も外し軍隊を使う
1月30日国家警察の違法薬物撲滅のための活動が停止されたが、昨日2日木曜ドゥテルテ大統領は国家捜査局も信頼できないとして同局の違法薬物取締活動も禁止した(President Rodrigo Duterte barred the NBI from conducting anti-illegal drug operations, saying that he had lost his trust in the bureau)。

大統領は、警察は腐敗していて使えないし、国家捜査局も腐敗しており今や信頼できない、と述べている(“We cannot make use of the police because they are corrupt,” Duterte said. “I cannot trust now the NBI because they are corrupt”)。

韓国人実業家拉致殺害事件に国家捜査局の職員が係わっていたという報告があり、今や国家捜査局は非難攻撃を浴びている(The NBI came under fire following reports that its officials and agents were also involved in Jee’s abduction and death)。

国家捜査局の関与は、韓国人実業家拉致殺害事件の実行犯の警官の自白等により露見。

昨日2日木曜国家捜査局長は、幹部数人をポストから外した( NBI Director Dante Gierran?relieved from their posts the bureau’s deputy director for investigation services, lawyer Jose “Jojo” Yap,National Capital Region director Ricardo Diaz,Regional Operations Service head agent Darwin Lising?and lawyer Roel Bolivar, head of the NBI task force against illegal drugs)。

大統領は、麻薬取締庁と国軍だけが違法薬物取締業務に当たるのだ、と述べている(Duterte said only the Philippine Drug Enforcement Agency (PDEA) and the Armed Forces of the Philippines are tasked to enforce operations against illegal drugs)。

国軍に麻薬取締庁を援護する権能を与える大統領布告若しくは大統領令をまだ出してはいないが出さなければならないと述べ、国軍を麻薬取締に使う方針を大統領は示している(Duterte said he has yet to issue a proclamation or an executive order that empowers the military to help the PDEA in the campaign against illegal drugs。I still have to write the ( order), whether a proclamation, executive order)。

なお、上院の治安・危険薬物委員会のラクソン委員長によると、韓国人実業家拉致殺害事件は麻薬撲滅戦争を利用した警官犯罪の氷山の一角なのだという( As the Senate continues to probe the kidnap-slay case of a South Korean businessman, more police extortion activities, or the so-called “tokhang for ransom” are revealed. Senator Panfilo Lacson, citing an evidence, said that the gruesome death of Jee Ick Joo is not an isolated case but rather only a part of the whole)。

彼は、警官が事務所の机の中に違法薬物を入れその後手入れに踏み込む監視カメラの映像を紹介したり、11件の警官による恐喝事件の被害報告があるなどと1月26日の委員会で明らかにしている( Sen. Lacson presented a close circuit television footage (CCTV)during a Senate hearing on Thursday,?supposedly showing a police raiding team planting an evidence in an office。Lacson said he also received a report from Teresita Ang See of the Movement for Restoration of Peace and Order of 11 victims of extortion incidents by policemen)。

(2月3日)

4.大統領が停戦宣言を破棄
ドゥテルテ大統領は、共産反乱軍に対する一方的停戦宣言を破棄するとして軍に対し戦闘準備を怠らぬよう命じた(President Rodrigo Duterte on Friday asked soldiers to “go back to your camp, clean your rifle and be ready to fight” as he said he was terminating the government’s unilateral ceasefire with communist rebels)。

(注)フィリピン共産党(CPP)の軍事組織でゲリラ戦を得意とする新人民軍(NPA)とフィリピン政府は約半世紀にわたって衝突を繰り返してきたが、2016年8月政府と共産党は、ノルウェーのオスロで開いた第1回交渉後、互いに一方的停戦を宣言し正式な停戦協定に向けた協議に入っていた(The government and communists each declared a unilateral ceasefire last August)。

(注)ところが、 共産党は今月1日フィリピン政府への昨年8月の一方的停戦宣言を破棄すると表明。一方的停戦宣言は今月10日に失効するとしたが、オランダで予定されている停戦協議は行うとした(The NPA announced on Wednesday the termination of its unilateral ceasefire effective Feb. 10 but said it would still support the peace talks, the fourth round of which is scheduled later this month in The Netherlands)。

(注)フィリピン共産党は 一方的停戦宣言を破棄する理由として政府側が収監中の政治犯約200人の釈放に応じないことをあげている。政治犯約200人の釈放について大統領は停戦協定締結が先として要求に応じていなかった。

大統領は、”共産党との和平は実現しそうにない、共産党は2月10日に一方的停戦宣言を打ち切ると言っていたのに多くの国軍兵士が既に死んでいる”、と述べた(“There will be no peace in this land vis-à-vis the CPP (Communist Party of the Philippines). Sa kanila February 10 pa pero marami na akong patay na sundalo (They said they are ending it on February 10, but many of my soldiers have already died),”)。

彼は、停戦を続けても意味がない、停戦を続けても何も生み出さない、と付け加えている(He said it was pointless “to continue with the ceasfire.”“(It) will not produce anything,” the President added)。

アニョ国軍参謀総長は、”民衆に対する新人民軍の残虐行為や犯罪行為を阻止するため新人民軍の捕縛に向かい、新人民軍に強打を浴びせる”、と表明(“We will go after the NPA to prevent them from conducting atrocities and criminal activities against the public. And we will hit them hard,” Gen. Eduardo Año, AFP chief, said in a statement)。

先週ミンダナオ地方北コタバト州マキララ町において国軍部隊と新人民軍が交戦し、新人民軍1人が死亡した後から停戦の雲行きが怪しくなったようだ(The government and communists each declared a unilateral ceasefire last August. It was broken after a firefight in Makilala, North Cotabato last week, which left one rebel dead)。

この1週間で新人民軍とみられる部隊の襲撃で国軍兵士6人が死亡、その他誘拐、恐喝等の事件も発生している(Six soldiers, including an Army lieutenant, were killed, and several incidents of abduction and extortion, supposedly done by the NPA, have been reported by the military since Sunday)。

(2月4日)

5.熱低ビシンはビサヤに近づいてから上陸せず遠ざかる
昨日4日午後10時熱帯低気圧ビシン(Tropical Depression "BISING” )は 南スリガオ 州ヒナトアン町(Hinatuan, Surigao del Sur)の440キロ東にあり時速11キロで北北西に進んでいる。

フィリピン気象庁の予報によると、本日5日午後10時頃東サマルの東435キロに近づいた後上陸せず進路を北東に変えてフィリピンから遠ざかるとのこと(24 Hour( Tomorrow evening): 435 km East of Guiuan, Eastern Samar、48 Hour(Monday evening):625 km East Northeast of Guiuan, Eastern Samar、ISSUED AT:11:00 PM, 04 February 2017)。

マクタン気象台は、本日セブは曇りで雨は殆ど無いだろう、と言っている(Cebu will be cloudy today but less chance of rain)。

本日午前5時北サマル州と東サマル州に強風警報が出されたが、セブ州を含めその他のビサヤ地方には出されていない。

この熱低ビシンは既にミンダナオ地方北東部に大きな被害をもたらしている。

溺死5人、行方不明3人、負傷2人(Fatalities from drowning in the province of Agusan Del Sur, Agusan del Norte, Surigao del Sur and Butuan City rose to five. Three are missing inAgusan del Sur and two from Surigao del Sur were injured)。

避難約1万5千家族、8万1千人(The Office Civil Defense (OCD) said a total of 14,854 families or 81,222 individuals were still in 197 evacuation centers in the affected provinces)。

その他、農作物とインフラの被害は甚大という。

(2月5日)

6.韓国マフィアがセブで最強、SMモールに爆弾脅威との偽情報
韓国マフィアがセブで最強、と大統領が語っている(DUTERTE’S REVELATION: KOREAN MAFIA ‘STRONGEST’ IN CEBU)。

韓国マフィアと推定されるメンバーがセブ州で最強の存在であり、セントラル・ビサヤの経済活動が盛んな場所で違法麻薬の販売や売春組織の運営を行っている、と4日土曜ダバオ市においてドゥテルテ大統領が語った(Members of a supposed “Korean mafia” have the “strongest” presence in Cebu province, selling illegal drugs and running a prostitution ring in the economic powerhouse of the Central Visayas region。The revelation came from President Rodrigo Duterte himself who, while speaking with reporters in Davao City on Saturday night)。

