「活動の時期」

例年、勝手に決めて実行している6月から9月の「雨季休み」もそろそろ終了します。
いつもより気温の高い日が続いていますが、日中は晴天の日が多くなってきました。

今年は台風の発生場所がエルニーニョの影響か随分フィリピン諸島からは離れているので、上陸や影響を受ける台風、殆どありませんでした。

それでも8月の台風15号崩れの長雨でバギオへの登山道路ケノンロードが崩落し、工事中です。片側通行なので普段より時間が掛ります。マニラからのバスが利用するマルコスハイウエー順調です。

日比友好月間の行事として定着したバギオの北ルソン日本人会が主催する「仙台七夕祭り」は今年も日系人ばかりでなく多くの観客を集めました。

9月1日の「バギオデー」パレード」に参加したコスプレグループの馬上姿の伊達政宗、記念写真に引っ張りだこになっていました。

9月13日の北ルソン比日友好協会と北ルソン比日基金が主催する「基金の日」にはバギオや周辺から多くの日本人、日系人が参加しました。400人以上にもなる大盛況でした。

9月26日に行われる友好協会の理事長、カルロス寺岡夫妻の結婚60周年記念パーティには多くの日本人が招待されています。マニラからは日本大使、公使も出席の予定です。

天候が回復してきたので、いよいよこれからは高原の町バギオのシーズンです。


              

                                        (2015年09月21日)
目次に戻る