民芸品市場
Pasar Seni(パサール・スニ)

観光でバリ島訪れ、土産物として民芸品を買いたいと言うと、ガイド達は必ずスカワティと言う街のパサール・スニに案内する。ここはクタや他の繁華街の土産物店が纏め買いに来る場所であるが勿論単品で買うことも出来る。従ってここでは繁華街で売られている価格の半額位で買求めることが出来る。

広い建物の中に木彫の民芸品が所狭しと並べられ、売り子達が懸命に客を呼び止め、客は値段交渉に余念がない。品数は実に豊富で、島内で生産されている民芸品なら殆どの物が手に入り、バリ人達は勿論、多くの外国人観光客にも人気のスポットである。

ところがバリ島の流通経路が解ってくると面白い事に、この市場より更に100m位奥まった所に、この市場に品物を卸すための商品の集積場とも呼べる場所があり、ここは民芸品の作者が直接売りに来る場所でもあり、ここでも来る客には民芸品を販売している。

勿論、隣接の市場より更に安いのだが、一般的には知られていないため観光客が買いに来ることは非常に少ない。
更に、気に入った品物を見つけるとそこの売り子と仲良くなっておき作者の名を聞き、その作者が来る時を見計らい直接交渉すると気にいった良い品を驚くほど安く買うことが出来る。

目次に戻る 次のページ