この大統領の発言をルイ・セントラル・ビサヤ麻薬取締局長も支持している(THE Philippine Drug Enforcement Agency (PDEA) 7 confirmed the pronouncement of President Rodrigo Duterte last Saturday night in Davao City that a Korean mafia is allegedly operating an illegal drug trade and a prostitution ring in Cebu)。

ルイ局長は、彼が副局長だった2009年からその種の情報は知っているという(PDEA 7 Director Yogi Filemon Ruiz said that he knew about this information since 2009 when he was still the deputy director)。

昨年逮捕されたウン(Kim See Woong、47歳)は、労働ビザをもちラプラプ市のバランガイ・マリバゴに12年住んでいた(Woong had a working visa and stayed in Barangay Maribago, Lapu-Lapu City for 12 years before he was caught last year for offering shabu to his clients)。

局長は、ある韓国人密売グループは主にタイから覚醒剤を輸入しているし、ある韓国グループはセブから韓国へ覚醒剤を輸出している、とみている(Ruiz said their monitoring indicated that this group of Korean drug pushers mostly smuggled in drugs from Thailand. Another group smuggled drugs from the Philippines to South Korea)。

セブから韓国に覚醒剤を持ち込むと値段が約3倍になるという( the supply of shabu in South Korea came from Cebu, which is worth 30,000 to 40,000 dollars per kilo。When it arrives in Korea, Ruiz said the price of shabu would rise up to 100,000 to 130,000 dollars)。

セブでおとり捜査に協力する韓国人を見つけるのが難しいので、捜査官が韓国人グループに潜入するのは大変という(He said that his group is having a hard time penetrating the Korean group because they can’t find a Korean decoy to help in the operation)。

2015年にはセントラル・ビサヤ国家捜査局がセブで売春ツアー会社を経営する4人の韓国人を逮捕している(On May 21, 2015, agents from the National Bureau of Investigation (NBI) 7 arrested four Korean nationals for allegedly running a sex-tourism firm。Ji Wongun, Lee Dong Jun, Kim Jung Hyun, and Jeung Gangil were allegedly part of a human trafficking syndicate operating in Cebu)。

セブには推定2万5千人の韓国人がいるという(Cebu has an estimated 25,000-strong South Korean community as of 2015)。

SMモールに爆弾脅威があるとの国家警察発とされる文書は偽もの(PNP memo about bomb threat fake)。

セントラル・ビサヤ管区警察局は、フェースブックやツイッター等のソーシャル・メデアで未確認の爆弾脅威情報を拡散させるな、と市民特にインターネット利用市民に対して訴えている(The Police Regional Office-7 once again appealed to the public, especially the netizens, to stop spreading unverified reports about bomb threats through social media including Facebook and Twitter)。

そして警察は、オンラインで拡散しているアブサヤフの爆弾攻撃が迫っていると警告している国家警察本庁発とされる文書はまったくの偽物であると言明している(The PNP further declared that the supposed memorandum from Camp Crame warning about looming Abu Sayyaf bomb attack which circulated online is just a hoax)。

タリニョ管区警察局長は、国家警察本庁からそのような文書は来ていない、と言う(Chief Superintendent Noli Taliño, PRO-7 director, told reporters over the phone that they did not receive any directives or similar memorandum from the PNP headquarters)。

国家警察本庁発とされる偽文書はSMが脅迫されているというもので、アブサヤフがSMに1千5百万ドルを払わなければSMモールを爆発するとの内容(The message which supposedly came from “SM Officers” claimed they got a message from the terrorist group Abu Sayyaf demanding to be paid $15 million or else they would bomb an SM mall)。

インターネットで拡がる前はテクストで拡がっていたという(Before the document went viral in the internet, text messages containing the same information was also being shared)。

(2月6日)

7.最低賃金(日給)13ペソ上昇と決定
昨日6日月曜セントラル・ビサヤ地域三者賃金生産性委員会は、同地域の最低賃金(日給)を13ペソ(0.440換算で30円)引き上げることを決定した(THE Regional Tripartite Wages and Productivity Board (RTWPB) 7 yesterday approved a P13-adjustment to the minimum wage in various parts of Central Visayas)。

メトロ・セブにおいては昨年設定の日給353ペソ(802円)が366ペソ(832円)となる(From P353 last year, minimum wage is now pegged at P366)。

同委員会は実施細目や施行日を議論するため13日月曜に再度招集される( the board will meet again on Feb. 13 to discuss how the wage increase will be implemented and when it will take effect)。

なお、女中の月給は2500ペソ(5682円)から3000ペソ(6818円)へ上昇(The RTWPB 7 also approved the increase of a kasambahay, or househelper, salary from P2,500 to P3,000)。

また、女中は持家促進相互基金、健康保険、社会保障制度に加入させなければならない(Under the law, a kasambahay must also be a member of Pag-IBIG Fund, Philhealth and Social Security System)。

セントラル・ビサヤ地域三者賃金生産性委員会への出席は、

政府側3人~セントラル・ビサヤ労働雇用局長(議長)、セントラル・ビサヤ貿易産業局長、セントラル・ビサヤ国家経済開発局長(副委員長)(Department of Labor and Employment 7 Director Exequiel Sarcauga as chairman;Department of Trade and Industry 7 Director Asteria Caberte、National Economic and Development Authority 7 Director Efren Carreon as co-chairpersons)。

使用者側2人~management representatives Philip Tan and lawyer Hidelito Pascual。

労働者側2人~labor representatives Jose Tomongha and lawyer Ernesto Carreon。


13ペソの上昇は、購買力の低下等と他地域との企業競争力を勘案したという。

購買力は26%落ちている(the value of P1 is now down to P0.73)。

使用者側は、ダバオ(最低賃金340ペソ)地域等との競争を勘案して使用者側の要求の全てに応じるわけにはいかないとの説明(Tan added that if the board will adhere to the adjustment asked by the labor group, companies may stop operating and the region may lose potential investments to other regions like Davao, whose labor cost is cheaper at P340)。

(注) 最低賃金は全ての労働者に適用されるわけではなく、適用除外又は減額措置の対象となる労働者がいる。

従業員数10人未満の小売・サービス業や政府により財政難であると認定された企業及び自然災害に被災していると認定された企業には最低賃金は適用されない。

また、見習い雇用期間中の労働者の最低賃金は75%に減額される。

(参考)セントラル・ビサヤの地域別最低賃金~クラスAからクラスDまでに別れている

Currently, Region 7 observes the following daily minimum wage rates:

P353 for Class A cities and municipalities like the cities of Carcar, Cebu, Danao, Lapu-Lapu, Mandaue, Naga, Talisay and the municipalities of Compostela, Consolacion, Cordova, Liloan, Minglanilla, and San Fernando;

For Class B cities and municipalities covering the cities of Toledo, Bogo and the rest of the municipalities in Cebu Province except Bantayan and Camotes Islands, the minimum wage is P320.
For Class C cities and municipalities in Bohol and Negros Oriental Province the minimum wage is P310.

For Class D (the municipalities of Siquijor Province and the municipalities in Bantayan and Camotes Islands) the minimum wage is P295.

(2月7日)

8.タクシー初乗り料金40ペソに戻る
2015年3月にタクシーの初乗り料金が30ペソ(0.4415換算で68円)に引き下げられたが、一昨日6日月曜(中央の)陸運許認可調整委員会はこれを40ペソ(91円)に戻すと決定した(THE Land Transportation Franchising and Regulatory Board (LTFRB) has decided to restore the P40 flagdown rate for taxis, nearly two years after it reduced it to P30 in March 2015)。

施行は、委員の命令書へのサインと新聞公告が済んだ後( LTFRB 7 Director Ahmed Cuizon said that the formal order has yet to be signed by the chairman and board members.“At the earliest, it may be signed on Feb. 8. After the signing, it will be published in a national newspaper of general circulation.Only then will the order take effect,”)。

現在タクシー・メーターの初乗り料金は40ペソとなっており乗客はメーター料金から10ペソを引いて支払っているが、施行後はメーターどおり支払うこととなる。

なおタクシー料金の値上げが認められたのは、メトロマニラ、セブ、パナイとフィリピン全国タクシー事業者協会がある地域のみ( the P40 base fare in taxis will be effective in Metro Manila, Cebu, Panay and in other areas where the Philippine National Taxi Operators Association is present)。

