【長期滞在情報】
宿泊施設

  長期滞在用の宿泊施設 
民家
観光旅行の場合、目的のポイント近くに宿を取り、見終わったところで次のポイント近くに宿を探す方法がベストですが、この方法だと長期滞在の場合、その土地の文化や生活習慣を理解したり、地域の人々との交流を試みることも出来ないため良作とは言えません。長期滞在の場合ではどうしても定住することが大きな要素になるため、長期滞在の目的に適した地域に安定して宿泊出来る施設が欠かせなくなります。 

そこでこの項ではバリ島での宿泊施設についてご紹介します。

因みにバリ島では、日本人がロングステイを希望する時に必ず思い描くと言ってよいコンドミニアムと呼ばれるものや団地式の高層建築物は存在しないことも知っておく必要があります。理由は定かではありませんが、バリ島では、付近の椰子の木より高い建物を建築することが禁じられているため、せいぜい3階建ての建物が限度となるためではないかと思います。

@ホームステイ
長期滞在希望者の増加に伴い、繁華街の周辺地域に最近少しずつ増えてきている方法で、文字通りバリ人の家庭に下宿する方法で食事も大家の家族と共にするため、バリ人の生活の一切を知ることが出来ます。

但しこの方法は、水風呂や食事の方法などの生活習慣が日本人とかなり異なるため、馴染めないままに終わることもあるので十分に考えることが必要ですが、上手くそこの家族と溶け込めることが出来れば、家族同様の扱いを受けバリ人の文化や生活習慣を身をもって知ることが出来ます。費用は特に定められていないし不動産屋を通す習慣もないので、全て大家との直接交渉と言うことになります。

Aアパート
日本の様に団地式の建物は無く、アパート言っても大家所有の広い敷地内にバンガロー式の1軒屋と言う形式が多く、インドネシア人向けと外国人用にも対応出来るものとがあり、価格も1ヶ月500.000ルピア(約6.000円)から10ジュタ(約120,000円)と実に幅広く、中には一般的日本人にとっては大変使い難いものもあるので、どのレベルにするかは実際に物件を見て決める必要があります。

日本人として住むことを前提に選ぶ基準は、風呂はバスタブ付か水シャワーのみか? 部屋には扇風機があるか? エアコンがついているか? テレビがあるか? NHKが見れるか? 敷地の入口に施錠出来る門扉があり警備員が常駐しているか? 近隣の安全度は? 近くに買い物に便利な場所があるか? 等々を考慮することをお忘れなく。但しアパート住まいをする場合、水道光熱費、食料、日用品等の付帯費用を負担しなければならないことを念頭に置き試算しなければなりません。
 
Bロスメン
1泊10米ドルから20米ドル程度の安宿を言いますが、この種の宿は実は沢山あります。ただ1〜2泊なら宿泊可能でも、もっと長期間でも宿泊出来るかと言う事になると疑問です。朝食がつくところが多いが風呂は水シャワーのみで部屋にはベッドだけと言うところが多く、宿としての快適さは望むべくもありません。

しかし慣れた人は、宿のオーナーと交渉して、宿を引き払う時はそのまま置いてゆくことを条件に、水シャワーは大きな湯沸かし器を購入して改良したり、洗濯機やテレビ、エアコン等を自分で買って来て部屋に置き快適さを作り出している日本人もいますが、盗難などの安全面で疑問符がつくところも多いので物件を直接に見て周囲の評判を聞くなどの事前調査は欠かせません。

Cホテル
星の数でランク別された国際級ホテルではなく、1泊30米ドルから50米ドル程度のドメスティックホテルがお勧めです。これらの多くのところは朝食代が宿代に含まれており、従業員達も外国人、インドネシア人の区別無く接してくれるので気も楽です。しかも1ヶ月とか1年とかの長期滞在となると交渉次第で大幅値引きにも応じてくれるところも多いので、実質的にアパートに住み自炊するより経済的に過ごせる利点があります。但し、長期宿泊の契約をした場合、多くは料金前払いとなり途中で引き払っても返金はないので、契約する前に十分な調査が必要です。

D借家・持ち家
最近では一定の条件下で認められる様になったと聞ききますが、一般的にはインドネシアでは外国人が土地や家屋等の不動産の名義人になれない事が法律に定められています。土地や家等の不動産を手に入れる場合、通常は信用に足るインドネシア人を名義人として家や土地を購入し、名義人と使用者とが永久使用契約を結ぶと言うのが一般的な方法とされています。

購入の場合、日本の建売住宅レベルなら350〜400万円程度で手に入れることも可能で、借家なら1ヶ月4万円位からの物件もあります。借家にしても持ち家にしても、使用する人間が望めば完全なプライバシーと自由が確保されます。只、20年30年と言う長い目で見れば最も安い滞在方法と言えますが、腰を落着けてバリに定住するという位に長期滞在の覚悟が出来るまでは安易に取るべき方法ではないと思います。

一軒家に住めば、インドネシアの法律で、従業員を一人以上雇用しなければならないし、また近隣との付合いが非常に重要になるため、そのためにはその地域の住民達の生活習慣を心得ておくことも必要になります。当然、彼らと交流するためには例え下手であってもインドネシア語を話すことも必要になるため、経験の浅い人がいきなり一戸建てに住むことはお勧め出来ません。

E貸し別荘
最近、バリ島の地域によっては別荘の建築ラッシュです。主にオーストラリア人が利用していますが、日本人の利用者も年々増加しています。建物も内装も豪華である上に、敷地全体を借主に占用させるわけですから、1泊400米ドルとか月額3000米ドルと言う値段になり、一般庶民には高嶺の花と言う面がありますが、中には、警備員はオーナーが雇用しているところも多く、豪華で快適な生活は保証されていると言えます。

目次に戻る 次のページ