古代裁判所跡
Kertagosa(クルタゴサ)

バリ島の東方にクルンクンと言う街がある。この街は約400年前オランダが侵略してくる前から栄えた街である。

写真の古代裁判所は1930年代まで実際に使われていたと言われ、天井画はヒンズー教の道徳心を説くラマヤナ物語に沿って描かれており、罪人の所業をこの画に照らして「お前のやったことはこの画のこの部分に該当するので有罪!」と裁判を行っていたと言う。

この絵は歴史的遺跡として大変貴重な物と言われるが、残念ながら保存状態は良くない。


目次に戻る 次のページ