(注) 2015年3月初乗り料金が40ペソから30へ引き下げられたが、タクシーのメーターの調整は行われず乗客がメーターから10ペソ引いて支払うこととされた。

これは将来の燃料費の値上がりの可能性を考慮するとともに頻繁なるメーター調整を避けたもの。

2011年1月の値上げ(初乗り30ペソから40ペソ)の時 、セブの全タクシーが新料金メーターの検査(セブ市のセントラルビサヤ陸運許認可調整委員会の検査)を受けるのに3ヶ月を要しており、この3ヶ月間新料金と旧料金の2重料金制であった(新料金メーターの検査が済んだ車のみ新料金徴収)。


またメーター調整に3000ペソ(6795円)、封印に500ペソ(1133円)のコストがかかるとのこと(calibrating meters would cost P3,500 for each unit; P3,000 for the calibration and another P500 for the sealing of the taxi meter)。

初乗りが30ペソになったのは2004年で、その前は25ペソ。

(注)セブ州のタクシー登録台数は6075台だが、車両老朽化やドライバー不足で稼働しているのは約5000台とのこと (Cabucos( Richard Cabucos, president of Metro Cebu Taxi Operators Association) said that Cebu has 6,075 registered taxis but only around 5,000 are operational as some are no longer in good condition or lack of drivers)。

(2月8日)

9.第3橋鍬入れ式(3月2日)に大統領出席
昨日8日水曜アデリノ・シトイ大統領府立法連絡事務局長は、3月2日の第3橋(コルドバーセブ有料橋、 8.25-kilometer bridge)の鍬入れ式に大統領が出席すると発表した(Secretary Adelino Sitoy of the Presidential Liaison Office announces the visit of President Rodrigo Duterte on March 2 for the groundbreaking of the Cordova-Cebu City Link Expressway)。

大統領は大統領に就任後最初の橋プロジェクトの鍬入れ式であり任期中に完成予定ということで喜んでいる、と同局長は言う(Sitoy said that Duterte is happy with the project because this is the first bridge project that will be started and completed during his administration)。

この橋はメトロ・パシフィックが280億ペソ(0.4425換算で633億円)を投入して建設し2020年の完成予定である(The bridge, Sitoy said, will be constructed by the Metro Pacific in the amount of P28 billion. It is expected to be completed in 2020)。

前コルドバ町長で昨年9月大統領府立法連絡事務局長に就任したアデリノ・シトイ氏は、この有料橋は地方自治体主導の最初の官民パートナーシップによる建設である、と語る(The former Cordova mayor who was appointed as presidential liaison officer by Duterte last year said that the construction of the bridge is the first local government unit-initiated under the public-private partnership (PPP))。

有料橋の営業が開始されたらコルドバ町とセブ市はそれぞれ収入の1%づつ35年間受け取る(According to Sitoy, once the bridge will be operational, Cordova and Cebu City will receive a share of one percent each from the gross collection of toll fees for 35 years.)。

36年目以降、橋はコルドバ町とセブ市の共同所有となる(After this period, Sitoy said Cordova and Cebu City will jointly own the bridge)。

(注)アデリノ・シトイ立法問題担当大統領補佐官兼大統領府立法連絡事務局長~ ドゥテルテ大統領は弁護士出身でコルドバ町副町長のアデリノ・シトイ氏を2016年9月1日付けで立法問題担当大統領補佐官兼大統領府立法連絡事務局長に任命した(President Rodrigo Duterte has appointed lawyer Adelino Sitoy as Presidential Adviser on Legislative Affairs and head of the Presidential Legislative Liaison Office effective September 1)。

アデリノ・シトイ氏はコルドバ町長を2007年から2016年6月まで務め同年7月から同町の副町長に就任。一方彼の娘が町長に就任していた(He served as Cordova mayor from 2007 to 2016. He won as vice mayor in the elections last May 9 while his daughter Mary Therese "Teche" Sitoy-Cho was also elected as town mayor)。

アデリノ・シトイ氏は同町の副町長を7月と8月の2ヶ月間努めて辞任。

副町長が辞任した場合、選挙で最高得票の町会議員が副町長に就任、選挙で次点の者が町会議員になる( Sitoy said Cordova’s first councilor Victor Tago III will replace him as the town’s vice mayor. Ximgil Dino Sitoy will also be appointed as the eighth councilor of the town)。

副町長は、町議会の議長を兼ねることになっている。

なお、アデリノ・シトイ氏は 「ビサヤ学術協会」を立ち上げた中心人物の一人で、セブアノ語辞書作成に尽力している。

(参考)2008年4月の”初のセブアノ語辞書”に関する新聞記事

セブ州コルドバ町のアデリノ・シトイ町長はこのほど、史上初のセブアノ語辞書を間もなく完成することを明らかにした。セブアノ語は中部ビサヤ地方からミンダナオ地方にかけて広く使われる言葉。

 同町長によると、六万五千以上の単語を載せた千二百ページ以上の本格的な辞書で数年前から作成にかかったという。この辞書の普及をきっかけに、セブアノ語がさらに研究され、中央政府が初等教育に使うことを認めることが願いだという。同町長は「ビサヤ学術協会」を立ち上げた中心人物の一人で、辞書作成はその主要事業。。

 セブアノ語はフィリピン各地の方言と比べても独特で、非常に古い言葉。暦上の月の言い方も昔の住民が観察した季節の変化を表しているという。(9日・ブレティン)ーマニラ新聞翻訳

(2月9日)

10.セブ市と北九州市が”電気電子機器廃棄物管理了解覚書”締結
昨日9日木曜セブ市と北九州市は、セブ市の 電気電子機器廃棄物(E-waste)管理に関する了解覚書に調印した(THE Cebu City Government and the City of Kitakyushu in Japan yesterday signed a memorandum of understanding (MOU) for the management of the City’s electronic waste)。

この調印は、オスメーニャ・セブ市長と8人が北九州市を訪問して(国際協力機構(JICA)の経費負担)行われた(This is an offshoot to the visit of Mayor Tomas Osmeña and eight other officials to Kitakyushu, a trip funded by theJapan International Cooperation Agency)。

(注)主な訪問日程
2 月 9 日(木) 午前ー北九州市役所にて電気電子機器廃棄物管理了解覚書(環境技術協力協定)締結。
午後、日本磁力選鉱ひびき工場(北九州市若松区響町)視察。

2市は電気電子機器廃棄物などの 特別廃棄物のリサイクルや管理を促進し、持続可能な経済を発展させ、水、大気、土壌汚染問題に取り組み環境を保全する、としている(The two cities will promote recycling and management of special wastes such as electronic wastes, develop green economy and conserve the environment by addressing pollution on water, air and soil)。

北九州市はセブ市に対し持続可能な開発に関する技術支援を行う(The City of Kitakyushu will provide technical advice to Cebu City on sustainable development)。

セブ市は電気電子機器廃棄物管理条例を公布したが、管理方法やリサイクルのシステムは皆無であるという(the City passed Ordinance 2450, mandating the management of the electronic wastes, although no system has been in place for it yet)。

なお、このthe Sun.Star Cebu newspaper (on February 10, 2017)の記事は具体性に乏しくわかりにくいので以下日本経済新聞の記事を掲載する。

(参考)北九州市、比セブと環境技術協定 (2017/2/9 21:54、日本経済新聞)

 北九州市は9日、フィリピン・セブ市と環境技術協力協定を締結した。セブ市では蛍光灯や家電製品などの有害な金属を含む特別廃棄物のリサイクルの仕組みがなく、埋め立て処分に伴う土壌汚染や作業員の健康被害などが問題となっている。北九州市は今後、特別廃棄物の回収の仕組みづくりの支援を通じて、循環型社会への移行を後押しする。

 協定によると、蛍光灯や家電製品のほか、乾電池などの特別廃棄物の資源循環促進などに向け、今後3年間でモデル事業を実施。まず現地に職員を2カ月に1回程度派遣し、セブ市が昨冬に公布した条例に基づいて進めている行政区単位での特別廃棄物の回収の仕組みづくりに向け、指導や助言などをする。

 集めた特別廃棄物の中から有害金属や希少金属の回収も計画。回収技術を持つ現地企業がないため、北九州市に輸出して市内企業がこうした金属の抽出や再利用に取り組む。

(注)この覚書調印前に、日本磁力選鉱株式会社の提唱する「フィリピン共和国セブ市における電気電子機器廃棄物リサイクルシステム普及促進事業」が、昨年2016年6月、国際協力機構(JICA)の「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」(普及促進事業)に採択されている。(”フィリピン経済・金融・投資情報”より)

(2月10日)

11.韓国からのプラスチックのゴミを送り返す
韓国から輸入された細切れになったプラスチックのゴミは本日韓国に向けて送り返される予定という(The plastic wastes are expected to be transported back to its origin today)。

