【長期滞在情報】
目的を持つ

多くの日本人が老後の生活の場を海外に求める場合、何かの目的を持っているでしょうか?
生活費が安く済む場所が良い。気候の良いところが良い。場所が良い。等々の話は良く聞きますが、何をするために海外に長期に亘って滞在したいと言う話は余り聞いたことがありません。

そして私が住むバリ島でもはっきりした目的を持たずに長期滞在している日本人がいますが、その人達に聞くと決して充実した生活を送っているとは思えない人も多く失敗例も頻繁に耳にします。

通常単なる観光旅行でも必ず目的を持って行動します。個人が目的を掴みかねていても旅行会社の係員が観光ポイントを案内してくれるので、何かを見て知ることが無意識的に目的になっていますが、長期滞在となると全て本人の自己責任による決定に委ねられることになり、生活を充実させるか否かは本人次第と言うことになります。

そこで私は、趣味を生かすでも良い。好きな事を学ぶでも良い。自分の得意分野を教えるでも良い。又は何かを研究するでも良いし、全てを見てやろう式に旅行するも良い。長期滞在では必ず何かの目的を持ち続けることを是非ともお勧めしたいと思います。

日本人の場合、定年といっても、未だ気力も体力も然程衰えてはいないはずですから、若い時からやり残したこと、やって見たいと思っていたことを実現するには絶好のチャンスと捉えるべきと思っています。

目次に戻る 次のページ