【長期滞在情報】
病院

病院
診療所
中高年の海外長期滞在となれば、どうしても気になるところが健康面の不安であり、現地の医療状況でしょう。でも残念ながら、世界をリードする医療レベルを誇る日本で生活した者から見れば、インドネシアの医療レベルは高くありません。脳外科や心臓等、高度な技術を必要とする治療となれば、やはり日本で受診するに越したことはありません。

しかしそれを除けば大概の病気には対応出来る医療体制は整っており、バリ島でも、ウダヤナ、SOS、サンラ、カシイブ等、幾つかの有名病院があります。

でも多くの日本人にとっては受診時の言葉が問題となりますが、この点についても最近では日本人医師がいる病院、日本人の看護婦がいる病院、日本語を話す職員を常駐させている病院等があります。しかしこれらの病院の殆どはバリ島の州都デンパサールに集中しているので、滞在地を定める時に考慮に入れなければなりません。

最近日本人に人気の高いウブドにも2軒の病院がありますが、内一つはオーナーが全く医療に関係のない人物とかで、24時間体制と日本人看護婦常駐をうたいながらも、医療資格を持っているか否かさえも疑問と噂されているので、病院を選ぶ時はやはりバリ人達の評判を聞くことをお勧めします。

又、日本人には理解しがたいことですが、バリ島では救急車を呼ぶのは有料であり、距離によって値段も異なると言う点です。勿論重大事態の場合は警察の判断で呼んでいますが、普通の場合は患者負担となることを知っておく必要があります。

更に日本に比べて医療費が高い上、保険制度が完備しているとは言い難い状況なので、日本を出国する時に滞在期間に合わせた保険に加入しておくこともお忘れなく。

バリ島の日本総領事館では長期滞在者を対象にして、1年に1度、日本人の医師と看護婦による無料の定期健康相談を実施していますので、積極的に受診することをお勧めします。

因みに受診するにあたり必要となる簡単なインドネシア語を紹介します。

日本語  インドネシア語  発 音  意 味 
病 院  Rumah sakit  ルマ、サキッ   
クリニック  Clinic  クリニック   
救急病院  Rumah sakit darurat  ルマ、サキッ、ダルラッ   
医 者  Dokter  ドクトゥル   
内科医  Dokter ahli penyakit dalam  ドクトゥル、アッリ、プニャキッ、ダラム   
外科医  Dokter ahli bedah  ドクトゥル。アッリ、ベダ   
歯医者  Dokter gigi  ドクトゥル、ギギ   
目医者  Dokter mata  ドクトゥル、マタ   
看護婦  Perawat  プラワッ   
腹 痛  Sakit perut=Saya sakit perut  サヤ、サキッ、プルッ 私は腹が痛い。 
頭 痛  Sakit kepala=Saya sakit kepala  サヤ、サキッ、クパラ  私は頭痛がする。 
下 痢  Mencirit=Saya mencirit  サヤ、ムンチリッ  私は下痢をしている。 
嘔 吐  Muntah=Saya merasa mau muntah  サヤ、ムラサ、マウ、ムンタ  私は吐き気がする。 
  Tolong antar ke rumah sakit  トロン、アンタル、ク、ルマ、サキッ  病院に連れて行って下さい。
  Tolong pangil taksi  トロン、パンギル、タクシ タクシーを呼んで下さい。 
  Tolong pangil ambulans  トロン、パンギル、アンブランス  救急車を呼んで下さい。 
チクチク痛む Sakitnya seperti ditusuk-tusuk サキッニャ、スプルティ、ディトゥスックトゥスック   
キリキリ痛い  Merasa linu  ムラサ、リヌ   
ズキズキする Berasa pedih  ブラサ、プディ   

 
目次に戻る 次のページ