輸入してマンダウエ市のバランガイGuizo(市の南部で市の中心に近い)とバランガイTingub(市の北部)の倉庫に捨てられていたプラスチックのゴミは昨日10日金曜までに輸入した船舶に戻されていた(the plastic wastes dumped in Espina Warehouse in Barangays Guizo and Tingub were hauled yesterday)。

ゴミの船舶は韓国の済州港を12月30日に出港し1月20日にセブ港に入港、その後ゴミの荷揚げが開始されマンダウエ市へ運び出されていたという(M/V Christina departed from Jeju Port in South Korea on December 30, 2016 and arrived at the Port of Cebu last January 20. It started unloading the shipment a few days after)。

プラスチックのゴミはセブ港に船舶Cristinaにより5000トン運ばれてきており、その内約3000トン が運搬許可が得られていないのにマンダウエ市に運び込まれていた( the consignees only had a Permit to Entry, but there was no Permit to Transport)。

セブ地区税関の関税徴収官は、非針葉樹材のこっぱとリサイクル合成樹脂と申告した荷受け主のMoving Forward Global trading Inc.に対し既に差押状と勾留状を出していた(BOC Cebu District Collector Elvira Cruz has earlier issued a warrant of seizure and detention against Moving Forward Global trading Inc., the consignee of the garbage that was declared as non-coniferous wood chips recycled synthetic resin)。

この申告は、意図的な不実申告( intentional misdeclaration)と見なされている。

またこの輸入はバーゼル条約違反という(Importation violated basel convention)。

(注) バーゼル条約~正式には「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」といい、一定の廃棄物の国境を越える移動等の規制について国際的な枠組みおよび手続等を規定した条約(Basel Convention on the Control of Transboundary Movements of HazardousWastes and their Disposal)。

セブ港のある税関職員は、この荷物は最初からゴミのような臭がしていた、と言っている(the shipment smells like garbage)。

環境天然資源省、セブ港税関、マンダウエ市はゴミの荷受人を起訴する準備をしているとのこと。

(2月11日)

12.タクシー初乗り明日13日から40ペソ、妊婦がジカ熱セブ市
タクシー初乗り料金が明日13日月曜より30ペソ(0.4385換算で68円)から40ペソ(91円)に値上げとなる(Monday or Feb. 13 when the order to make P40 as the prevailing rate will take effect)。

本日までメーター料金から10ペソ(23円)を引いて支払えばよいが、明日からメーターどおりに支払うこととなる。

初乗り料金以外の300m毎の距離料金3.5ペソ(8円)、2分毎の停車時間料金3.5ペソは変更なし(rate for succeeding meters would remain at P3.50 every 300 meters and also P3.50 for every two minutes of waiting time)。

初乗りが40ペソになるのは、コルディリェラ行政地域を除く全国とのこと(to make the flagdown rate P40 effective Feb. 13 to be implemented nationwide except in the Cordillera Administrative Region (CAR))。

(注)コルディリェラ(山岳地帯)行政地域~ルソン島北部のコルディリェラ・セントラル地域一帯の内陸地方。地域全体が主に山岳地帯となっている。アブラ州/アパヤオ州/ベンゲット州/イフガオ州/カリンガ州/マウンテン州の6州。中心都市はバギオ(Baguio)。

なお、オーバーチャージの罰金は、運転手1千ペソ(2281円)、タクシー会社事業主5千ペソ(11403円)とのこと(Under Joint Administrative Order (JAO) 2014-01, drivers will pay a penalty of P1,000 for the offense while operators will also pay P5,000)。


セブ市の妊娠3ヶ月の妊婦が確認検査( マニラの熱帯医学研究所)によりジカ・ウイルスに感染していると確認された(A woman three months pregnant has been confirmed infected with the Zika virus following confirmatory testing)。

これは、セブ市で昨年9月の妊婦の感染以来2例目(this case was second to happen in Cebu City after the first was found last September)。

この妊婦は1月第3週に発疹が出来たということで産婦人科医の診断を受けジカ・ウイルス感染が発見され、その後確認検査をしていた(The second infected patient said she consulted her obestetrician ー gynecologist in the third week of January after developing rashes)。

保健局は出産までこの妊婦の検診を続ける(The DOH will monitor the woman until she gives birth)。

なお、昨年9月にジカ・ウイルス感染とされたセブ市の22歳の妊婦はその後検診を受けているが昨年11月の検査では、胎児は健康で小頭症等の異常は見られない、との CNN Philippinesの報道があった(昨年11月時点で妊娠20週)( Tests show that 22-year-old patient's baby is healthy and with no signs of abnormality, like microcephaly - a birth defect linked to the Zika virus、 By CNN Philippines Staff、Updated 12:27 PM PHT Thu, November 17, 2016)。

この時の超音波検査では全て正常だったとのこと(the woman took an ultrasound test after being tested for Zika and the findings are all normal)。

昨年9月にはタイで東南アジア最初のジカ熱関連の小頭症の赤ちゃんが生まれたとの報道があった(Thailand reported on Friday the first confirmed cases in Southeast Asia of microcephaly linked to mosquito-borne Zika、Fri Sep 30, 2016 | 7:20am 、Reuters. )

(2月12日)

13.1月から麻薬関連殺人はないセブ市
セブ市においては1月から所謂自警団殺人(正体不明の自警団が自己判断で犯罪容疑者と断定して人を殺害する事件)も含め麻薬関連殺人が発生していないとのこと(Drug-related deaths, even by unknown shooters, stopped since January this year)。

昨年12月は所謂自警団殺人は複数あったけれど、1月からは自警団殺人は発生していない(There were drug suspects slain in December last year but these were done by unknown assailants。unknown shooters, stopped since January this year)。

セブ市警察本部による麻薬犯手入れ中の死者は昨年遅くなってからは発生していない(Since late last year, no drug-related killing occurred during operations by the Cebu City Police Office (CCPO))。

”セブ市ではもはや麻薬関連殺人は無いのだ。昨年からそうなのだ。もはやオートバイ2人乗りの殺し屋もいないのだ。”とドリア・セブ市警察本部長は言う(“We don’t have drug-related killings anymore in the city. It had been that way since last year. There were no more riding-in-tandem suspects, as well,” Senior Supt. Joel Doria said)。

昨年7月から今年1月まででセブ市警察本部は麻薬関連の手入れを1400回行って、昨年11月までで18人の死者が出ていたという(From July 2016 to January 2017, Doria said the CCPO staged over 1,400 operations, with eighteen deaths up to November last year)。

なお、1月30日国家警察長官は、 腐敗した警官らを一掃するまでの間麻薬撲滅戦争を一時停止すると発表している(Philippine National Police (PNP) chief Director General Ronald “Bato” dela Rosa yanked the police out of the war on drugs )。

(2月13日)

14.違法賭博戦争開始宣言、セブ市警の8警官解職
先週ドゥテルテ大統領はあらゆる形態の違法賭博に対する政府の戦いを強化するとして大統領令13号を発したが、これを受け昨日13日月曜デラ・ロサ国家警察長官は違法賭博に対する戦争を開始すると宣言した(President Duterte issued last week Executive Order (EO) No. 13 intensifying the government’s fight against all forms of illegal gambling。“The PNP is hereby declaring war against illegal gambling,” PNP chief Director General Ronald “Bato” dela Rosa said in a press conference in Camp Crame on Monday)。

一方、1月30日デラ・ロサ国家警察長官は、腐敗した警官らを一掃するまでの間麻薬撲滅戦争を一時停止すると発表しているが、この内部浄化の一環としてセブ市警察は今回職務遂行上で様々な違反行為があったとして8人の警官を取り調べ対象とし職から外した(As the internal cleansing in police ranks continues, another eight police officers in Cebu City are now being investigated and relieved from their posts for allegedly committing various infractions in the performance of their duties)。

ドリア・セブ市警察本部長は、これらの警官はゆすり、重大な職務怠慢、著しい不行跡、無断欠勤などの様々な違反行為があったので取り調べを受けていると説明している(Doria said the police officers are being investigated for various irregularities in the performance of their duties like committing extortion, serious neglect, grave misconduct, and even being absent without leave)。

しかし、麻薬取締活動との関連での不行跡取り調べ対象者はいないとのこと(No police have been placed under investigation for alleged involvement in any illegal drug activity yet, Doria added)。

市警の職を外された8人はセントラル・ビサヤ管区警察に移されている(The said policemen are currently assigned at the Police Holding and Accounting Unit of the Police Regional Office-7)。

