「友人達の訪問A」
ペナンから訪れていた会員は11日台風25号通過直前にクラーク空港から次の目的地セブに向かいました。26日まで滞在だそうです。

そのセブ、隣の島ボホール島を震源とした大地震が15日にあり、セブも大きな被害を受けました。

地震発生直後から通信回線また繋がらず、夕方になってやっと携帯で無事が確認でき安堵しました。

旅先での自然災害、大変な経験をされています。

セブ、震源地ではないので滞在しているホテルそのまま宿泊できるようです。

ボホール島を中心に、フィリピン最古の教会が損壊し、18世紀から19世紀の建造された貴重な多くの教会倒壊しました。

友人が無事に滞在を続け予定通りペナンに戻られるように祈っています。

              
                                    (2013年10月17日)
目次に戻る