「バギオフラワーフェスティバル」

毎年恒例のバギオ最大の催し「フラワーフェスティバル」が2月1日からスタートしトしています。このところ天候も安定していて毎週末はマニラ方面から沢山の観光客が訪れて終末は大渋滞です。

このところのフィリピン人の国内・海外観光熱の高まりで、昨年末からのクリスマスシーズンには10日間で150万人の人出でした。フェスタ最大の呼び物、フラワーパレードの2日間は百万人以上の見物客が予想されています。

そのフラワーパレード、今年は2月28日(土)がストリートダンス パレード、3月1日(日)がフロート(花車)のパレードです。

3月2日から1週間はバギオの目抜き通り、セッションロードは歩行者天国になり、深夜まで多くの観光客がショッピングや散策を楽しむでしょう。

2月は日本からの団体も沢山あります。2月8日から10日は日系人会の奨学生のスポンサーロータリークラブの40人の団体が今年も子供達に会いにやってきます。

11日には日本庭園内の英霊追悼碑での慰霊祭が予定され、日本からの慰霊団に加え現地在住や滞在の日本人も多数慰霊祭に参加するでしょう。

              

                                        (2015年2月5日)
目次に戻る