ドリア本部長は、彼が就任した昨年7月からは27人(昨年19人、今年8人)の警官が取り調べ対象になっているとしている(Doria disclosed that there were a total of 27 police officers, including the 19 last year, being investigated since he assumed office July last year)。

そして内9人の警官は開示を怠った資産があるとしてオンブズマンに刑事上及び行政上の告訴をされている(Earlier, nine police officers in Cebu were also slapped with criminal and administrative complaints before the Office of the Ombudsman for the Military and Other Law Enforcement Office over undisclosed wealth)。

これらの警官は贅沢な暮らしをし、資産負債純資産報告に記載をしなかった複数の自動車を所有しているという(the said police officers are living with a lavish lifestyle and o

(2月14日)

15.裁判所がセブ市に行政命令の一時差止命令
今月上旬よりオスメーニャ・セブ市長はセブ市のBDO Unibank(BDO)の支店の閉鎖命令を今月第3週(12日の週、すなわち今週)に出すと宣言していたところであるが、セブ地方裁判所はセブ市のBDOの支店に対する処分を72時間一時差止める命令を出した(THE Regional Trial Court (RTC) Branch 18 has issued a 72-hour temporary restraining order (TRO) against the Cebu City Government from doing any move against the Banco de Oro (BDO).This means, Mayor Tomas Osmeña is restricted from doing any move that will lead to the closure of any BDO Unibank branches in the city)。

13日月曜朝BDOは、BDOの支店の営業許可の更新をするようにとの職務執行令状を市長に対して出すようにと裁判所に求めており、一時差止命令は同日午後に出された(The TRO came after the bank filed a petition for mandamus last Monday to compel Osmeña to decide on the renewal of their business permit applications)。

(注)市長は13日まで日本へ出張中であった(The mayor will be in Japan for an official trip from February 8 to February 13)。

一時差止命令と一緒にオスメーニャ・セブ市長に対してこの件に関し更なる発言を禁ずるとの命令も出された(In his order, Moises also prevented Osmeña from making further public comments or statements related to the matter)。

市長が”BDOは税金詐欺をしているので閉鎖する”とメデアに対し発表していたので、この種の発言をを禁じたということ(to refrain from making statements similar to what he has been saying in media, that he would close the bank because of alleged tax fraud)。

この騒ぎは、市長がBDOの税金の支払いが少なすぎるとしてBDOの支店の営業許可の更新をせず、営業許可がないのに営業しているから支店の閉鎖命令を出すとしていることから来ている。

昨日14日火曜市長は記者会見でセブ市のBDOの26支店全部に閉鎖命令を出すと語っている(In his news conference yesterday, Osmeña, however, stood firm on his earlier pronouncement that he will close the 26 BDO branches in the city)。

裁判所の一時差止命令にもかかわらず、市長はセブ市のBDOの余命は幾ばくもないとBDOに警告している(Despite the TRO, Osmeña warned BDO that their days in the city are already numbered)。

市長の主張は以下のとおり。

BDOのMagallanes Streetの支店は1日に6ペソしか営業税を支払っていない(the BDO branch in Magallanes Street pays only P6 a day in business taxes)。

(注)Magallanes Street~マゼラン・クロスを通る道路。マゼラン・クロスから海の方向へ行く道路及び山の方向へ行く道路。サントニーニョ教会とセブ市役所に挟まれている。マゼランにちなんで名付けられている。商業の中心地の一つ。

最も稼いでいる銀行が貧困を装っている、市役所の用務員が年に5千ペソの税を払っているのにBDO branch in Magallanes Streetは年に2千ペソしか払わない、と市長は言う(Imagine, the most profitable bank in the country is pretending to be poor. A janitor in city hall pays about P5,000 a year in taxes, this BDO branch pays city hall P2,000 a year)。

BDOは、裁判所に営業税及び営業許可更新手数料を託した(BDO also said that together with the petition, the bank consigned to the court the payment for the local business taxes and permit fees)。

(注)BDO Unibank(BDO)~フィリピン最大の銀行。SMなどを所有するヘンリー・シー(Henry SY)率いるシー財閥グループに属す。

BDO has one of the largest distribution networks among local banks, with more than 1,000 operating branches and over 3,000 ATMs nationwide.It is the country's largest bank in terms of total assets, loans, deposits and trust funds under management based on published statements of condition as of June 30, 2016。

(2月15日)

16. BDO支店への閉鎖命令に対する一時差止3月6日まで延長
13日月曜セブ地方裁判所はセブ市のBDOの支店に対する閉鎖命令を72時間の一時差止命令を出したところであるが、昨日15日水曜同裁判所は一時差止命令を17日間延長し3月6日までとした(THE 27 Banco de Oro (BDO) branches in Cebu City will continue their operations?at least for the next 20 days)。

判事は、昨日のセブ市及びBDOの口頭弁論の後、セブ市がBDOのセブ市28支店の内の27支店に対して閉鎖命令を出すことを禁ずる現状維持命令を出した(Moises, of the Regional Trial Court branch 18, issued the status quo order after he called both parties to a conference inside his chamber during the hearing of the civil petition)。

(注)セブ市は、今年開店したばかりのSM Seaside City Cebu支店を除いた27支店の2017年分の地方税と営業許可更新手数料の受取を拒否しており、27支店の営業許可は昨年12月31日で失効している(In the petition, BDO said the City Government refused to accept payments for 2017 local taxes and fees of its 27 bank branches, including the BDO Magallanes branch。The City Treasurer’s Office accepted the payments only of BDO branch in SM Seaside City Cebu, which began its operation only this year。the business permits of all BDO branches in Cebu City expired on Dec.31, 2016)。

次回の口頭弁論は27日月曜であるが、判事は双方の弁護士に口頭弁論の書面を準備するよう要請した(Likewise, Moises also gave the counsels for both parties 10 days to submit their respective memoranda.The hearing on the petition will resume on Feb. 27)。

なお、オスメーニャ・セブ市長は、昨年12月BDOの役員等幹部をセブ市検察に刑事告発している(Osmeña filed a criminal complaint before the Office of the Cebu City Prosecutor against the BDO executives and Board of Directors last Dec. 4)。

BDOのMagallanes St.支店は2016年の総収入が40万ペソ(0.435換算で92万円)であると過少申告、虚偽の申告をした等が告訴理由という(BDO-Magallanes St. branch in Cebu City allegedly under-declared and falsified its declaration of gross sales of only P400,000 to the City Treasurer’s Office for 2016)。

(2月16日)

17.強風で大型ビルボード下ろす、今年の最低気温
Dave Tumulakセブ市議会治安委員長の要請で一昨日15日水曜からセブ市において強風のため大型ビルボードを一時的に下ろす作業が始まっている( SOME billboard operators in Cebu City have started to take down their billboards due to the strong winds。Councilor Dave Tumulak had requested them to temporarily do that for the safety of the public)。

AlcordoアドとI P Iの2社が要請を受け入れ最初に下ろしてくれたとのこと(Tumulak, who chairs the committee on public order and safety in the City Council, said Alcordo Advertising and International Pharmaceutical Inc. were the first ones to heed his request)。

北東の季節風アミハンが強く吹いている。

15日水曜には秒速8~14メートルの風を記録した(The Cebu City Command Center weather station yesterday recorded wind speeds of about 30 to 50 kph due to the northeast monsoon, Tumulak said)。

また車の運転、特に南海岸道路における運転に注意せよとのこと(Tumulak also asked motorists to be extra cautious, especially those passing through the South Road Properties because it is prone to accidents with the weather nowadays)。


一方、13日月曜にはセブで今年の最低気温を観測したとのこと(THE weather bureau Pagasa yesterday said that Cebu experienced the coldest temperature last Monday)。

13日月曜午前5時に23.5度を記録(At 5 a.m. last Monday, the temperature was 23.5 degrees Celsius)。

これは中国大陸の高気圧と西フィリピン海の低気圧という気圧配置による(This was the result of the high pressure area in mainland China as against the low pressure area at the West Philippine Sea)。

通常2月は最低24度、最高31度とのこと(The normal temperature is between 24 and 31 degrees Celsius)。

そしてこの30年その年のセブの最低気温は1月に記録しているのだが、今年は違ったとのこと(PAGASA-Cebu chief Engr. Alfredo Quiblat, Jr., in an earlier report,had said that the past three decades saw the country experiencing its coldest temperature in January。This year, however, is different)。

