バトゥール山から眺める朝日
Gunung Batur

バトゥール山の頂き(1717m)から東方にそびえる聖峰アグン山の肩口に登る朝日を眺める。

この写真は、数年前の1月1日午前3時頃、麓のトヤブンカ村を出発し、道もない山腹を3時間かけてようやくの思いで山頂に辿り着き、日本風に御来光を拝んだ時のもの。アグン山の肩口から登る朝日は実に感動的で美しく、神々しい。

山頂に到着すると、火口から噴き出る熱気で茹でた卵が振舞われる。注文するとインスタントラーメンやトーストのサービスも受けられる。私の経験では、山頂付近は風も強く足元もかなり危険なため、登りたい人は必ずガイドを雇う事と、山頂と特に下山時には常に冷静な気持ちで注意深く急がずに歩くことをおすすめしたい。



目次に戻る 次のページ