【長期滞在情報】
会話

一箇所に定住する形の長期滞在の場合、不可欠となる要素は言葉です。バリ島ではバリ語を、ジャワ島にあってはジャワ語を話せればベストですが、それが出来なくてもせめて公用語であるインドネシア語をほんの少しでも話せる様に心がける事が大切です。決して上手である必要はなく、日常的な挨拶と街の商店で買い物が出来る程度の簡単な言葉を話せることが重要です。

インドネシア語を話そうと努力していると分って貰えた時から、バリ人達は一挙に胸襟を開いて友人になってくれます。また少しでもインドネシア語の単語が口をついて出る様になると、騙されたり不快な思いをする機会も殆どなくなるはずです。

言葉と言っても難しく考える必要はありません。大抵のガイドブックの巻末に記載されている極めて基本的なインドネシア語を丸暗記するだけで初めの内は十分。出発前の一週間位を集中して学習すれば現地に到着したその日から、タクシーでも買い物でも困らないで行動出来るはずです。

目次に戻る 次のページ