今年1月11日、12日、17日には23.6度を記録していた(February has the lowest temperature compared to January’s 23.6 degrees Celsius experienced on January 11, 12 and 17)。

13日月曜強風警報は出ていなかったものの海が荒れていたので、沿岸警備隊はレイテ島のオルモックとボホール島へ行く便をキャンセルさせている(Meanwhile, the Philippine Coast Guard (PCG) canceled the trips of vessels from Cebu to Ormoc, Leyte and Boho due to unfavorable sea condition.Even though there was no gale warning, the PCG wanted to ensure public safety)。

(2月17日)

18.63人の警官が調査を受けており多分停職になる
セントラル・ビサヤ管区警察の63人の警官が贅沢な生活や麻薬関連の嫌疑についての調査を受けており、彼等は多分予防的停職となるだろうとのこと(THE 63 active officers under the Police Regional Office (PRO) 7 may face preventive suspension while investigation on their lifestyle and alleged involvement in the illegal drug activities is being done)。

セントラル・ビサヤ管区警察の内部訴追部は、証拠がそろい次第63人の警官を行政監察員に訴追する(RIAS( Regional Internal Affairs Service) intends to file cases before the Office of the Ombudsman against those found to be involved in questionable activities or conduct)。

また9人の警官は、資産負債純資産報告に記載されてない自動車を所有しているなど説明のつかない贅沢な生活をしているとして既に先月公務員弾劾裁判所に刑事訴追及び行政訴追されている(Nine police commissioned officers were already charged with criminal and administrative complaints before the anti-graft court last month for their unexplained lavish lifestyle, which included owning several cars that were not declared in their Statement of Assets, Liabilities and Net Worth (SALN))。

これらの9人の警官は既にセントラル・ビサヤ管区警察から国家警察本庁に異動になっている(These officers were formerly assigned in PRO 7 and are now in Camp Crame)。

これらの動きは、国家警察による全国的内部浄化(悪徳警官一掃)活動の一環である(The move was part of the nationwide internal cleansing implemented by the Philippine National Police)。

(2月18日)

19.フィリピン大学セブ校でオタク祭り
昨日18日土曜セブ市ゴロルド・アヴェニューのフィリピン大学セブ校でオタク祭りが開催され5000人以上のコスプレイ・ファンが集まったという( More than 5,000 cosplay fans flocked to the University of the Philippines Cebu (UP Cebu) grounds yesterday to celebrate Otakufest)。

コスプレイ大会の他、日本の伝統的趣味の店、飲食店、文化や教育交流の店も出ていたとのこと(Aside from cosplay, the event hosted several traditional Japanese hobbies, food stalls and cultural and educational exchange booths)。

コスプレイ大会などの様子は、パソコンに”Otakufest、Cebu、画像”を入力して検索すれば多くの写真を見ることができる。

オタク祭りは、アニメ、映画、ビデオゲーム、日本のマンガ好きの”オタク”という日本語から由来する、と cebudailynews.inquirer.netは紹介している( Otakufest derived its name from the Japanese term “otaku” which in turn describes fans of anime, films, video games and Japanese manga)。

(注)otaku~日本語を語源とする英語。otaku【名】〈日〉(アニメ)オタク、日本製アニメや漫画などの熱心なファン、英辞郎 on the WEBより。

(注)コスプレイ~ アニメやゲームなどの登場人物やキャラクターに扮する行為。

セブでも 日本のアニメやマンガ等といった日本文化が人気でオタク祭りは2007年から開催されている(yesterday’s event commemorated the first UP Otakufest which began in 2007)。

(2月19日)

20.高速フェリーとはしけが衝突58人負傷
18日土曜午後10時頃マクタン海峡において高速フェリーとタグボートに曳航されていたはしけが衝突し、58人が負傷、内23人がセブ市の3病院へ入院した(The collision left 58 passengers injured, 23 of which, including the ship captain, are now confined at the Cebu Doctor's Hospital, Chong Hua Hospital, and Vicente Sotto Memorial Medical Center in Cebu City)。

入院患者は裂傷や骨折という(Those who were admitted sustained lacerations and fractures)。

事故現場はマクタン海峡入り口でニューブリッジの数百メートル北。

高速フェリーはSt. Braquiel (SuperCat Fast Ferry Corp. of 2Go Shipping)で、レイテ島のオルモック港からセブ港に向かっていた。

この高速フェリーは292.5トンの客船で定員247人のところ90人が乗船していた(The 292.5-ton passenger vessel had 90 passengers on board, or just over a third of its carrying capacity of 247 passengers)。

はしけはSMC Barge No. 8 (San Miguel Corp. )でタグボート( tugboat, Philmarine Service Corp. (PSC) Matatag)が曳航していた。

このはしけは、1302.64トンで長さ80メートルで空のビール瓶を積んで、イロイロ州の Estancia港からマンダウエ市の岸壁( Ouano Wharf)に向かっていた(1302.64-gross ton barge, which is 80 meters in length, left Estancia, Iloilo)。

(注)マンダウエ市にサンミゲルの大きなビール工場がある。

事故の全面的な原因調査は、双方の船長から事故の詳細を記した海難報告書(事故後24時間以内の提出義務)が提出されてから始まる(Yesterday, the Philippine Coast Guard told reporters a full blown investigation into the incident will commence only after the captains of the two vessels file their respective marine protests, a document that details their version of the incident)。

はしけは、マクタン海峡の5ノットの制限速度より低い2.8ノットで曳航されていた(It was found that the barge was cruising at 2.8 knots, which is below the speed limit)。

高速艇の速度は、船長が負傷のため入院したので今のところ不明。

事故は、はしけに後ろから高速フェリーが追突した、と今のところ見られている( Initial investigation revealed that Mv St. Braquiel hit the back of Mtb SMC 8 while the boats were maneuvering to enter Mactan Channel at 10:00 p.m. last Saturday)。

高速フェリー側は、タグボートの船尾の灯りは点いていたが、はしけの灯りは無かったと主張している(MV St. Braquiel has entered Mactan Channel and was about 500 meters from the Marcelo Fernan Bridge heading for the Cebu City port when the vessel’s crew sighted the stern light of a tugboat. However, the barge it was towing was unlighted)。

(2月20日)

21.夫婦喧嘩で石油ランプ投げ大火1130人焼け出される
昨日20日月曜午前0時半ごろ火災が発生しセブ市のバランガイTisaとバランガイLabangon(両バランガイともバランガイ・キャピトルサイトの西隣りのバランガイ・グアダルーペの南隣)の198軒が焼け275家族1130人が焼け出された( the alarm was received at 12.28 a.m.。 As of 12 noon yesterday, the city recorded 275 families or 1,130 individuals that lost their homes. At least 194 houses were destroyed and four were damaged)。

死傷者はいないもよう。

午前2時33分下火になり、午前6時58分消火完了(The fire was controlled at around 2:33 a.m. and was declared out at 6:58 a.m.)。

失火原因であるが、夫婦喧嘩で夫が妻に火の灯っている石油ランプを投げつけた、との情報がある(they received reports that a couple had a confrontation, prompting the husband to throw a lighted kerosene lamp at his wife, inside their residence)。

当局はこの夫婦の行方を探している(Investigators are looking for the suspect, a certain Andrew Balunan, and his wife)。

(2月21日)

22.海難調査チーム今週立ち上げ~18日夜のマクタン海峡事故
18日土曜夜マクタン海峡において高速フェリーとタグボートに曳航されていたはしけが衝突するという事故が発生したが、この正式な海難調査が今週開始される(Formal investigation would start within the week)。

海難調査チームは8~10人の専門家により構成される(they would create the MCI(Marine Casualty Investigation)within this week, an investigating body which would be made up of at least 8 to 10 people with technical experts)。

沿岸警備隊は既に事故当事者双方の海難報告書のコピーを受け取っているが、更に高速フェリーの乗客からの情報も必要という(Though PCG already received copies of the marine protest from both parties but Ampil said that they still would need more information especially from the accounts of the passengers)。

また、事故時に視界ゼロの中で高速フェリーのレーダーが機能していたか等、解明が必要な点があるとのこと(“There are also some questions that need to be answered like, gumagana ba ang radar ng vessels at zero visibility ba during the incident?,” Ampil said.)。

(注)Dionlett Ampil~セントラル・ビサヤ管区沿岸警備隊セブ警備署の署長、the commander of PCG for Cebu Station。

