「フィリピンは実質大型連休中」
今日10月28日、フィリピンでは全国一斉に最小行政単位バランガイ議長選挙と議員選挙が行われています。

今週末が「万聖節」の連休になり、学校の期末休暇とも重なってフィリピンはすでに実質的な大型連休入りです。

公立校は11月3日まで9連休です。大学によっては次の週も期末休暇になって16連休の大学もあります。

町の中心を南北に走る幹線国道、金曜日の午後から車の流れ多くなっています。特にバギオやルソン島北部に向かう北行が渋滞気味です。

町にも活気があります。選挙資金で市民潤っていて、それに月末の給料日前にはハロウインまであります。モールの駐車場朝から満車です。

市営墓地周辺は清掃に来る家族連れで道路渋滞しています。

台風25号通過以来もう10日以上快晴が続いていて、住民気象庁発表を待たず、勝手に雨季明け宣言しています。台風まだ安心できませんが、私ももう雨季は明けたと思っています。

これからいよいよ高原の町バギオが賑わう季節です。

もう雨季割引料金適用のホテルはありません。それどころか、この週末「万聖節」の帰郷や別荘族でバギオは大変な賑わいになりそうです。

工事中の幹線国道の渋滞が心配です。


              
                                    (2013年10月28日)
目次に戻る