ジャガッナタ寺院
Pura Jagat Nata

バリ州都デンパサールのほぼ中心に位置する場所にププタン広場があり、その広場に面した道を挟んだ向かい側に建つ名刹。

石塔の寺は最上部にヒンズー教の三神(シヴァ、ウィシュヌ、ブラフマ)の能力を一体化してトリニティと呼ばれる最高神、サンヒャンウディが座る玉座が置かれている。

ププタン広場はオランダ統治時代、その圧政に耐えかねた人々は王を先頭にオランダ軍に対して勝目のない戦いを挑み全員玉砕した場所で、この寺のサンヒャンウディは常に広場を見つめ、バリ島の永遠の平和を見守っていると言われている。

毎月の満月の夜は各地からヒンズー教徒のバリ人が集まり盛大なウパチャラ(宗教行事)が行われるため、夜遅くでも多くの観光客を集めている。


目次に戻る 次のページ