というのは、高速フェリー会社の経営責任者は、高速フェリーがニューブリッジにさしかかった時、電波反響で高速船のレーダー画像が不鮮明になっていたと言っているので、この点の解明が必要(Supercat Fast Ferry Corporation general manager Lito Salvio earlier claimed that MV St. Braquiel’s radar was distorted when it reached Mactan-Mandaue Bridge, since radar echoed。Ampil said that they still have to find it out about Salvio’s claims)。

セントラル・ビサヤ海事産業局は、既に事故を起こした両船舶の航行差し止め命令及び両船長の予防的停職命令を出している(The Marina(Maritime Industry Authority)-7 also had issued a passenger ship safety certificate against MV St. Braquiel and cargo safety certificate against SMC Barge No. 8 of San Miguel Corporation with Philmarine Service Corp (PSC) Matatag。These means that the vessels are suspended until the investigation would be completed and they would be cleared by the Coast Guard。Skippers Renierio Maurin of MV St. Braquiel and Edgardo Binolinao of Philmarine Service Corp (PSC) Matatag are also under preventive suspension)。

高速フェリーの乗客23人はセブ市の病院へ入院し2人はマンダウエ市のMandaue City hospitalへ入院したが、このMandaue City hospitalへ入院した2人はまだ入院している。

2人に対しては1日700ペソ(0.445換算で1573円)の食費が高速フェリーの会社から出ているとのこと(The company representatives handed cash for everyday food consumption. Per victim passenger, the company gave P700 per day for the allowance)。

医療費は高速フェリーの会社が全額負担すると約束している(The company promised to shoulder the medical expenses)。

高速フェリーの会社としては他の金銭支出は予定しておらず、苦情のある人はセブ港第4埠頭にる会社のMylen Manlangitのところへ行ってくれ、と経営責任者は言っている(“As for the complaining passengers, we advised them to go to our office at Pier 4 and to bring their concerns up to Mylen Manlangit。Our management will evaluate the passengers' complaints and have them validated,” Salvio said)。

(2月22日)

23.大火の原因は夫婦喧嘩ではない、最低賃金3月10日よりアップ
20日月曜の大火でセブ市のバランガイTisaとバランガイLabangonの198軒が焼け275家族1130人が焼け出され、火事の原因は夫婦喧嘩で夫が妻に火の灯っている石油ランプを投げつけたこととの情報があったが、その後の調査で夫婦喧嘩で火元と指摘されていた夫婦の家は火元ではないことがわかった。

火事の原因は、別の家の8歳の子供が祭壇に石油ランプを消さずに放置して眠ってしまった後、猫又は鼠がランプを倒し紙か衣類等燃えやすいものに引火したのではないかと今のところみられている(AN eight-year-old boy who reportedly left a gas lamp on the altar may have accidentally caused the blaze。The child failed to put it off because he fell asleep。a stray cat or rat may have hit the lamp and fell on flammable materials like paper or clothes)。

(両親は外出していた)

この家はペットを飼っていないが、野良猫や鼠がいつも家族を悩ませていたとのこと(they do not own pets, but stray cats and rats often plague their household)。


今月6日セントラル・ビサヤ地域三者賃金生産性委員会は、同地域の最低賃金(日給)を13ペソ(0.440換算で30円)引き上げることを決定したが(詳細決定は13日に決定)、3月10日から実施となる(Starting March 10, the minimum wage for workers in the private sector and other employees in Region 7 will increase by P13)。

最低賃金上昇はローカル紙に公告されてから15日後に効力を発するが、本日公告された(the increase will take effect 15 days after publication of Wage Order No. ROVII-20 in a local newspaper。The order will be published today)。

メトロ・セブにおいては非農業職で昨年設定の日給353ペソ(802円)が366ペソ(832円)となる。

(参考)セントラル・ビサヤの地域別最低賃金~クラスAからクラスDまでの地域別と、非農業、砂糖を除く農業、砂糖農業の職種別に別れている。

Under Wage Order ROVII-20, the new daily minimum wage in the region for each area classification including agriculture and sugar shall be as follows:

1)Class A (cities of Carcar, Cebu, Danao, Lapu-Lapu, Mandaue, Naga, Talisay, and Municipalities of Compostela, Consolacion, Cordova, Liloan, Minglanilla, San Fernando, or Expanded Metro Cebu)

Non- agriculture: P366, Agriculture: P348 (non-sugar) and P316 (sugar)

2)Class B (cities of Toledo, Bogo, and the rest of Municipalities in Cebu Province except Bantayan and Camotes Islands)

Non-agriculture: P333, Agriculture: P318 (non-sugar) and P303 (sugar)

3)Class C (all cities and municipalities in Bohol and Negros Oriental Provinces)

Non-agriculture: P323, Agriculture: P303 (non-sugar) and P303 (sugar)

4)Class D (Municipalities in Siquijor Province and Municipalities in Bantayan and Camotes Islands)

Non-agriculture: P308, Agriculture: P288 (non-sugar) and P303 (sugar)

(2月23日)

24.垂れた電線で少年感電死、88軍人をモールや港に配置
一昨日22日水曜午後4時頃セブ市バランガイAgsungot(山のバランガイ、コンソラシオン町の山側)で学校から帰宅途中の7歳の少年(小学2年)が垂れた電線に触れて感電死した(A SEVEN-YEAR-OLD boy who was on his way home from school was electrocuted in the mountain barangay of Agsungot, Cebu City last Wednesday afternoon)。

バランガイ・キャプテンは、大型トラックが電線をひっかけたのではないかと言っている(The barangay captain suspected that a big truck had snagged the wire)。

配電会社は当日夜電線を修復した(Veco was able to fix it that night)。

タランバン警察署長は事故調査チームを現場に派遣するとしている(Talamban Police Chief Arieza Otida said she will send a team to investigate the incident)。


来週(26日の週)88人の軍人がセブ市の公共場所の警備に当たる(A TOTAL of 88 soldiers from the Armed Forces of the Philippines (AFP) are set to be deployed in different public areas in Cebu City next week)。

モール、バスターミナル、港、道路、山のバランガイ等に配置され、警察のバックアップをするとのこと。

これは、来週3月2日木曜ドゥテルテ大統領がセブ・コルドバ有料橋の鍬入れ式出席のためセブを訪問することと関係があるのかもしれない。

昨日23日木曜ビサヤ担当のディノ大統領補佐官が、大統領は3月2日午後3時頃セブに到着するだろう、と記者会見で述べて大統領来訪は確定であるとした("Yes, he will be here on March 2. But I am not yet so sure about the time but perhaps around 3 p.m.," said Michael Lloyd Dino, presidential assistant for the Visayas, in a press conference yesterday)。

なお、建設工事はセブ市側とコルドバ町側の両サイドから始まるとのこと(the construction will start on both sides of the bridge, with one end starting at the mouth of the Guadalupe River in Cebu City while the other end will start at Barangay Pilipog in Cordova)。

(3月24日)

25.27日月曜交通スト
Piston Cebuの約700人のジプニー運転手や経営者と少なくとも200人のマンダウエ市のトライシクルのドライバーが27日月曜の全国規模の交通ストに加わる、と昨日24日金曜午後発表した(About 700 members of the Pagkakaisa ng Samahan ng mga Tsuper at Opereytor Nationwide (Piston) Cebu and at least 200 tricycle drivers in Mandaue City are joining the nationwide ‘Tigil Pasada’ on Monday)。

これによりメトロ・セブの公共交通の80%が影響を受けるという(80 percent of public transportation in Metro Cebu would be affected)。

(注)Pagkakaisa ng Samahan ng mga Tsuper at Opereytor Nationwide (Piston)~全国ジプニー運転手経営者組合。

(注)Tigil Pasada~交通スト。Tigil=停止、断絶。Pasada=ジプニールート、バスルート。

これは、政府の15年以上のジプニーの営業運行禁止計画に反対する抗議活動とのこと(activity to oppose the phasing out of 15-year-old jeepneys)。

(注)15年以上のジプニーの営業運行禁止計画~Fifteen-year-old jeepneys and beyond will not be granted a “Certificate of Confirmation” as “for hire” and will not be allowed to continue operating

(注)トライシクル運転手はPiston Cebuの活動の支援(In Mandaue City, 200 members of Tricycle sa Mandaue will also support Piston Cebu’s activity)。

ストは27日月曜の午前4時より午後3時までで、この後セントラル・ビサヤ陸上交通許認可規制委員会の前で抗議集会を行う(The “Tigil Pasada” will start at 4 a.m. until 3 p.m. on Monday followed by a protest rally in front of Land Transportation Franchising and Regulatory Board (LTFRB) 7)。

