2006年バリ・アートフェスティバル
日本・バリ文化交流


   
     
バリ島では伝統芸能の保護育成政策の下で毎年バリ・アートフェスティバルが州政府主催で行われている。

2006年、この年私は州政府の要請に応え、第4回目の参加を果たし日本舞踊公演を行った。この公演では私は、プロデュース・著作・演出の立場で参加した。

この舞台で私は幾つかの実験を試みた。それはバリ島のガムラン音楽で日本舞踊が踊れるか? 日本の楽曲でバリ舞踊が踊れるか? バリ人達に日本の盆踊りは受け入れられるか? 日本のチャンバラコントをインドネシア人がインドネシア語で演じるとどうなるか? についてであったが、その全てについて観客達の反応は極めて好意的であり、感動で涙するポイントも笑いのツボも日本人と全く同じであった。


目次に戻る 次のページ