(2月25日)

26.明日月曜の交通ストにジプニー全部が参加するわけではない
また、ストがあってもセブ市の公立学校は休校にしないという( Cebu City’s public schools will hold classes despite the strike)。

昨日25日土曜セブ統合輸送サービス多目的協同組合(CITRASCO)の組合長は、ビサヤ運転手輸送連合組合 (VUDTRASCO)と共に月曜のストには参加しないと表明した(Ryan Yu, general manager of Cebu Integrated Transport Service Multi-Purpose Cooperative (CITRASCO), said yesterday that the group, as well as the Visayan United Drivers Transport Cooperative (VUDTRASCO), will not join the nationwide strike)。

セブ統合輸送サービス多目的協同組合(CITRASCO)はビサヤ最大のグループで1000人の運転手が加盟しており、ビサヤ運転手輸送連合組合 (VUDTRASCO)は200人の運転手が加入している(CITRASCO, the biggest transport cooperative in the Visayas, has over 1,000 jeepney drivers. VUDTRASCO has 200 jeepney drivers)。

セブ統合輸送サービス多目的協同組合(CITRASCO)の組合長は、運輸省がまだ古いジプニーを排除するという命令を出していないのでストには加わらないという(Yu said they are not joining the strike because the government has not even issued the order to phase the jeepneys out)。

全国ジプニー運転手経営者組合 (Piston) が月曜の全国ストを主導しており、約700人のジプニー運転手や経営者を擁する同組合セブ(Piston Cebu)は27日月曜の全国規模の交通ストに加わると表明している(Piston is leading the nationwide transport strike on Monday。Piston Cebu earlier announced that they are joining the “Tigil Pasada” with 700 members that might affect public transportation on Monday)。

一方、セントラル・ビサヤ全国交通労働者連合組合(NCTU)は、組合内部で意見が割れており2000人の組合員の内何人がストに参加するか昨日25日土曜時点では分からないと言っている( As of yesterday, the National Confederation of Transportworkers Union-Central Visayas could not say how many of its 2,000 members will join the strike。On the part of NCTU, national vice president Romeo Armamento told The Freeman their members are divided。)。

スト対策としてセブ市役所は午前5時からカオシュン・バスを12台出動させ、無料で市民を運ぶ(In Cebu City, at least 12 Kaohsiung buses will be deployed at 5 a.m.)。

(注)カオシュン・バス~台湾の高雄(カオシュン)から中古の寄贈を受けた。

セブ市は、公立校の生徒のほとんどは徒歩で往復できるとして休校にしないこととしたそうだ(Most of our public students are just walking to and from schools)。

なお、仮に15年以上のジプニーの営業運行禁止令が施行されたら、セブ州11,000台の半分が営業走行できなくなるという(If the phaseout will be implemented, 50 percent of the existing 11,000 jeepneys in Cebu will be off the streets)。

(2月26日)

27.タイ王女オスロブでジンベイザメと泳ぐ
25日土曜朝タイのシリワンナワリー・ナリラタナ王女が、オスロブ町でジンベイザメと泳いだとのこと(Princess Sirivannavari Nariratana of Thailand and her party arrived in Barangay Tan-awan, Oslob on Saturday morning to fulfill her desire to swim with the whale sharks, a tourist attraction of the municipality)。

54人の警官の他、陸軍、海軍、沿岸警備隊が警備に当たった(About 54 police officers from Oslob Police Station, neighboring police stations, Special Weapons and Tactics (SWAT), Tourist Police, Provincial Police Safety Company (PPSC), and Regional Public Safety Battalion (RPSB) were deployed in the area for security。Aside from the police, the Philippine Army, Philippine Navy, and Philippine Coast Guard also augmented the town’s security)。

王女の写真撮影は禁止だった(no one was allowed to take photos of the Princess)。

2週間前に王女の先遣隊がオスロブ町の町長に面会に来ているとのこと(Mayor Jose Tumulak Jr. of Oslob said in a phone interview that a member of Princess Nariratana’s advance party met him two weeks ago about the planned visit of a member of the Thai monarchy)。

王女一行は、24日金曜夕方にオスロブ町に到着し、白砂ビーチの秘島と言われるスミロン島に宿泊(Princess Nariratana and her party arrived in Oslob at 5:45 p.m. on Friday. But she spent the night in a resort on Sumilon Island, another popular tourist destination in Oslob for its first class amenities and white sand bar)。

翌日25日土曜8時前と10時過ぎの2回ジンベイザメと泳ぎ、午後2時にオスロブ町を去った(At 7:40 a.m. yesterday, Nariratana enjoyed watching and swimming with the whale sharks in the seawaters of Barangay Tan-awan, Oslob for 30 minutes.
Nariratana swam again at 10:30 a.m。Princess Nariratana and her party left Oslob past 2 p.m on the same day)。

なお、昨年12月にはミス・ユニバース世界大会参加者達がジンベイザメと泳ぎにオスロブ町に来ている(The Princess’ visit came more than two months after five candidates of Miss Universe went to Oslob to swim with the whale sharks last December)。

(注)オスロブ町~セブ市の南121キロ、バスで3時間以上(Oslob town, 121 kilometers south of Cebu City)。

(注)シリワンナワリー・ナリラタナ王女~タイのワチラーロンコーン新国王の娘、1987年生まれ( born 8 January 1987)。

(注)スミロン島~ボートで15~20分。

(2月27日)

28.BDOに更に28日与える、交通スト影響小さかった
BDOは、セブ地方裁判所から同銀行の営業について”更に28日間現状維持できる”ということを認めてもらった(THE Banco de Oro (BDO) Unibank was granted by the Regional Trial Court (RTC) a 28-day extension of its order for a Status Quo Ante on the operations of the bank)。

これは、市長が同銀行が脱税をしているとしてセブ市の同銀行の支店に閉鎖命令を出すと威嚇しているのに対し、同銀行が ”支店の営業許可の更新をせよとの職務執行令状を市長に対して出すように”と裁判所に求めいた件の裁判所の追加命令(This developed after the bank management sought the court’s help after Cebu City Mayor Tomas Osmeña threat to close the bank because of alleged tax fraud)。

(注)経緯~ オスメーニャ・セブ市長は、昨年12月BDOの役員等幹部をセブ市検察に刑事告発~BDOのMagallanes St.支店は2016年の総収入が40万ペソ(0.435換算で92万円)であると過少申告、虚偽の申告をした等が告訴理由。 セブ市は、今年開店したばかりのSM Seaside City Cebu支店を除いた27支店の2017年分の地方税と営業許可更新手数料の受取を拒否しており、27支店の営業許可は昨年12月31日で失効。 今月上旬市長は 営業許可がないのに営業しているから同銀行の支店の閉鎖命令を今月第3週(12日日曜の週)に出すと宣言。 13日月曜朝同銀行は、同銀行の支店の営業許可の更新をするようにとの職務執行令状を市長に対して出すようにと裁判所に求めた。 同日午後裁判所はセブ市の同銀行の支店に対する処分を72時間一時差止める命令を出した。 15日水曜裁判所は一時差止命令を17日間延長し3月6日までとしていた。

昨日27日月曜 裁判所で口頭弁論が行われたが、判事は上記”28日の現状維持”を命ずるとともに、銀行の弁護士、市の弁護士、市長で非公開会議をもち合意に達せよと促した(RTC Branch 18 Presiding Judge Gilbert Moises again called for a closed-door chamber conference with the lawyers of BDO, City Hall and Mayor Osmeña。The judge is encouraging the parties to talk, to come up with an agreement. And that’s it. We’ll see)。

次回の口頭弁論は3月21日(Another hearing was set on March 21)。

昨日27日月曜幾つかの公共交通機関の組合のストがあったが、セブ市においては影響が殆どなかった、とセブ市幹部は語っている(THE transport strike organized by some transport groups did not affect Cebu City yesterday, according to a Cebu City official)。

セブ市は12台のカオシュン・バスを用意して立ち往生の市民を運ぶ手配をしていたが、ジプニーが走っているので午前7時半にはバスを引き上げた、ストが無いような感じだったので準備過剰だった、と述べている(Around 12 buses were deployed in several areas to ferry stranded passengers. However, these were recalled around 7:30 a.m. after public utility jeepneys were seen plying the streets。As far as Cebu City was concerned, we felt like there was no strike at all. We were over-prepared)。

(2月28日)


(1) (2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10) (11) (12)(13)(14)(15) (16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)
セブのトップ